« 普通の韓国を探して1925 大韓歯科矯正学会・次回大会のポスターに投票 | トップページ | とうちゃんの自転車日記236 空き缶・不景気なのかな? »

2008年11月28日 (金)

普通の韓国を探して1926 ソウル・江南の裏通り

030 029 046 047

 今までもちょっとアップしてきたソウルの江南、リッツカールトンから裏通りを歩いて江南駅へのシリーズの残りです。

 1枚目、このへん、かなり坂がある町で、急な道路もたくさん。色を塗ってある部分はスピードを落とさせるためのハンプで、韓国では町でも田舎でも、街中の危ない場所、特に学校の周辺などにしばしば見られます。日本だとショッピングセンターの中の駐車場なんかでありますよね。かなりの段差があり、運転者は速度を落とさざるを得ません。なんで日本ではやらないのだろう?と思う一件です。

 2枚目は教保生命ビル、通称「教保タワー」だったかな?昔は第一生命ビルが有名だったけどそれはすでになく、代わりにこれがこの辺の目標になっているようで、レストランや食堂の略図なんかでよく出てきます。

 3、4枚目はかなり江南駅の近く。オリンパスの看板があるビルだったかもしれません。

 このあたり、大通りはものすごい交通量、車もバスもバイクもたくさんですが、裏手の道は案外静かです。大通りを歩くのも楽しいし、裏通りも面白い、そんな韓国ファンが増えることを望みます。

|

« 普通の韓国を探して1925 大韓歯科矯正学会・次回大会のポスターに投票 | トップページ | とうちゃんの自転車日記236 空き缶・不景気なのかな? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43251270

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1926 ソウル・江南の裏通り:

« 普通の韓国を探して1925 大韓歯科矯正学会・次回大会のポスターに投票 | トップページ | とうちゃんの自転車日記236 空き缶・不景気なのかな? »