« 普通の韓国を探して1965 始興駅からタクシーで新林10洞再訪 | トップページ | 普通の韓国を探して1967 鍾路・十字架を背負って »

2008年12月16日 (火)

普通の韓国を探して1966 신림10동・국제산장아파트

238 239 240 243

 ソウルから安養市に越えるかなり険しい峠道の頂上付近にあるアパート群です。漢字の表記はわかりませんが国際山荘アパートと読めます。急坂の途中から進入路がありますが、教会と幼稚園(オリニチプ)が見えます。たぶん商街も備わったアパートなのでしょう。

 標高は150m以上の山腹ですし、最寄りの地下鉄駅まではかなりの距離がありますが、バスが発達したソウル市内ですので頻繁にマウルボスが循環しています。少し先、標識にもある蘭谷の真ん中のバスの営業所まで行けば鍾路方面まで直行のブルーバスも短い間隔で発着しています。また、少し前に書いたようにTマネーによる乗り換え時基本料金無料サービスがありますので、地下鉄も安価で利用可能。ソウル市内であればどこへでも充分に通勤通学は可能です。

 4枚目、早朝のソウルを歩いたことがある方ならお馴染みでしょうが、ごみ収集のトラック、こんなふうに鉤爪のついたクレーンを備えたものが多く、大型の業務用のゴミ箱などもあっという間に片づけてしまいます。明洞でも北のあの広い道が入り込んだ場所で早朝に見ることができる風景です。

|

« 普通の韓国を探して1965 始興駅からタクシーで新林10洞再訪 | トップページ | 普通の韓国を探して1967 鍾路・十字架を背負って »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43434682

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1966 신림10동・국제산장아파트:

« 普通の韓国を探して1965 始興駅からタクシーで新林10洞再訪 | トップページ | 普通の韓国を探して1967 鍾路・十字架を背負って »