« 普通の韓国を探して1977 業務用食品店の配達 | トップページ | 普通の韓国を探して1979 忠南牙山市・温陽温泉の市場通り »

2008年12月20日 (土)

普通の韓国を探して1978 清涼里・ニューブーリムホテル

356  清涼里駅とは反対側、聖パウロホテル側からのニューブリムホテルです。左手の建物が病院の一部ですね。モテルテーマに泊ったときのものだと思いますが、その後泊ったブリムホテルの客室もこちら側でしたので、この先、ピンクの蛍光灯の店が1軒だけあったと思います。映画、「逆転の名手(駅前の明秀)」の主人公の台詞ですが、「そういう場所で働く女性を悪く言うな」というのには賛成です。

|

« 普通の韓国を探して1977 業務用食品店の配達 | トップページ | 普通の韓国を探して1979 忠南牙山市・温陽温泉の市場通り »

コメント

ニューブリム こうやって見ると綺麗になりましたね。
以前は駅側のマンモス・ホテルと比べると、何とも・・でした。
ところで、スト旅館辺りに旅人宿なんか有りませんでいたか?
うろ覚えなんですが、手前の黄金食堂辺りは喫茶だったような?気がするのですが

投稿: kelly | 2008年12月21日 (日) 15時04分

コメントありがとうございます

 マンモスホテルというのは今のロッテ清涼里店なのですよね?私が持っている詳しい地図の一番古い94年のには確か掲載されていたと思います。
 ニュー富林も、内装はまだ昔のままの部分もあると思います。エレベータもちょっと不安になるような感じのものですし、早めに行ったのでいい部屋をと言われたジュニアスイートも面白い構造でした。浴槽とシャワーが別、さらに客室内にも洗面台がありました。 ホテルからの外の風景、まだありますので近日中にまたアップします。

投稿: とうちゃん | 2008年12月22日 (月) 07時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43473230

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1978 清涼里・ニューブーリムホテル:

« 普通の韓国を探して1977 業務用食品店の配達 | トップページ | 普通の韓国を探して1979 忠南牙山市・温陽温泉の市場通り »