« 普通の韓国を探して1995 ソウル瑞草洞・南部ターミナル前 | トップページ | 2008年12月29日 仕事納め »

2008年12月29日 (月)

普通の韓国を探して1996  清涼里の青果市場、生鮮市場の夜

628 633 634 635

 清涼里からチェギ洞にかけて、大通りの北側はほとんどが市場、南側も、清涼里駅寄りは野菜と鮮魚の市場になっています。今回は夜の風景。ストロボなしの手持ちが中心ですのでややフォーカス甘めですが、夜の短い時間、眠りについている市場の写真です。

 1枚目は大通りの入口、BYCは前にも書いたように下着のブランドです。ここらへん、昼間は魚などの店で賑わっています。2枚目は、これはストロボあり。古い自転車です。3,4枚目は市場の中。朝の4時ころになれば仕事が始まりますが、夜の12時ころはほとんど真っ暗です。でも、ほんと、不安なく歩けるのが韓国なんですよね。今回の写真、割合好きな4枚です。

 追加、タイトルの「生鮮市場」=鮮魚市場という意味です。生鮮料理というと魚のことになる感じです。同様、「コギ」というと「肉」と辞書には出ていますが、この場合は肉と魚の両方。魚のことを「水の肉」ということで「ムルコギ」と呼ぶ言葉もあります。また歌などで「コギチャブロ~」とかあるのは主に魚のこと。先日韓国語の先生に聞いてみたら、今の時代、動物を狩りに行って食べるなんてことはまず無いので「コギ」をつかまえに行くと行ったら「魚」のことになるそうです。

|

« 普通の韓国を探して1995 ソウル瑞草洞・南部ターミナル前 | トップページ | 2008年12月29日 仕事納め »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43561643

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1996  清涼里の青果市場、生鮮市場の夜:

« 普通の韓国を探して1995 ソウル瑞草洞・南部ターミナル前 | トップページ | 2008年12月29日 仕事納め »