« 普通の韓国を探して1966 신림10동・국제산장아파트 | トップページ | 普通の韓国を探して1968 ピンクの風呂敷・江南駅 »

2008年12月16日 (火)

普通の韓国を探して1967 鍾路・十字架を背負って

294 296

 鍾路3街から1街への道、時事外国語学院なんかの並びの道、昼も夜も人出は多く露店の店もたくさん、そんなソウルの中心街の一つですが、キリスト教の布教でしょうか、大きな十字架を背負ってスピーカーで演説を流しながら歩くアジョシがいました。

 たまたま行く方向が同じということでついて行く形になりましたが、韓国の人、特にキリスト教の人はとても真面目です。茶化しているわけではなく、本当です。日本の新興宗教などにありがちな押し付けがましさも無く、私は信じている、あなたは別にどうでもいいけど、まっすぐ生きましょう、そんな感じです。もちろん韓国にだっていろいろな宗教、いわゆる新興宗教みたいなのもあるのでしょうが、概して真面目というか静かで、このおじさんも多分別にちゃんと仕事を持っているけど休みの日にはこうして街を歩くのが自分の生き方、そんななのだと思います。その割に、スピーカーも静かで、控え目なんです。

 韓国で派手に見えるのは解雇とか立ち退き、そんなのに対する運動かなと感じています。こちらは我々が持っているイメージ通り、行動する韓国人、大人数のデモ(示威)もよくやるし、たとえ1人だけでも俺はやるぞ、そんなふうに見えています。

|

« 普通の韓国を探して1966 신림10동・국제산장아파트 | トップページ | 普通の韓国を探して1968 ピンクの風呂敷・江南駅 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43434742

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して1967 鍾路・十字架を背負って:

« 普通の韓国を探して1966 신림10동・국제산장아파트 | トップページ | 普通の韓国を探して1968 ピンクの風呂敷・江南駅 »