« 2008年5月4日 - 2008年5月10日 | トップページ | 2008年5月18日 - 2008年5月24日 »

2008年5月17日 (土)

普通の韓国を探して1665 京元線全谷駅

196 197 198

 全谷に泊まった翌朝、ソウルへ戻るときのものです。冬の寒い朝ですが風がないので手と首のあたりの防寒をきっちりやれば新潟よりもずっと過ごしやすい韓国です。

 小さな駅舎、切符を売る駅員さんは女性でした。韓国鉄道、女性の職員の割合がとても高いです。運転士では少ないかもしれませんが駅の職員、日本でも増えてきましたが韓国は前から女性が多かったです。

 2枚目はホームでの1枚。韓国語では「乗降場(승강장)」と、やや硬い感じの漢字語です。大きな駅だと列車が来る直前でないと入れなかったりしますが、ここは改札もなし、勝手に入れる感じでした。

 3枚目は駅の向こう側、前に紹介したアパートが建っています。新しく開発が進む場所なのでしょう。 あ、面白いなと思ったのはオレンジ色のトラックです。昔は日本も国鉄の駅の駅前の一角には日通の倉庫や営業所があり黄色と言うかオレンジ色のトラックが停まっていました。ある程度以上の年齢の方ならあの日通のトラックの色、おわかりですよね?これも韓国通運、韓通のトラック、ちょっと濃い目ですがオレンジ色でした。もしかしたら日帝の残渣なのかな?なんても思いました。まぁ、そんなこと、どうでもいいじゃん、というのが本音ですし、大昔から韓国鉄道の駅のそばにある韓通のトラックがこの色だったとしたら、ちょっと嬉しくも思います。

 「ケンチャナヨ」、どうでもいいことは深く考えずに受け流すのもそのプラスの一つだといえます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記109 新潟臨港貨物線5

030 031 032 035

 1枚目、右に見えるのがDE10牽引の貨物列車です。踏み切りは左手、北越製紙の工場の中へスイッチバックして入っていく専用線のもので、信越本線から分岐して4つ目のものになります。

 写真では立て札のかげになっていて見えにくいですが小さな踏切警手の詰め所の建物もありますのでまだまだ現役の線なんだな、と思っていたら汽笛の音。2枚目、北越製紙の工場の中、社有機の小さなDLが働いていました。入るわけにはいかないので望遠での撮影です。JR,私鉄の線路の他にこういう会社の専用線、またそこに働く機関車を追いかけているファンもたくさんいるのでしょう。私のちょっと嬉しい発見でした。

 3枚目はふりかえっての風景、そして、4枚目がJR貨物の焼島駅です。何度か通っていた道ですが「やけじま駅」なんてのがあるのは最近地図で知ったこと。家から30分もかからない場所にこんな面白いものが、という感じでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1664 全州市 全羅北道道路元標

113_2  전라북도 도로원표、漢字で書いてあるのでだいぶ古いものだと思いますが。全州市の古いメインストリートを歩いていたときに見つけました。韓国戦争(朝鮮戦争)の被害もあまり受けなかったと聞いていますので古い石造りの建物がけっこう残っています。日本では日本橋にあるのが有名ですし、我が新潟県は柾谷小路の本町だったか上大川前だったか、そんな古い街の中心部にあったはずです。こういう国土の測量、地図作製だの、やはり日帝時代に行われたものなのかもしれません。すぐそばに真っ赤な原色の屋台があるのがいかにも韓国ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月16日 (金)

2008年5月16日 ヤフーのトップ面の記事

 こんにちは

 今日は夜間診療の日ですが、ビルの窓ガラスの清掃(内側+外側)のため午前から出勤しています。爽やかな5月の晴れの日、自転車です。

 さて、タイトルですがヤフーのトップに「ウォーキング」の勧めが出ていました。その中に万歩計の話も、またデジカメの話も出ています。

 万歩計を使用した人のほうがウォーキングをたくさんやった傾向があるとのことです。やはり励みになるというか、毎日結果が数字で出ますので、やる気を刺激するポイントにはなります。

 カメラは、私の場合、ウォーキングは夜になることが多いので持たず、小型のLEDの懐中電灯を持っての歩行ですが自転車でポタリングに出るときは大抵、地図とカメラを持ってになります。今まで車で通っていたときには気付かなかった面白いものが歩きや自転車だと目に付きますし、今連載中の新潟臨港貨物線に沿ってのポタリングも前から興味があったことの一つでした。ディーカを持って万歩計を着けて、天気のいい日には歩いてみませんか?

 先週買った万歩計、時計も入っていて日付が変わると自動的にリセットされることは書いたかもしれませんが、7日分の数字がメモリーされるなかなかのスグレモノです。今日は自転車でしたので、まだ3644歩。昨日も自転車に乗っていた時間が多く特にウォーキングはしなかったので7785、その前の日は天気が悪かったのでやはりウォーキングはサボって7467歩。まぁ、無理しないのが長続きの秘訣ですのでオーケーです。でも、さらに前の日の数字は21169、7704、22296、16264。なんとなくですが、普通に生活していただけでは10000歩は行かないことがわかりました。今日は9時ころの上がりになる予定。軽く食べて帰って、夜は少し歩くつもりです。ウォーキング日誌も面白いかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記108 新潟臨港貨物線4

025 261 027 028 029

 1枚目、またちょっと斜めですが旧7号の陸橋からの北の風景です。左は北越製紙の工場ですが、なんと遠くに貨物列車がいました。とても珍しい、ラッキーなことのようです。橋の西側の取り付け部分から北へ入る山の下町方面へ工場地帯を抜ける道があります。何度も通っていましたがここんとこ最後に渡る橋が工事中で通り抜けられないという看板があり、ご無沙汰でしたが、天気もいいし、幸運な日です。2枚目はちょっと望遠でその列車の様子を。これから行くぞ!というところです。

 3枚目は線路沿いに下りて振り返った風景。4,5枚目は嬉しい貨物列車。火が入っている機関車は停まっていてもどこか勇ましく、カッコいいものです。しかしDE10というのも昔からありますねぇ。その前の入れ替え機の主役はDD13だったけど、そちらはもうぜんぜん見なくなりました。DE10も私は新しいDLというイメージを持っていますが、とにかく昔からある機関車です。また、青く塗られた貨車はワム80000、これも懐かしいというか、私が10代前半でやっていた鉄道模型の時代からすでに国鉄の一般的な貨車として使われてきたものです。機関車、貨車、長持ちするものですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1663 乙支路4街から乙支麺屋へ

583 584 585 586

 冷麺の名店、乙支麺屋へ向かう道です。いろんな種類の材料の店、設備の店、印刷所、小さな鉄工所、そして食堂、そんなのが細い道に並ぶ場所です。明洞からは2キロもない場所ですがあまり観光客は来ない、そんな町です。でも私にとっては大好きなソウルの普通の町、普通のソウルサラムが働く町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記107 新潟臨港貨物線3

067 064 065 068

 臨港貨物線が信越本線から分岐して、最初の踏切が馬越と中山の間の小さな道。次は山木戸の旧新発田街道のバス通りの踏み切り。そして3つ目が東新中学裏の踏切です。別の日の写真になりますが、前回の4枚目の陸橋上からの写真のあたりになります。

 1枚目は踏み切りの様子。右にカーブしながら旧7号線の下をくぐり北越製紙の工場に沿う形で北へ向かいます。

 2、3枚目は少し先のあたりでのもの。北向きと南向きの写真です。まだ新幹線の高架線が見えますね。4枚目は少し東、自動車学校のコースを隔てて見た旧7号の陸橋をくぐる部分です。田舎がそのまま町になった感じののどかな場所です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

2008年5月15日 (木)

とうちゃんの自転車日記106 新潟臨港貨物線2

Ixus800104_011 Ixus800104_013 Ixus800104_014 Ixus800104_015

 さて、跨線橋を東に下り、最初の踏み切りの場所へ行きます。町名だと中山になるのでしょうか?細い一方通行の道の踏切です。

 1枚目、信越線方向、前回の写真を撮った陸橋とその上の新幹線の車両基地への引込み線が見えます。2枚目が進行方向、北越製紙の工場のほうへ向かっています。

 3枚目が2つ目の踏み切り。ここは新発田へ行く旧街道で、バスも通る道です。沼垂白山神社前で亀田、新津方面への道と別れ、最初に信越貨物支線の踏み切り、ちょっと行って栗の木川の橋を越えるとこの臨港貨物線の踏切があります。すぐたもとには「つくし」という古い居酒屋があり、一度入ってみたいと昔から思いながらも果たせていません。

 踏み切りの脇の道を北へ。東新中学の裏にまた3つ目の小さな踏切がありますが、別のファイルにあるので次回、そこらへんの写真を紹介します。

 4枚目は東新中学の先の旧国道7号線の陸橋の上からの写真。自動車学校と東新中学の間を貨物線が走り、ずっと向こうには新幹線の引き込み線がよく見えます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記105 新潟臨港貨物線1

Ixus800104_001 Ixus800104_004 Ixus800104_005 Ixus800104_007

 新潟市中央区、馬越中山跨線橋の上からの風景です。

 1枚目は南側歩道からの線路の様子。上を走っているのが上越新幹線の車両基地への線です。左に2本走っているのが臨港貨物線、右側の錆びた1本が信越貨物支線、右の向こうに複々線で走っている4本が白新線と信越線になります。このうち臨港貨物線と信越貨物支線は新潟に住んで30年以上になる私もほとんど列車が走っているのを見たことがない線です。天気のいい休日、ちょっと貨物線に沿って走ってみました。

 2枚目は一度陸橋を下って反対側に渡ってまた上り返しての北側歩道からの写真です。通過中の列車は特急用車両を使っている快速くびき野号です。新潟駅へはここで大きく左にカーブして栗の木バイパスを越えて行くのですが右側にまっすぐ行くのが信越貨物支線です。

 3枚目は臨港貨物線。2本あったうちの1本はすぐ先で終わっていて、やはり単線で右にカーブしながら北の方向、海の方向へ進みます。4枚目は3枚目と同じ場所からの新潟駅方向の眺め。やや斜めになってしまっているのはデジカメ普及機のファインダーの宿命でしょうか。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記104 新潟西港

Newdica6_325  山ノ下埠頭のあたりの新潟港です。大きなものがあるとついつい写真を撮りたくなります。港はそんなものの宝庫かもしれません。

 北海道へ行く新日本海フェリーの大きな船、セメント貯蔵庫でしょうか、大きなドーム型の建造物、素人ながらなんか芸術っぽい写真を気取ってみました。市内では車に近い機動性を持ちながらも、どこでも気軽に停車できる自転車、街歩きには最適の乗り物です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1662 京元線全谷駅前

090 094 096 095 097

 チョンゴクの駅前です。1枚目はバスの停留所がある十字路。終点は少し前に紹介した町の中心部にあるターミナルなのでしょう。東豆川からのバイパスを降りた町の入口に停車、次がこの駅前、次が多分終点です。冬の夕方の風景です。

 2枚目は全谷駅。1時間に1本くらいしか走っていませんが、まだまだ活躍している鉄道です。ソウルへの通勤となると、電車線がまだ来ていないのでちょっと大変かもしれませんが、すぐそばまで延びてきていますのでいずれはここもベッドタウン化するのかもしれません。横断幕、なんて書いてあるのかな?これも韓国のお得意です。

 3枚目は駅前広場からの駅の向こう側。アパート群とまでは言えませんがやはり他の地方の町と同様、アパート(マンション)ができています。暖房のことなど、やはり暮らしやすいのでしょう。 4枚目は駅前のとあるお宅の前のハスキー犬。日本同様、かなり前に大型犬が流行りましたが、最近は小型の室内犬が人気のようです。

 5枚目は駅前広場から見た町方向。こちらにも横断幕があります。あとで読んでみましょう。

 旧加治川村と姉妹都市の関係にある全谷邑。なんかそんなつながりのある町、ちょっと嬉しく感じながら歩いてみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1661 中部市場の向かい側

578 580 581 579

 乙支路4街、南側の一角が中部市場、北側は設備、内装関係、そんなのの問屋、小売店、工場などが集まっています。他のソウルの市場同様、道が狭いところでも入っていけるよう、バイクや自転車が活躍する街です。日本ではあまり見られなくなった重量級の本格派実用車がたくさん見られるのはちょっと外国なのだな、と感じさせる部分です。

 2枚目はシール材とか接着剤の店でしょうか?信越化学の製品がたくさん。この辺の他の店でも見られましたが知っている日本企業の製品が売られているのはなんだか嬉しくなる日本人です。

 3枚目、やはりこれも外国の趣味。どこに設置するのだろう?と思われる動物の形の飾り物。日本ではあまり売っていそうにありません。

 4枚目はウルチ路を隔てて見た中部市場の入口です。観光名所、免税店とかだけでなく、自分の足でいろんなソウルを見て、歩いて、楽しむ人は確実に増えています。安全で素材は安い韓国、そんなに恐れるほどパガチ(値段のふっかけ)はありません。安心して買い物してほしいと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月14日 (水)

とうちゃんの自転車日記103 116号関屋本村の坂

Newdeca2_157 Ixus800103_022

 ほぼ同じ場所、新潟市中央区、国道116号線の関屋本村の坂です。1枚目は2005年8月、2枚目は2008年4月、後者はやはり春霞?ちょっと遠景が霞んでいます。定点観測という言葉がありますが、同じ場所で、できたら同じ時間にたくさん写真を記録する、きっと面白い物が見えてくると思います。

 新潟市中心部から西へ行くメインストリートですが、昔は車も人もたくさんだったのに最近は朝夕の出勤、退勤時間を除くと車が少なくなってしまいました。どちらもお昼前の写真です。古町というか西堀と柾谷小路の角にあるネクスト21と新潟大学医学部の病院が目立ちますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記102 安売り自転車

Ixua800101_581  10000円以下の自転車、たくさん売られています。自転車ファンから見るとどうしてそんなに安くできるの?と不思議ですがたくさん売れているのでしょう。でも安い部品ばかり使っているせいか、何かにぶつかっただけでホイールがゆがむだの、普通は起きるわけが無い壊れ方をするようです。また、「これは大きな声では言えないが」、とことわられた上で某「官」の方から聞いたのですが、決定的な欠点がある場合があるそうです。

 さらに良くないな、と思うのは「壊れたらそのへんにほかってしまえばいい」、「盗まれたらまた買えばいい」、そんな風潮です。原っぱなどに捨ててある自転車もたくさん。困ったものです。昔も自転車、最低2,3万はしたはず。私が小さい頃は大卒初任給くらいの値段だったと思いますのでみんな大事に乗ったものです。

 今もそうしろとは言いませんが、「安ければいい」、そればかり考えているといろんなところに歪が出てくる、社会全体がそんなふうになってしまうと困ります。餃子事件もそうですし、、「昔の良かった点」をもう一度見直すべき時期に来ているような気がします。

 今日は休み、でも、ちょっと雨模様で自転車もウォーキングもできませんな。

 (写真は本文の内容とは直接の関係はありません)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月13日 (火)

とうちゃんの自転車日記101 かわいい消防艇

014 015 016 017

 前にも一度紹介しました。信濃川河口近く、朱鷺メッセの対岸に係留してある消防艇「にほんかい」です。

 乗り物好きにとっては、船というだけでわくわく。さらには小さいのに背が高く、真っ赤な放水銃のでっかいのが3本。おまけに船体も赤と白の塗装。なんか「かわい~い!」と誰でも思いそうないでたちの船です。今回は近寄ってしっかり観察しました。

 4枚目、ポンプのバルブがたくさんあるのも面白いです。自ら放水するだけでなく川の水をくみ上げてホースで河川近くの火災の場合にも活躍できるようになっているのだと思います。 火事は困りますが活躍する姿を見てみたいものですね。正月の出初式とかには放水をするのかもしれません。

 この時は誰も乗っていませんでしたが市内を一回りしてまた柳都大橋のところへ来たらどこかへ出港する様子。近日中に航行する姿もアップします。乞うご期待。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1660 東和免税店からコリアナホテル周辺

478 477 476 475 474

 ソウルの空港、金浦にしても仁川にしても、ソウル特別市の西にあります。団体にしても個人でも、たいていはバスで市内へ入りますのでソウル旧市内中心部の西の端に位置する東和免税店は通り道。団体旅行の場合、まずここに寄ってから各ホテルへというパターンが多いようです。

 1枚目、バイアグラだのシアリスだの、そんなのの日本語の広告がある薬局の側から見た東和免税店の入口です。ここからエスカレーターで地下の免税店に入るのですがあまり用の無い私はすぐに出てきて写真にもあるベンチでソウルの車、人、景色、そんなのを見ながら時間を潰すことが多いです。並びには簡単な食堂もありますのでお腹がすいたらここで軽く食べるのもいいかもしれません。

 2枚目は少し南へ、世宗路との合流点近くにある派出所の裏です。たくさんバイクが停めてあります。白バイは昔は全部ハーレーだったのだと思いますが最近はBMWもけっこう見かけます。ここにあるようなもっと小さいバイクはライセンス生産の韓国製のようです。

 3、4枚目、コリアナホテルのほうに歩いて行ったほう。光化門から光化門サゴリ、市庁前へ行く道。南北に走るソウルのメインストリートの一つ、というか第一の道かもしれません。表通りはみな大きなビル。裏手もどんどん再開発で古いソウルがどんどん消えつつあります。

 そして5枚目、コリアナを過ぎてソウル市議会の前で西に入る道。失念してしまいましたが市庁前に小さな王宮があるでしょう?あれの北側に沿って西へ入る道です。南側の道もそうですが、ソウルとは思えない静かな、きれいな、趣のある散歩道という感じです。コリアナホテル、地下道になりますがその向かいのニューソウル、ニュー国際ホテルあたりに泊まった朝など、ここらへんの道はいい散策路になると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年5月12日 (月)

とうちゃんの自転車日記100 G8労働大臣会合・新潟市

036 037 019

 朝は路面が濡れていましたがだんだん晴れ上がった昨日の写真です。G8労働大臣会合だかが開催されている朱鷺メッセ(写真1枚目)のほうへ行ってみました。佐渡汽船乗り場がある万代島埠頭の入口では2枚目の写真のようにたくさんの警察官が出て検問をしていました。バスとタクシーは中央よりの車線でフリーパスでしたが一般車は全部停止させて検問です。どうしても、という用事が無い人はここから先へは入れず、すぐ先の交差点で右折させていたようです。

 また3枚目、いつもはいない場所に海上保安庁の巡視船が停泊しており、小型のボートも3隻ほど信濃川の水上を警備しています。またヘリコプターも常に新潟市上空を飛んでいました。夜のウォーキングの時にもヘリはいて、でも、8時くらいにいなくなったので夜中中の出動ではなかったようです。しかしヘリを飛ばしても、どういう役に立つのかな?まさか9・11のような事態を考えて?でも、ヘリでは飛行機を停められないし、なんだか燃料の無駄のようにも思えてしまいました。

 「労働大臣会合」という名前ですがニュースでは実際に労働大臣が来た国は日本1カ国だけだとか。ずいぶん前から街や駅などの飾りつけ(旗など)が行われ、中央区では道路や町の清掃などをやったりしていましたが、なんだか拍子抜けのまま明日までの日程を終えそうです。テレビなどでも「歓迎しましょう」という宣伝も行われていましたが、さてどうやって歓迎するのか?わかっている一般市民は誰もいそうにありません。

 やはりウォーキングのとき、夜の新潟駅周辺では外国人の夫婦なども見かけました。別にSPなどいなかったのでただの観光客かもしれませんが、参加した外国のお客さん、今夜あたりも街に息抜きに出てくるのかな?ありきたりの歓迎レセプションも行われたようですが、ま、新潟を楽しんで帰ってもらえればと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記99 沼垂小学校前・高砂稲荷の「龍の水」

118 119 120

 新潟市の沼垂(ぬったり)地区にある沼垂小学校の正門前にある高砂稲荷です。「沼垂」+「高砂稲荷」で検索すると少し出てくると思いますが、「龍の水」では出てこないかもしれません。でも、沼垂幼稚園、沼垂小学校へ通った方ならすぐにわかる言葉です。

 神社の小さな境内、2枚目、3枚目の写真にあるように、参拝の前に手と口をすすぐ水、銅でできた龍の口から出るようになっています。探せばこういうの、他にもたくさんあるのでしょうが、ほったらかし保育(よい意味で)の沼垂幼稚園の子供たち、園庭から外へ出てこの辺でも遊んでいたりしたはず、卒園生の方ならきっと「ああ!」と昔を思い出してくれる、そんな写真です。

 1枚目の右手が沼垂幼稚園と小学校、左へちょっと行くと昔からの亀田街道。角にある鎌倉精肉店のコロッケは、学校町の近江屋精肉店が閉店してしまった現在、新潟で一番美味しい「肉屋のコロッケ」だと思います。お勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1659 朝の大田駅

461 462 463 464

 地方の食を探しに行くときは大抵バスでソウルを離れます。逆にソウルへ戻るときは汽車でということが多い私です。午後のソウルへ入る高速道路、特に京釜高速道路は渋滞することが多いためです。だいぶ前にバス専用車線はできていますが韓国の地方交通の主役である市外バス、高速バス、ものすごい数のバスが走っていますので多くの都市からソウルへ向かうバスが集中する京釜高速の終点近くはかなりの渋滞になることが多いんです。

 これは朝の大田駅、7時台の無窮花でソウルへ行くときのものです。ソウル近郊の在来線、値段が安いこともあってかかなり混むようになりました。KTXのがかえって空いているくらいです。KTXの開業で在来線の汽車の本数が減少。KTXが停まる駅ならまだしも停車しない駅を利用する人がかなりまだたくさんいるようです。この時も前夜、大田の先生との研究会の会食の後に宿へ戻るときに駅に寄って切符を買いました。よほど混む時期でなければ前日なら大丈夫、そんな感じだと思います。

 1枚目、ちょっと細身で、でも長大なKTXです。案外直前にならないと改札を始めない韓国、端の車両に指定を受けたお客さんはかなり歩かないといけません。

 2枚目、ディーゼル動車のセマウルです。昔の塗装ですね。両端の車両の半分が動力室になっています。この車両だけちょっとうるさいのでKR関係者が公用で乗るときはこの車両に、となっているのではないかと想像しています。もちろん満席の場合は普通のお客さんも乗せるのでしょう。

 3、4枚目は私が乗る在来線のムグンファ号。新型の電気機関車が牽引していました。KTX開業に伴う京釜線の全線電化で少しは速くなったのでしょうか?時間があるときに古い時刻表と比較してみたいと思います。

 韓国の汽車の旅、やはり急がないでよいなら在来線をお勧めします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年5月4日 - 2008年5月10日 | トップページ | 2008年5月18日 - 2008年5月24日 »