« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »

2008年8月 9日 (土)

とうちゃんの自転車日記163 山木戸あたり

069 070 071 072

 昔は紙の工場の臭いがした新潟市の東地区の工業地帯ですが、今はすっかりなくなったことは昨日書きました。沼垂の東、栗の木川を越えた山木戸地区の写真です。かなり大きな北越製紙の工場、煙突、どこからでも見える感じです。4枚目は旧7号線のさらに前の新発田街道、木崎街道というのでしょうか?沼垂白山神社の前のT字路からゆるやかに曲がったりしながら山木戸、牡丹山、上木戸、大形、そんな昔からの集落を通って阿賀野川。昔は渡し舟があったのでしょう。新崎、木崎、島見、佐々木、そんな経路で新発田へ到る古い道です。昔は宿屋もあっやという地元の人の話ですが、今はあまり車も通らない静かな道です。こういう古い道をポタリングするのもなかなかいいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1783 京畿道漣川郡全谷6

136  いろんな店などが入ったビルの1階角、「パランモリ(ブルーヘア)」という美容室です。全谷の邑内を大体見て、後半は美容室を探しながらでしたが、ここで理髪をすることにしました。

 私の韓国行き、大体は初日に髪を切ります。「外国人だけどいいですか?」と尋ねて、「後ろと横は短く、前と上はあまり短くしないで。」、「韓国人のおじさんみたいに見えるようにしてください」と頼みます。バリカンで最初に大きく刈り上げるのが韓国のやり方。先生にもよりますが90%はバリカンで切る感じです。

 前にここでもアップした新宿職安通りのパリ美容室に勤務している若い男性美容師さんに聞かれたことがありますが、「大部分をバリカンでやるのは日本では下手な美容師がやることなのですか?」という質問を受けたことがあります。 そんなことないですよ。と応えましたが、国が違えば刈りかたも違って当然。多分、効率がいいから、ということでしょうが、韓国ではバリカンが中心です、男性の理髪。

 カットが終わった後、お茶を出してくれるのも韓国。ヤクルトをくれることもあります。忙しいときは別ですが、あれこれその町の話をしたり、日本人などあまり行かない場所であることも多いので珍しがられていろいろ聞かれます。普通の韓国の醍醐味です。この店では夕食の店、どこがいいかな?と質問、いい店を紹介してもらいました。明日あたり、久々の「すばらしい韓国の食事」でアップロードします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年8月 8日 (金)

とうちゃんの自転車日記162 沼垂の町3

061 062 063 067

 栗の木川を渡り、町名だと榎町とか山木戸になるあたりです。

 1枚目、旧国道7号線から見た北越製紙の工場、2枚目もそうですね。3枚目は新しい建物ですが東新中学校のそばのお寺、すぐ左手は消防署、救急車が見えますが廃車になったのかナンバーが付いていません。そして4枚目は前に貨物列車の写真をアップした貨物線の踏み切り。

 この辺、昔は風向きによっては製紙工場のちょっと臭いにおいが流れてきた場所です。最近は改善されたのか、あの臭いはありません。そのためか、周囲の昔は工場だったような場所に新しい住宅地ができてきています。北のほう、山の下町のほうもそうですし、南の日ノ出町とかもそうですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1782 京畿道漣川郡全谷邑5

133 134 135

 全谷の町です。1枚目、「健康院」というのは韓薬を調合して煎じてパック詰めにしてくれる店。小型のコンクリートミキサーのような形のステンレスの抽出釜があるのでわかります。犬、ヤギ、鯉、そんな身体にいいものの絵が描かれています。その上は「ソイェハグウォン」?何だろう?と思ったら「書芸学院」ですね。韓国では書道といわず書芸と言います。前に学院の先生に簡単な絵を加えた正月の色紙のようなのをもらった話、書きましたが書芸も大人のたしなみのひとつかのかもしれません。赤い看板はルームとありますのでルームサロン?トウミとありますので女性を呼べるのでしょう。「ドレミ」が店名、遊興酒店とありますのでやはりルームなのでしょう。ま、田舎なのでノレ酒店クラスかもしれませんけど、ちゃんと男性の遊び場、あるのですね。

 2枚目は駅の向こう側、ガードをくぐったあたりです。右手が京元線の線路になります。新しく開かれた町のようで、アパートがあったのもこちらのほう。冬の寒い夕方の写真です。

 3枚目はまた戻って公設市場へ行く道。やはり大人向け?カラオケ店の看板が見えます。左の板には「オッ修繕」、服の修繕します、という看板です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 7日 (木)

普通の韓国を探して1781 コンビニの広告

Newdeca4_015 Newdeca4_016

 月渓(ウォルゲ)駅前のコンビニのガラスに張られた広告です。クリスマス前だったかな?ケーキのがありますね。2枚目は大スターといっても差し支えないでしょう。元ピンクルの「かわいい系要員」だったイヒョリです。1人だけすごく歌が上手な人がいて、あとはかわいい系だったような気がします。

 ソウルに行き始めた95年ころはぽつぽつという感じだった韓国のコンビニ、以後どんどん増えて、確固たる地位を得た感じがします。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

普通の韓国を探して1780 東海=日本海

Newdica6_025 Newdica6_026

 豊かな海というとどうしても韓半島の西側、西海が頭に浮かびます。ケッポルと呼ばれる干潟、干満の差が大きいためとてもよく発達していて、いろんな生き物を養う要因になっています。魚や蟹、えびの類も種類が豊富なのはこの西海。東海岸の東海はどうしても魚の種類が限られます。でも、イコール日本海ですので、新潟県人には親しみの深い、スケソウダラだの、スルメイカだの、カレイの類だのずわいがに(デケ、大蟹)だの、そんなのが中心なのでしょう。 韓国、小さい国ですが、日本海の海の幸、九州の海の幸、どちらも新鮮なものが安く味わえるいいところ、そんなふうにも思えます。

 写真は浦項の竹島市場。夕方の訪問でしたので品物は少なめでしたが、売っている品物、なんかいかにも日本海で獲れたものという感じを受けました。奥のざるの小さい頭を取って干した魚はトロムクと呼ばれるハタハタです。2枚目、干したスケソウダラの脇で、「わぁ!美味しい オジンオ2000W(2000両)」と表示して、さきイカの大安売りをしているのはいかにも韓国。知り合いから置いてくれと頼まれたものである可能性が高そうです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1779 釜山駅・行方不明児童の捜索願

Olddeca9_056  ちょっと古い写真、KTX開業直前の釜山だったと思います。1Fのロッテリアで軽くお腹を満たし、無窮花でソウルへ戻る前、駅にこんな掲示がありました。 東洋人、欧米の漫画だと細く吊り上った目で描かれていたり、さらに日本人だとカメラをぶらさげていたりですが、児童の場合、正規のルートの養子含め、韓国人が人気だという話を聞いたことがあります。日本人でもなく、中国人でもなく、どうして韓国人なのかな?とも思います。

 治安がいい韓国ですが、前に朝鮮日報を定期購読していたときには、やはり子供の殺人事件だの、たまに目にしました。未解決の事件も多いように感じました。いい人ばかりの国は無いでしょうし、どこの国にもいろんな人がいるんですよね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月 5日 (火)

とうちゃんの自転車日記161 沼垂の町2

054 055 056 058 059 060

 古い沼垂の町から少し東へ行くと新潟港貨物線、すでに廃線になっているJR貨物の線路の踏切があり、それを越えると栗の木川という川を挟んで北越製紙の新潟工場があります。日本のあちこちにこんな風景の古い町、あるのだと思いますが、身近にある、好きな場所のひとつです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記160 沼垂の町

050 051 052_2 053

 沼垂、ぬったりと読みます。信濃川の右岸にある古い町です。いい天気だと写真がやはりきれいですね。家から自転車で10分も走ればこんな町があるのは幸福です。また南に10分も走れば田んぼの中にも行けます。平らな、ちょうど良い大きさの街です。

 4枚とも沼垂四つ角という、昔からのこの辺の中心地だった場所のそばです。昔は川だったという栗の木バイパスの脇のあたり。水運の便もあって、栄えた場所だったのだと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1778 韓国で目立つ貨車

126 127

 天安駅での写真です。いずれもセメントを積む貨車のよう。京釜線の昼間はあまり貨物列車を見かけませんが中央線方面はセメント工場が多いのか、しばしば貨物列車との交換があります。そして貨車の多くが、こんなセメント積載用のものだったりします。 日本の貨物列車でしばしば見かけるようなコンテナ車は、あまり目立たないような気がしますね。

 そういえば、今思い出したのですが北朝鮮の鉄道、ご自慢の地下鉄は有名ですが、普通の鉄道輸送はどんなものなんでしょうね?ちょっと検索してみるかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1777 京畿道漣川郡全谷邑 4

115 118 117

 全谷、市場及びバスターミナルやその近くのタクシー乗り場の写真は以前にアップしています。冬の夕方、それほど広くない繁華街を大体歩いた後、町の西郊にある邑事務所へ向かいました。姉妹都市である加治川村に関する何かがあるといいな、と思ってのことです。

 2,3枚目はその町の西側です。小高い場所にちょっと目立つ家。もしかしたら占い関係の家かなと思いながら1枚。そして3枚目は新しいバイパスの下をくぐる部分です。

 韓国の地方の道、全国的にとてもよく整備されています。市外バスに乗っていると主な町には停車するのですが100キロくらいで走るバイパスから町が近づくと右へ分かれる町への旧道に入ります。徐々にスピードを落とし、昔からのその町の中心部にある小さなターミナル、もしくはシュポの前の停留所に停車しお客さんが乗り降り。その後、ゆっくり旧道を走ってからまたバイパスに合流、そんな感じ、地方をバスで旅したことがある方ならおわかりですよね。

 そろそろ暗くなる時間ですが、風の無い日でしたので零下の気温でしょうがそんなに寒さは感じません。バイパスをくぐって体育館も併設された公園の中の邑事務所へ行ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 4日 (月)

2008年8月4日 網戸の張替え

 おはようございます

 今日は夜間診療、昼間は雑用です。

 休みの昨日、予てからの懸案だった網戸の張替えを行いました。築12年にもなると網戸のネットが寒冷の温度変化や紫外線などの影響で硬化し、たいていは一番上の部分が切れてしまうようです。大きく開いた部分でも1,2センチですがたまにそこから蚊が侵入。安眠を妨げる季節がこの夏です。

 業者に張替えを依頼すると運搬などもある上に1枚で何千円かの費用。あちこちで自分でできるという話も聞きますので前もってネットでいくつかのサイトを見てやり方をプリント、休みの日曜日、朝一でホームセンターに材料を買いに行きました。

 さて、スタート。まずは網戸を外して雑巾などできれいにしてから古い網を撤去、固定するテープを外します。それから溝を掃除していよいよ新しいネットを張る作業です。ところが、ここで気付いたのが目分量で購入した固定用ゴムテープのサイズ。合っていません。押し込んでもしっかり張ろうとすると抜け出てしまいます。 一気にイヤになってしまいましたが、これもまた勉強、今度はテープだけですので自転車で、今年一番の暑さの中、再度数キロ離れたホームセンターへ出かけました。

 さぁ、行くぞ、と思って再開。ところが、、これが素人の悲しさ、最初に買ったのが3.5mm、次に用意したのが4,5mm、でも、これでも何だか緩いのです。最初に入っていた12年前のテープを入れてみた感じだとその上の5.5mmが正しいサイズのよう。流石に炎天下、また自転車でという気が起きず、でも、始めてしまったので張らないと今夜が困るということで、かなり汚れていた前からのテープを雑巾で何度も拭いてきれいにして、それでやってみました。

 結局、この固定用ゴムテープのサイズが重要なようで、4辺を2つに分けての仮張り、その後、しっかり張らせて最終固定。古いゴムテープでやったらうまくできました。かなり時間も経っているのにしっかり固定できます。またゴムの質も、新しく買ったのよりもいい感じです。  そんなこんなで、だんだん上手になる感じ、なんとかかんとか緊急に補修が必要だった4枚を張り替えることができました。かかったお金は4枚でも2000円弱でした。固定ゴム押し込み用のローラーなど含め、そんな費用です。他にも直したほうが良さそうな箇所がありますので次の休みにも網を買って来て、またやってみます。

 プロのように完全にまっ平ら、パンパンな張りではない部分もあるにはありますが、ケンチャナ。かえってその張り過ぎが硬化後の断裂の原因であるようにも思えます。そこそこの出来を目指すなら、これは誰でもできる作業です。網戸張替え、「シジャギパニダ」の好例かも。案外簡単にできるものですので、皆様もご自分での交換、トライしてみられてはいかがでしょう?

 

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記159 暑そうな猫

028  この夏になってからの写真です。山木戸というあたり、貨物線のそばの民家の裏手に猫が昼寝していました。紐でつながれています。カメラを構えると、敵だとは思わないでいてくれたのか?面倒くさそうな顔をしてちょっとだけ目を開けてこちらを見ました。

 我が家にも犬がいますが、見事に家の中での涼しい場所を探し当てます。もう10歳を過ぎていますので昼寝が好き、特に暑さが苦手なので、一日ごろごろ、涼しい場所を移動しながら寝ている感じです。昔は散歩が好きだったのに最近では本当に必要が無いと外へ出ません。知らない人が来たとき、朝晩のご飯のときだけ騒ぎますが、あとは静かなもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1776 京畿道漣川郡全谷邑3

111 114 112    

 チョンゴクの中心部です。前に邑事務所にあったこの町の小学生の加治川村・新潟訪問団の記念写真をアップしましたが、いずれも、普通の田舎の町です。その写真も新潟市の水族館での撮影でしたが、加治川村の訪問団も、たぶん宿泊などはソウルと、あとはホームステイとかで、他の観光地だのを回るのではないかな?と想像しています。

 ごく普通の田舎の町、普通の韓国の写真ですが、誰でも見たことがある場所とかではありません。 完全な平地ではなく、浅く広い谷に位置するこの町、中心部の繁華街にも微妙に傾斜があるのが面白いところかもしれません。

 3枚目は何度かアップしている水道のメーター。あ?!電気だったかな? このニフティのブログサービス、今私が見ることができる写真は親指の爪くらいの大きさなのが面倒なところです。一度ここでアップロードして写真を見てみます。

 1,2枚目、小さな田舎町の繁華街ですが、韓国にあるべきもの、一通り揃っている感じがします。ホプ(ビアホール)、四季湯(犬のスープ)の店、テニスショップ、舞踏学院、美容室、漫画房、PC房、貸しビデオ、ノレ房(カラオケ)、刺身の店、韓牛焼肉の店、タバン(茶房)、、、ハングルの読みの解説はしませんが、看板、じっくりご覧下さい。面白いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 3日 (日)

とうちゃんの自転車日記158 出雲崎町大釜谷の諏訪神社

032 033 034_2 035 036

 出雲崎の小さな谷ごとにある集落の1つを訪問しました。神社はひとつの部落に1つはある感じ、お寺は、小さいところでは無いところもある、そんな様子でした。私の目的は石仏や石像、あまり知られていないもので、面白いもの、県内、そして日本国内、いくらでもあると思うと、実にいい趣味を見つけたと嬉しく感じます。

 階段を上っていくと、ありました。雪の多い地域ですので小さな屋根が設けられた下に左は青面金剛の庚申塔、右は、わかりません。さらに上がって本殿の周囲にも古そうなお地蔵様、そしてちょっと破損がありますが、石でできたお堂と言うか塔? 

 ずいぶん前にアップした馬頭観音像の縁で知った新潟県石仏の会とかに入ると、先輩たちにいろいろ教えてもらえるかもしれません。日曜になかなか休めないのがちょっと困りますけど。また、どこそののなになに、とか有名なのを見に行くよりも、ほとんど知られていない、でも、面白い形の石仏、石像を探すほうが性に合うような気もします。 

 今日は休みの日曜。だんだん天気が崩れるという予報ですので網戸の張替えにトライする予定です。でも、ちょっと一回り、走ってきます。 よい休日をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1775 京幾道漣川郡全谷邑2

109 110

 ソウルの北、国境近くの38度線上にある町、全谷を歩きます。チョンゴクと読みます。いくつかある町の中心部の通り、けっこう人がいる道もありました。大型マートの進出と車社会の発達で在来市場や昔からの商店街が寂れつつある韓国ですが、ここらへんはそんな大型店、無いのかもしれません。

 1枚目、学校帰りの女子高校生です。映画やドラマでも見かけられますが親しい友達、トイレの個室まで一緒に入るとか、たぶん本当だと思います。3人とか4人とか、同じアクセサリーをしていたり、、とても結びつきが強い、そんな韓国のチング関係は本当にあります。 でも、映画「子猫をお願い」にも描かれているように卒業して別々の道に進むと確固たる関係と信じていたそんな友達も徐々に離れて行き、新しいチングとの新しい親しい関係ができる、そんなのも本当のようです。 この後、髪を切るために美容室を探しましたが、ここ!と思った店、女子高校生で埋まっていました。カットしてもらっているのは1人だけ、でも、その友人数人が中でお喋りしたりしながら待っている、そんな風景も見ることができました。

 2枚目も別の通りです。アパートは数棟あるにはありましたが、田舎の小さな町、大きな建物はそんなにありません。接続のいい汽車ならソウルまで1時間くらい。すぐそばまでベッドタウンとしてのアパート群ができつつあるソウル北郊ですが、まだここは静かな町でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

« 2008年7月27日 - 2008年8月2日 | トップページ | 2008年8月10日 - 2008年8月16日 »