« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »

2008年8月12日 (火)

とうちゃんの自転車日記168 旭山動物園・ホッキョクグマ

Newdica6_391  まったく見事なポーズです。私がうまいんじゃなく、被写体が天性の才能を持っている、、動物ってそんなです。

 ちょっと前から歯痛ですったもんだ。昨日歯医者さんへ行き、とりあえずの処置。スリーミックス(3MIX,3mix)で歯髄(いわゆる神経)が助かるかどうか、、しばらく様子見中。 食欲もなく、熱い物は食べられず、痩せてしまいそう。 明日から17日までお盆休み、 できれば面白い更新をと思っています。 ヨロブン、チョウン休暇ルr チネセヨ。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記167 新潟駅そばの飲み屋街・カラスが散らかしたゴミ?

040 039

 少し前に新潟市古町のバー、「ラ・アンドレ」がいいって記事を書きました。もちろん、新潟の全部の飲み屋を知っているわけではありませんが、もう1つ、市内の本格的な、伝統あるバーであった「和田バー」の流れをくむ「ぎるびぃ」という店が駅前にあります。場所はこの写真の奥のあたり、周囲はHな店なども多く、客引きも多い場所ですが「ぎるびぃへ行くんです」というと皆引き下がってくれる、そんな店です。

 前にニフティの酒フォーラム(FSAKE)の知り合いが新潟へ来てくれたとき、その「ぎるびぃ」へも連れて行きました。その中の1人、大阪の梅田の繁華街で家賃200万円だかいう居酒屋をやっておられた方が、店に入ってから「この辺、ちょっと危ない店も多いでしょう?」と仰ったのです。今は改善されたかと思いますが、これが大当たり。「ぎるびぃ」の外看板、古い方ならご存知の擦りガラスになった白っぽい四角いボトル、あのギルビージンの格好の特注品だったのですが、周囲のボッタクリの店でしこたま巻き上げられた酔客が蹴っ飛ばして壊すという事件が何度もあったのです。 現在はその名物看板、なくなってしまいました。やはり何度作ってもいたずらされたり、壊されたりでやめたよ、というご主人の話ですが、困ったもんです。(写真の中で見える看板は「ボッタクリの店」とは関係ありませんのでご了承ください)

 2枚目、同じ辺りですがゴミ。カラスがつついて、というのは日本のどこでも見られるのでしょうね。これも、困ったもんです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1785 京機道漣川郡全谷邑・7?

152 153 154 155 156

 7だか8だか?またチョンゴクの町の続きです。美味しいクルパプ(牡蠣ご飯)とマッコリでお腹を満たした後、冬の夜の田舎町を歩きます。寒さって案外慣れるもので、手袋と首の周りの防寒をきちんとすればあまり分厚いコートなどは必要ないのが韓国です。天候が良く、湿度が低いおかげか新潟の冬よりもずっと過ごしやすい場合がほとんどです。

 1,2枚目は夕食をとった食堂、「統営クルパプ」の前のあたり。お客さんの車でしょうか?田舎でもあり、夜でもあり、駐車違反の団束(取締り)も厳しくないのでしょう。

 3,4枚目は駅のほう、宿のあるほうへ戻る道。緩やかな上りになっています。ソウルなどに比べれば人も少なめ、街灯も暗めですが、治安のいい韓国、全く不安なく歩けます。

 5枚目はまたもルームサロン「JABA」なんて店がありました。どんな個室で、どんなホステスさんがいるのか?興味がありますが1人では行く場所ではないですし、田舎でもやっぱり高そう。また、どんなお客さんが集まるのか興味がありますが、まだ行ったことはありません。映画「海賊、ディスコ王になる」では70年代か80年代の歌謡酒店、「ボス上陸作戦」では2000年代の江南のルームサロンの描写がありますが、ウィスキーをどんどん飲んで酔っ払って歌って騒いでという韓国の男性の飲み方、着いていけそうにありません。高い二日酔い防止のドリンクがたくさん売れる国、それが韓国です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月11日 (月)

とうちゃんの自転車日記166 新潟東港・韓国のコンテナ船

002  信濃川の河口を利用してできた昔からの新潟西港に対し、旧聖籠町に人工的に湾を作ってできたのが東港です。前ははぜ釣りなどによく行っていました。

 「車で行く場所」という感覚があったところへ自転車に乗って行くとなんだかへんな感じがします。自転車のすばらしさも感じます。

 昨年あたりから新潟、韓国、ロシアを三角に航行する新しい航路の話が出ていましたがなんだか延期になってしまったみたいです。時間があれば船で韓国、面白そうです。関釜フェリーも乗ってみたいのですが、国内の移動の費用、時間を考えるとちょっと当分は無理。飛行機でソウル、鉄道で釜山というのが今の現実ですね。

 停泊しているコンテナ船「NAMSUNG」と大きく船腹に書いてあります。NAMは남 SUNGは성だと思います。何か日本語のローマ字の感覚とは違うのが韓国のアルファベット、SUNが선なんですよね。感じだとすると「南星」号かなと思います。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1784 ナイトクラブの広告

131  韓国の街がちょっとごちゃごちゃして見える理由の1つかもしれません。こんな広告、どこの町へ行っても見られると思います。勝手に貼っていくのか、それとも許可を得てはいるのか、新しいもの、かなり古くなったもの、前のの上に貼ったもの、いろんな広告が貼られていて、そのかなりの%を占めるのがこんなナイトクラブ(ディスコ)の広告です。

 けっこう有名な歌手、昔は人気があった歌手が短時間ではあれ、実際に出演することもあるようで、そんな日にはファンで埋まるのかもしれません。3,4人用の麦酒基本(ビール数本と果物盛り合わせ)は数万W。1人でもそれを注文すれば入ることができ、生演奏で踊ることができますが、やはり3人以上で行く場所のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

とうちゃんの自転車日記165 加茂市青海神社・亀の水

661 065  前に新潟市沼垂の高砂稲荷の「龍の水」の写真をアップしましたが、加茂市の青海神社の入口には亀の水がありました。こういうの、いろいろ探してみると面白いかもしれません。

 この時はえちごワンデーパスでの駆け足での訪問でしたが、新潟から30キロもありませんので自走でも充分行ける場所。ゆっくり加茂市内を回るのも面白そうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記164 新潟の昔からの繁華街・古町通りあたり

019 020 211 022

 自転車のいいところ、天気さえ良ければどういう乗り方でもできるところです。片道数時間かかるような場所へ行くには丸一日必要ですが、1時間だけでも、市内を走る、そんな乗り方も可能です。

 前はバス、もしくはタクシーで行くという感覚だった市内中心部も車と大差ない時間で行くことができます。休日の午後、ちょっとしたポタリングで古町を訪問してみました。白山神社から始まる一番町からずっと走り、賑やかな5,6番町あたりを過ぎ、8番町あたりへ来ると飲み屋が多いばしょになります。

 1枚目は有名な鍋茶屋。ずっと昔、世話になった教授の還暦のお祝いで行ったことがあります。今はわかりませんが、手ぬぐいをくれたのと、男性用化粧室の小便器が面白い陶器だったのを覚えています。写真の古町通りから1本向こう側の細い道まで入口の道が続きます。

 2枚目は同じあたりからしもの方、9番町のほうを望んだ写真。古町通りと交差する道にも名前が付いていますがまだ覚えられません。イタリア軒の道、だのノットビルの角だの、そんな言い方をしています。写真中央、「Knot」とあるビルが、古町で一番家賃が高い飲み屋のビルといわれていたそのノットビルです。その先には周囲の店の猛反対の中、できてしまったというラブホテルです。

 3,4枚目は9番町あたりの小路と裏の通り。たくさんの飲食店がありますが、ここ数年の不景気で減少傾向にある感じで、空き地はコインパークになっていたりします。4枚目にちょっと看板が見えますが「ラ・アンドレ」というバー、新潟一のバーだと思っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事398 통영굴밥

 全谷の美容室「パランモリ」の先生に教えてもらった店です。チェーン店のようですが「統営クルパプ」という「牡蠣ごはん」の店です。美容室の前の道を駅とは反対方向にけっこう歩いて、右へちょっと入った場所。すぐにわかりました。入店したときは空席もありましたがその後どんどんお客さん。予約しているグループもあるようで、あっという間にほぼ満席になりました。

 店の売りは店名のとおり「クルパプ」、牡蠣を入れた石焼鍋ご飯のよう。ちょっと贅沢して1000W高い「クルナクチパプ(牡蠣テナガダコご飯)」とマッコルリを注文しました。ほどなく出てきたのはマッコリとおかず。チョゲジョッ(あさりの塩辛)が美味しく、また暖かい部屋での冷たいマッコリ、最高です。 そして出てきたのが3、4枚目のクルナクチパプ。醤油を入れてよく混ぜたところが5枚目。本当に美味しくて一粒残さずという感じにたいらげた後が6枚目です。生の牡蠣、ナクチは石鍋の熱で縮んでしまいますが、その美味しいエキスがご飯に浸透した感じ。思い出しただけでも唾液が湧き出る旨さです。

 けっこう長く韓国に通っていますが、クルパプは初めて。でも、なんで今まで食べなかったのだろうという美味しさでした。年中無菌の牡蠣を供給できるシステムだとか。また見かけたら是非とも食べたいメニュー。また皆さんにも是非味わってもらいたい、そんな韓国の美味しいご飯でした。やっぱ日本食も韓食も、基本は米のメシです。139 140 144 145 146 148

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2008年8月3日 - 2008年8月9日 | トップページ | 2008年8月17日 - 2008年8月23日 »