« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »

2008年9月20日 (土)

とうちゃんの自転車日記182 船橋駅そばの食堂

055  学会の空き時間、ちょっと遠足で船橋の町へ行ってみました。総武線と京成線の駅の周囲、道が不規則で、学会会場のある幕張メッセとはいい対照になります。どっちかといえば昔からの人のにおいがするこんな町のが好きな私です。

 一緒に行動した先生方と昼飯の場所を探してうろうろしていましたが目についたのがこの食堂。ぽつんと取り残されたように古い建物が残っていますがしっかり営業しているよう。定食の他に刺身なんてメニューもあるようです。 暑いし、歩きつかれたし、ここにしよう、と引き戸を開けてみたら、1人客もありますがテーブルが埋まっています。こちらは3人なので入れませんでしたが、なんとほぼ全員が飲んでいました。

 今でも船橋漁港はあると聞いています。また埋め立てのときには漁師でなかった人も急に漁業組合に入って、、なんて話も聞いていますが、「仕事はお昼まで」、そんな風潮がある「漁師町」の風情を感じた一件でした。幕張あたりの昔の様子については椎名誠さんなんかがいろいろ書いていますが私も少しだけ知っています。なんか総武線というと埃っぽい海辺の町を古い電車とディーゼルカーが走っている、そんなイメージが昔はありましたよね。 あ、何でこれが自転車日記かというと、一緒に昼飯を食べた仲間、3人とも自転車乗りで、東京の大きな自転車店を見たい、ということで船橋へ行ってみたのでした。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1830 ソウル清涼里・市場の朝

629 630 631

 夜明けの京東市場というか清涼里の駅の北西方向に広がる市場の情景です。業種により、遅く開く店もありますが、蔬菜(野菜・青果)、果実市場が一番早いと思います。冬の朝の写真、そのままお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1829 全州の繁華街を歩く 5か6?

218 219 096

 全州の昔からの町の中心部です。車社会に移行しつつある韓国ですが、けっこうここは元気な様子、かなりの範囲でいろんな店が集まっています。スポーツ系のファッションが人気なのでしょうが、よくこれだけ店があるなと感じます。

 何度か書いてきましたが韓国の繁華街、必要以上と思われるくらいに明るい照明があります。ソウル以外で最初に驚いたのが大田の駅前の中央部の繁華街、水原の八達門周囲の繁華街、瑞山の小さな繁華街、どこでもうんと明るい場所がある感じです。

 3枚目は対照(コントロール)としてソウルの中心部、繁華街ではないけどど真ん中の市庁前、コリアナホテルの同じ条件、ストロボ発行禁止、カメラの手ぶれ防止機能での撮影でのものをあげます。北韓はピョンヤンもかすかな灯りにしか見えないのに韓国では都市ごとにすごい明るい、そんな衛星写真、本当のようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月19日 (金)

とうちゃんの自転車日記181 海はいいねぇ・幕張メッセ裏の海辺

034 045 049 501 047   日本矯正歯科学会大会、今年は幕張メッセで開催されました。お目当ての演題の待ち時間、長崎は佐世保の前畑満雄先生に誘われてメッセ裏の海に出てみました。大通りを歩道橋で越えるとロッテの野球場、その先、幕張メッセ自体が埋立地ですので、すぐに人工の松林で、それを抜けるとすぐに海です。

 あさりを掘る人が何人かいて、話を聞くと干潮の時にはすぐに1キロやそこら、採ることができるそうです。 海辺にはたくさんの貝殻、日本海ではなかなかお目にかかれないマテガイの殻がたくさん目立ちました。前畑先生の話では佐世保ではたくさん取れ、ゴムで束ねて売っているそうです。新潟=魚、というイメージはありますが、海産物全般に関してはどうも九州北部にはかなわないような気がする私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記180 9時27分くらいに軽い事故?・新潟駅南口工事現場

056_2 057_2 058  銀行の用事で自転車で新潟駅南口へ。手続きを済ませて外へ出たら、気のせいか「ボカン」という爆発音が聞こえたような、、聞こえなかったような、、 自転車のかぎを外して駅南口前の交差点まで行ったら遠くから消防車。 何だろう?と思いながらその行き先を見たら駅の南口の工事現場です。

 で、1枚目、黒い煙がもくもく。2,3枚目のようにすぐに鎮火したようですが、タンクに火が入ったというやつでしょうか?自動車が燃えていたみたいです。その後も何台か消防車が来ましたが大事に至らずに済んだ模様。まぁよかったです。

 身軽な自転車、勧められることではありませんが野次馬にも最適の乗り物であることを感じた一件です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1828 シャネルクラブ・中渓本洞

407  左の看板は「写真室」、そして右手ちょっと向こうにある看板は「シャネルクラブ・衣料雑貨」とあります。中渓本洞の下の方、商店などが多めになるあたり、バスの終点も近いあたりの写真です。韓国の店の名前、前に新潟韓国教育院の先生が「韓国の美容室の名前」ということでネットの電話帳でいろいろ調べて下さった資料をテーマに授業をしてくれたことがありますが、本当にいろいろあって面白いです。

 同じ漢字文化の国ですので似ている部分、違う部分、そんなのが秀逸です。日本ではあまり付けないような「~百貨店」だの、割合、「夢は大きく!」という感じの名前がほほえましく感じます。決して下に見る(カルポダ)意味でなく、「シャネルクラブ」は店のご主人の心意気を感じて、いいな!と思っての1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1827 韓国の市場・ソウル清涼里

626 627 628

 早朝のソウル、清涼里からチェギ洞あたりの北に広がる市場です。京東市場というとチェギドン駅からちょっと歩いた十字路あたりが取り上げられることが多いですが、もっと東、もっと北、小学校の方まで市場複合体として広がっています。冬の朝ですので7時前後、やっと明るくなってきた頃、市場が目覚める時間にあちこち歩いてみました。素材を売る店の他にそれらを加工して売る店、そして市場で働く人のための食堂、いくら歩いても飽きることはない、そんな街です。

 今回は解説なしで朝の市場の雰囲気をお楽しみください。いいでしょう?こういうの。

 ちょっと不確定ですがソウルへ用事で出かける予定があります。銀行で学会の回避などを納入、書類を学会事務局へ直接届けて、そんな用事は主に江南の瑞草洞(事務局が近年移転したのです)。空港から江南方面のバスというと高速ターミナルそばのパレスホテル?タクシーで江南駅あたりへは近いので移動して用事。その後はさて、どうしよう?唐辛子も切らしているし海苔もちょっと買いたいし、まぁ、勝手知ったるソウルの街、宿の予約もしていません。「旅券と航空券とお金があればなんとかなる国」、それが韓国ですから。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月18日 (木)

普通の韓国を探して1826 冬の朝・京元線全谷駅

200  西へ行くと冬の日の出は8時近くになります。7時ころの写真ですがまだ薄暗い状態。冬はこんな朝なのが韓国です。一番寒い時間でもありましょう。1時間に1本くらいのディーゼルカー、情趣にはやや欠けますが、日本では見られないかっこの車両でソウル方面へ向かいます。途中で一回乗り換えるだけでソウル駅まで行けますのでソウル北郊にもアパートがどんどん増えています。

 京元線の京はソウル、元は元山(ウォンサン)。日帝時代に名付けられたから「京城」の「京」なのでしょう。日帝残渣ではあるけれど、そのままになっているのはいいことのように思えます。もっとも、平壌は「西京」と言われていたとか言いますので別の起源に置き換えての「京」という解釈になっているのかもしれません。 いつの日か再開してロシア国境も近い元山まで汽車の旅が楽しめるようになればいいですね。

 本日も休み、いろいろ雑務を片づけないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月17日 (水)

普通の韓国を探して1825 鍾路3街 エメラルドモテル(エメラルド荘)

Newdeca3_132 Newdeca4_024  鍾路3街、昔は女の街だったそうですが、今は男性同性愛者の店が集まる界隈があるそうです。道路の上にできた建物である楽園商街脇を北へ抜ける少し手前からちょっと東へ入った場所にあるエメラルドモテル、この辺もちょっと怪しい、そんな雰囲気を残す街です。

 90年代と2005年くらいに2回泊まっていますが、改装があり、少しきれいになりました。ただ、前は全部にあった浴槽が特室だけになり、普通室はシャワーのみ、古いせいかソウルの中心部のモテルの割には安めです。まぁ、旅慣れた人なら話の種にいいかも、という感じです。

 写真はうっすら雪が積もっています。安い冬の時期、一人部屋割り増しを払って団体に入り鍾路クラウンホテルに泊まったときのものだったかな。路地が複雑に走る、昔のソウルの面影を残す、そんな町です。

 左の黄色い看板の食堂「南原シンポチプ」とありますが「補養湯専門」とあります。「補身湯(ポシンタンg)」という言葉は有名ですが「ポヤンタン」という呼び方もあるのですね。犬肉料理のお店です。

 出張から戻りました。東京、暑かったです。泊まったホテルの話、ちょっと面白かったことがありましたが、仕事場を離れてホテル泊まりで知らない場所への旅、いいリフレッシュ方法になりました。

翌日の今日、18日ですが、家に別の写真、同じ場所のがあったのでオマケです。こちらは再掲かもしれません。どこが違っているかな? 定点観測を長く続けると面白いでしょうね、韓国って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月15日 (月)

普通の韓国を探して1824 太白線・たぶん古汗(コハン)駅

Newdica6_268  昔は石炭、今は石灰石、そんなのを運ぶのが重要な役目だった太白線、産業線という名前もあったとか。これは昨年春の古汗駅、だと思います。

 小さな町でも食堂にスーパー(シュポのほう)、それに荘旅館くらいはあるのおが普通の韓国ですが、こんな山の中だと何もない駅もあったりします。まぁ、そういう駅には旅客列車は停まらない事が多いですけど。

 停車中の写真ですが、新しい道が工事中。日本同様、高速道路網については日本以上に道路が発達している韓国。山間部にいい道路ができるのは、人口流出の原因にもなるなんて現象も一緒のようです。

 私は今日から休み。朝、自転車に1時間半乗って、先ほどまで庭の草取りで蚊の餌食になって、で、シャワーですっきりというところです。午後から東京へ行きます。それでは。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月14日 (日)

とうちゃんの自転車日記179 新潟空港・自転車でひと回り

004 005 007 008

 ちょっとキャンセルがあり時間が空きました。釜山大へ行かれる先生の見送りに行った時の写真の続き、というか余りをアップです。

 新潟駅からバスでも30分以内、300円ちょっとで行ける便利な場所にある地方空港で、阿賀野川河口近くの海岸にあります。駐車料金は1日800円と安めなのでよほど長い出張でなければ車です。タクシーだと我が家から3000円台前半くらいかな?

 この時は自転車で行ったので、ターミナルビル入り口の案内板にくくりつけた愛車です。少し前にも書いたように盗まれるような高級な部品は付いていませんが、軽いのでひょいと持ち上げて大きな車に積めば簡単に持っていかれてしまうので駐車時はこんなふうに動かない構造物にくくります。

 2枚目はターミナルの東の端、外から別の出入り口で入る税関と入国管理局です。前に鶏肉の輸入の券で一度行ったことがありましたが、結局通関できませんでした。

 3枚目は駐車場の南側に回った場所にある新潟県警航空警察隊と東北電力。他に佐渡便の小さな航空会社もこの辺にあったり、ヘリコプターの会社もあったかな?車だとびゅんと通りすぎてしまう場所です。

 4枚目は一回りして、少し前に紹介した園地(公園)のそば、ターミナルビルへの進入口にある看板。「環日本海」という言葉、新潟ではしばしば目にし、聞かれるフレーズです。さくらももこさんの雑誌「富士山」でロシアへ行く時の話の項、新潟の話が結構出てきました。丸屋の枝豆餅も美味しいし港寿司も高いけど美味しいです。

 明日は当院も休診、通常の休みとくっつけて東京方面で開催される学会大会に参加、韓国語だと参席かな、してきます。勉強の会とは言え、他の場所へ出かけるのはいいリフレッシュになります。また全国にちらばっている医局の先輩後輩と会えるのも楽しみです。出発も帰りも未定ですが、更新、休みがちになると思いますがコメント等、お待ちしております。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1823 全州の繁華街を歩く4

215 216 217

 昨日、旦那さんが東京に単身赴任しているスタッフと話しましたが、東京の街、繁華街でなく、普通の住宅街でも多分すごく明るいです。東京に住んでいると当たり前になってしまうのでしょうが、地方の、一応その辺の一番大きな街に住んでいる者が東京の普通の住宅街を夜歩くととても明るく感じます。こちらは一部の繁華街を除き、街灯が少ないです。間隔が大きいというか、ね。 やはり働いている人が多く、税金がたくさん集まるから街灯がたくさん設置できるのかな?なんて話をしました。

 韓国も都市は明るいです。全州とか地方都市でも繁華街などは必要以上に明るい、そんなふうに思います。よくこれだけの店がやっていけるなぁ、なんて考えながら宿への道を歩きました。ここで一度アップロードして写真を見ます。

 1枚目、小さな露店は「智異山クンバム(クンパム)」とあります。焼き栗の店です。最近は中国産の甘栗も流行っていますが韓国在来の大きな栗、秋から冬にかけてはソウルでもどこでもクンパム(焼き栗)の屋台が韓国では見られます。冷えてもけっこう食えますし、手軽な行動食として私もしばしば買います。けっこう高くなってしまったけど、韓国の味の一つです。

 2枚目にも3枚目にも眼鏡店の看板が見えます。やはり韓国、眼鏡の店はすごく多いのかもしれません。1、2枚目の車、サムソンルノーのSM車ですね。ティアナかな?大きめの車はやはり黒が多いのも韓国の特徴でしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1822 ちょっと遠くから見た龍門山

317  ここでも2,3回アップしていますがソウル近郊の手軽な観光地の一つ、山菜料理でも有名なのが楊平の北にあるヨンムンサン(龍門山)です。中央線の汽車、漢江に沿って走る楊平のあたりからならどこからでも見える秀麗な三角形の山容を持つ名山です。

 今回の写真はヤンピョンよりもっと東のあたり、原州との間のいくつかのトンネルを抜けて初めて見えたあたりからのものですが、周囲の山から抜きんでた高さの尖った山頂を持つのですぐに龍門山だとわかります。陸軍の部隊がけっこうあり、国道をバスで走っているとあちこちに演習場の入口があったり、、そんな場所です。 小さな町なのにアパートが1棟、田園風景には似合わぬ程の大きな教会が一つ、背景には高速道路、いかにも韓国の田舎ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月7日 - 2008年9月13日 | トップページ | 2008年9月21日 - 2008年9月27日 »