« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »

2008年9月27日 (土)

とうちゃんの自転車日記185 秋空・新潟上空

005  先週今週と学会関係の出張が続き、また天気があまり良くなかったこともあり自転車に乗れていません。今朝は久々の自転車出勤でしたが、ちょっとチェーンが錆びてしまっていました。「安い自転車は恥ずかしくないけど汚れた自転車、錆びた自転車は恥ずかしい」という言葉があります。ビアンキローマ、フレームが黒いので汚れが目立ちがち、また軒下の雨の当りにくい場所に置いてはいますが吹き降りだと雨がかかり、特にチェーンはすぐに錆が浮いてきます。今日も明日も明後日もその次も仕事ですが3分でできること、チェーンの掃除をしましょう。

 暑くもなく寒くもない秋、自転車には絶好のシーズンです。次の休みにはちょっと遠くへ石仏でも探しに行きたいものです。

 写真は家の前から撮影した飛行機。さくらももこさんの富士山という本にヨーロッパ線の飛行機が新東京に降りる前、ただいま新潟上空を飛行していますというアナウンスがしばしばあるという記事がありました。確かに朝とか、飛行機雲が見えたり大型のジェット機が見えることがあります。飛行機雲はトイレのタンクの排出というのは本当なのかな?なんて思いながら1枚。案外よく見えるものですね、飛行機。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事400 仁川国際空港のファミマのキムパプ

750  よく観光掲示板で、「インチョン空港でキムパプ(キンパ)は買えますか?」なんて質問を見かけますが、ちゃんとあるんですね。上段に見えるおにぎりは「三角キムパp」、中断、紙包みのとアルミホイルに巻かれたキムパプが置かれています。

 日本ののり巻きは酢飯ですが韓国のキムパプはそのままのご飯ですので、日持ちの点でやや不安はありますがチャジャン麺とともに韓国人の国民食の一つと言ってもいいのでしょう。昔は面白くなくてあまり食べなかった私ですが軽くおなかを満たしたいときにはハズレのない簡単な食事のメニューとして愛用するようになりました。タクアンとヘムの味の調和が魅力の元だと感じています。

 アップしてから写真を見ましたが、それぞれ、飲み物を一緒に買うと飲料水のほうの価格を割り引いてくれる、そんな企画をやっているようです。三角キムパプといちご牛乳、キムパプとアロエドリンク、赤いキムパプは辛いやつなのか、ミネラルウォーターとの組み合わせのようですね。

 千両キムパpと書いてあるので1000Wなのでしょうか?右端の茶色いのは韓国お得意の燻製卵のようです。キムチキムパプ、チャムチ(ツナ、まぐろ)キムパプとか包装紙にあります。右のアルミホイル巻、左端の赤いのは何なのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1834 極右派総理?!

009  飛行機に乗るとき、8席しかないビジネス席の人とともにモーニングカーム会員は先に乗れます。暇な田舎の空港ですので急ぐこともない場合が多いのですが新聞が欲しくて先に乗せてもらいます。KE763便で新潟へきて、翌朝のKE764便は余りの新聞になるので先に行って確保したいってわけです。

 今回、これは中央日報だったかな?最初の開いた面にこんなに大きく新しい総理大臣の記事が出ています。「日 極右派総理 韓・中との関係梗塞(辞書見ました)憂慮」とあります。 「極右派総理」なんでしょうかねぇ? 詳しくは読んでいませんが日帝時代の強制連行とかのことも書かれているのかな?なんても思ったのですが、手を振り上げて演説するこの写真、意図してヒトラーとか、そんなイメージを演出したい意図があるようにも感じます。もう少しやわらかな頭で編集してほしいものですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月26日 (金)

すばらしい韓国の食事399 冷凍タクパルと冷凍ナクチ

642  これも清涼里、現代コアビル脇の飲食店街のとある店の前での写真です。袋は全北イクサン市なんとか面~という表示、冷凍のタクパル(鶏の足)です。鶏ももはタクタリ、足先だけはタクパル、どっちも韓国人が大好きな食べ物です。日本だとモミジだかいってラーメンのスープのだしにしたり、あまり足先は食べませんが中国や韓国ではゼラチン豊富な美味しい場所なのでしょう。

 右の箱はたぶん中国産、冷凍のナクチ、テナガダコです。一般に韓国の干潟でとれる活けのものは小さめですが、加熱用のもの、かなり大きく、4~50センチクラスだったりします。ナクチポックムの店、前にユリムナクチあたりを紹介しましたが普通の20000Wくらいのは多くは冷凍もの。生のやつで作ったのは30000W以上、高級な料理になります。でも、イカ同様、たこの類も冷凍でもあまり味が落ちない、そう言われているようです。かえってサンナクチなんか、ここでも書いたように珍しさはありますが何もあじがしない、そう感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して1833 またまた清涼里の市場

632 633 634

 日本だと卸売市場、多くは一般人は買えないし入れない、そんなことが多いですが韓国はみんな一緒。その辺も韓国の市場歩きの面白い点かもしれません。こちらの韓国料理店のお使いでプッコチュ(青い生の唐辛子)やケンニプ(えごまの葉っぱ)を箱ごと買って持ってきたこともあります。きれいなスーパーなどで少量ずつパックされたものは高いけど市場で一箱で買えば安いなぁって感じました。ちゃんと検疫を受ければ土付きでない野菜、多くは正式に持ち込みが可能です。箱を開けて、虫がいないか確かめたあとに通してくれるのです。また乾燥野菜も軽いのでいい土産品になると思います。山菜の類から普通の野菜、エホバク(韓国かぼちゃ)なんかも干したのを売っています。昔の名残でしょうが乾燥野菜については韓国が一枚上だと思います。

 このへん、清涼里青果物都売市場というのが正確な名前のようでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月25日 (木)

普通の韓国を探して1832 江陵空港・たぶん

Newdeca4_052  江陵空港だと思います。昔は江陵空港、束草空港が別々にあって、日に何本か飛行機が飛んでいました。東海岸は霧が出ることが多くしばしば欠航の表示を見たことがある、そんな路線でした。でも数年前に束草と江陵の間のヤンヤンというとこに新しい空港ができて、今はそこへの便だけになっていると思います。

 韓国の国内線、日本よりずっと狭い国土ですからかなり近距離だったりします。昔は安かったのでマイレッジの回数稼ぎに積極的に乗ったことがありますが最近はけっこう高いなって感じるようになってきました。東海岸への国内線、ウルサンと浦項へは飛んだことがありますがこのヤンヤン空港はまだ未経験、いつかは乗ってみたい路線のひとつです。

 昨日、イクサンから新群山経由の長項線でソウル、龍山へ戻りました。昔の群山駅がどうなっているのか気になります。新しい線、なんてことはない昔からある道路橋を兼ねた錦江河口堰の上を通るので、何度かバスで通った景色です。ちょっとその点については期待はずれでした。また長項線もかなりの部分で新線への付け替え、高架化が進んでいます。ソチョンは昔の駅でしたが保寧はずっと南の新バスターミナルのさらに南に高架線の駅ができています。一昨年だったか昨年だったか、保寧駅前のモテルに泊まりましたが、ああいう業種も困るのでしょうね、駅の移転って。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年9月22日 (月)

とうちゃんの自転車日記184 ビジネスホテルの聖書

042  学会出張などでホテルに泊まる時もやはり早起きの私、二日酔いの頭で暗いうちから聖書を読んだりもします。

 宗教というと、昔はどっちかと言えば嫌いなクチでした。世界で戦争をやっている場所、大抵は宗教がらみでしょう? 宗教に熱心になりすぎると、「自分たちだけが正しい。他は悪い。」なんだかそんなふうになってしまうように思っていたのです。

 うちのお墓は浄土真宗、でも、特に熱心な宗教とかはないのですが、韓国で知ったあの一節、テサロニケの手紙は、やはりいいなと思っていますので、毎回まずはそこを探して聖書を読むのです。一番いい所を抜粋して紹介します(原文メモより)。

 新約聖書 テサロニケ人への手紙第5章

いつも喜んでいなさい

絶えず祈りなさい

すべての事について感謝しなさい

 この3つです。韓国語(私の記憶より)だと

恒常(ハンサン=常に)キッポハラ(キップダ=嬉しい)

ヌル(固有語で、いつも)祈祷ヘラ(~ラは~しなさい)

オットン(どんな)処置(場所、状況)エソドゥンジ(であったとしても)、感謝ヘラ

 ちょっとうろ覚えですが、私が唯一覚えている聖書の文句です。2番目はあまりやりませんが、1つめと3つめ、不満たらたらでは周囲にも自分にも良くないですし、とりあえず普通に生きているならば、それを感謝したほうがいいに決まっています。これ、韓国のホテルでも聖書があれば、毎回読んでいますので覚えてしまったのでした。

 この3つの言葉のすぐ上にもなかなかいい言葉が書いてあります。

 誰でも悪をもって悪に報いないように心がけ、お互いに、また皆に対し、いつも善を追い求めなさい。

 これもいいですね。残念ながら変な人も少しはいますので嫌なことをされることも人生の中ではありますが、自分も同じように対応したらそれこそ悪循環。なるべく「善」の方向への行動を取る、できれば相手にも気付かせて「善」になってもらう、大事なことだと思います。

 他に仏教の聖典の他に、このホテルの社長さんの意向でしょうか「内観」というのについての本と小冊子もありました。母からスタートして今までの人生で出会った人について「してもらったこと」、「迷惑をかけたこと」、「してあげたこと」をじっくり思い出しましょう、という修行みたいなものです。確かに一番いろいろしてくれたのは母に他なりませんし、周囲の人にもいろいろ世話になって今の自分があるのは確かです。とにかく、「感謝の心」が大事なのです。興味がある方は「内観」で検索してみてください。

 一昨年の賀状に書きましたが「逆風はすぐにわかるけど順風はなかなか気づかない」、って言葉を作りました。これ、自転車に乗るようになってから気付いたことです。その後大学関係のパーティーで、とある社長さん(トライアスリート、私どころではない選手です)にお褒めの言葉をいただき嬉しかった経験があります。うまくいっている時はついつい自分の力だけでやってきたように感じるけど、周囲の人のしてくれたことに気づき、感謝することは大事ですって意味です。私もなかなかやるでしょう?!エッヘンっっ!

 というわけで自転車日記でした。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記183 目黒区目黒本町・平和通り商店街

008 010 011 012 131 161

 学会前日、ちょっと時間があったので宿泊先へ行く前に昔歩いた懐かしい町へ行ってみました。目黒区の目黒本町にある平和通り商店街です。

 祝日だったためか人通りは少なめ、また、昔は繁盛していた食料品店がなくなっていたり、変化はありましたが、懐かしい町です。

 1枚目は26号線からの入口です。2枚目はちょっと入った、ほぼ中心部の十字路。昔はなかったモニュメントがあります。角の肉屋の揚げ物は美味しかったし、ちょっと縁がある美味しい鰻の、これは販売だけの店もあるあたりです。3枚目、40年前に通ったおもちゃ屋、まだありました。となりの菓子屋もあったなぁ。酒屋ももちろん昔のままです。4枚目のかまぼこ店、魚肉練り製品の製造販売の店もあります。美味しいんです、ここ。5枚目の文具店も覚えています。

 この辺、祖父の家があったんです。碑文谷八幡のお祭りは盛大で、小遣いをもらえることもあり楽しみでした。町工場も多く、青く光る旋盤の削りくずが記憶に残っています。そういう工場も少なくなったのでしょうね。

 6枚目はおまけ、「源氏」というおでんとラーメンの店。これは記憶にはありませんが、趣のある店のよう。ネットで見たら、いくつもの記事が出ています。懐かしい町、楽しい散策でした。この辺、月光町(げっこうちょう)と地元の人は呼んでいるはず。目黒本町になったとき、大きく違和感を感じましたが、そんなのも30年以上前の話になってしまいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1831 ソウルのどこかの町・フリートーク

050   それほど大きな画素数で撮影するわけではありませんが、そのままだと画像が大きすぎてアップロードできません。4分の1くらいに縮小してブログ用画像というファイルに保存、それを抜き出して書いています。どこの写真かはまだわかりません。ここで一度アップして、今日はフリートークで行きます。たぶん、ソウル、皆がよく知っている街角だと思うのですが、、

スユリでしたね。ソウル地下鉄4号線の北の終点近く、でも、ソウル駅、南大門市場、明洞、東大門運動場、吉音、ミアサムゴリと、旧ソウルの主な街を結ぶ便利な線、便利な場所です。昔はタルトンネなんかが周囲にあったのでしょうが、ほぼなくなり、再開発によるアパート群も多いし、また北漢山、道峰山、そこから流れてくる牛耳川など自然にも恵まれた地区です。

 行政上は江北区ですが、道峰区、蘆院区も隣接、かなりの繁華街になっています。また道路交通上でも大事な場所で議政府方面へ通じる大きな通りが通り、ソウル北郊、38度線方面へのバスのターミナルもあります。写真でもモテルが3つ見えますが、区庁周囲、及び大通りの反対側にはモテルが沢山。また巨大なクラブも大通りに面してあります。名前は、何年に一度か変わるのでうろ覚えですがエムパイアナイトだったかなぁ。モテルに泊った朝、夜通し遊んだ若者がぞろぞろ明るくなったころにクラブから出てくるところを見ていたことがあります。またポジャンマチャも夜通し営業していました。

 北のほう、議政府方向へ牛耳川を渡ると放鶴洞。新潟市の鳥屋野中の姉妹校、白雲中学校がある場所です。東へ緩やかに下るとポンドンサゴリでやはり牛耳川を渡れば倉洞になります。泉票カンジャン(いずみ印の醤油、日帝時代名残のブランド)、ソウル濁酒(長寿マッコルリの会社)などの工場があります。バージニア工科大学の銃乱射事件の人が移民する前に通っていた新倉初等学校もありました。

 南はミアリになり、穏やかな峠を越えるとデパートがいくつかあるミアサムゴリ。そうそう、南東の山にはソウルドリームランドという古い遊園地もあります。普通のソウルの庶民が住む、普通の町が広がる、そんな場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年9月14日 - 2008年9月20日 | トップページ | 2008年9月28日 - 2008年10月4日 »