« 2008年10月19日 - 2008年10月25日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »

2008年11月 1日 (土)

とうちゃんの自転車日記218 信濃川右岸・朱鷺メッセあたり

046_2 047 048 049

 前の前の項の続きです。1~3枚目は柳都大橋の上からの朱鷺メッセと信濃川河口方向。4枚目は朱鷺メッセの河岸側です。特に4枚目など、自分の目ではすごい景色、カッコいい1枚になるだろうと思っての撮影でしたが、こう見てみると大したことはありませんね。 

 黒い雲が大勢を占める中、西方向の晴れ間から明るい陽光が射してきて、という写真のシリーズでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

日本の中の韓国15 新潟大学・韓国の矯正家の先生の講演会

011 142

 ちょっと前になりますが、場所は新潟大学歯学部の大会議室。韓国の矯正の先生の講演会があり、同門会員、教室OBにも声がかかり、出席してきました。

 1枚目、スライド映写のために少し暗いですが、講演中の先生、김정국先生です。2枚目は講演の後の花田晃治先生の解説です。金先生はアメリカで長く研修を積まれた先生でしたので英語での講演、なかなか面白かったです。最後の質問のときにはちょっと韓国語も混じり、私が少しばかり通訳のお手伝いをしました。「최선을 다 하다」という言葉を使われたのが記憶に残っています。「最善を全部する」、似たような言葉がある日韓両国です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記217 弱い冬型の新潟市・信濃川下流部

042 043 044 046

 この木曜日の写真です。朱鷺メッセのホテルで行われた研修会に出席するとき、ちょっと用事で古町まで行き、時間があったので徒歩で柳都大橋を渡って会場へ行きました。

 時折雨が降るこの日、弱い冬型だったのでしょう?時折雲が切れて日光がまぶしく射す状態、虹が出るといいなと思いながら信濃川左岸を歩きました。目で見ると暗い色の雲と明るい日差しの対比がとてもきれいで、いい写真になるかな?と期待してシャッターを切りましたが案外明るい部分と暗い部分の差が出ず、ちょっと期待外れです。デジカメは機械で光を受けて記録します。高級機はわかりませんが、どうも光を切り取る性能については従来のカメラのが優れているような気もした一件です。

 新潟市の信濃川の写真をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1884 明洞点描4 

073 077 084 089

 私には珍しい明洞のシリーズ、今回はこれでおしまいです。数年前の夏の写真だと思います。3枚目は前にアップしたかも。新しいキャラクターショップですが、今はもう無いのではないかな?流行に敏感だけど忘れるのも速い韓国ですので。

 平日ですのでこんな感じですが、休日の混み様はすごいです。真っすぐ歩けません。みな韓国人、楽しそうに歩く街、それが明洞かもしれません。韓国へ行った方なら誰しもたぶん、見たことがある場所だと思います。韓国の最も有名な繁華街、ソウルのミョンドンの風景をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月31日 (金)

普通の韓国を探して1883 インチョン空港到着出口でツアー客を待つガイドさん

021  帰国日、割合早めに空港へ行くほうです。別に8時間前でもチェックインはできますし、空港内にも知り合いは何人かいますので飽きてしまうことはありません。

 重たいカバンを預けて、あっちへ行ったりこっちへ行ったり。時には下の到着階に下りて知っているガイドさんがいないか探してみたり。韓国語の上手なアジョシとして大抵は覚えてくれていますので、これも面白いです。

 写真は空港の到着出口で日本人や中国人の観光客を待つ、さらにその前のガイドさんたちの様子です。違う会社の人でも、みな顔見知りはいるのでしょう、あれこれお喋りしながら日本などからの飛行機の到着を待っています。また、前にちょっと紹介したミネラルウォーターやバナナ、サンドイッチなどを配りながら広告カードを託して観光客への配布を要請するカートを押したおじさんたちもいます。最近はホテル直行のツアーも増えてきたようですが、やはりガイドさんを通じてのエステやマッサージ、買い物の傾向は残っているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1882 群山線長項線 新錦江橋梁

438 439 440 441

 一時は故郷である東京よりも頻繁に、年に何度か行ったりしていた群山、2年ぶりくらいでしたが新しい線の開通、さて、どんな経済効果があるのかな?と疑問もあります。時間的にもKTXがあるわけですし、直通のソウル龍山行きにずっと乗るのは鉄道ファンの日本人(=私)くらいでしょう。

 1枚目、錦江河口堰のそばの小高い山にある1級ホテルです。群山観光ホテルとともに高級な宿ですが駅や街から離れているので泊ったことがありません。純粋な意味での観光の場所なのかもしれません。

 2,3,4枚目は橋の上の写真、前にも書いたとおり、バスで何度か通った道ですので新たな感動などはありません。この先、新長項液の写真、また近日中にアップします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して1881 非常用緩降器・イクサン駅前中央チムジルバンサウナ

252 253

 この前には全谷のモテルのやつをアップしましたが先日泊ったイクサン駅前のチムジルバンとサウナとモテルを兼ねた中央チムジルバンの客室のやつ、箱を開けてみました。

 箱の表には使用法がハングルで書かれていますが、さて、実際の非常時になったらうまく使えるかは怪しいものです。

 夕方、閉まる直前のイクサン駅の観光案内所(日本語不可)で尋ねて紹介されたこの中央荘、できたばかりでかなりきれいです。宿泊者はサウナも無料。料金も低廉で、部屋も広く、いい宿でした。沐浴湯併設ですので客室には浴槽はありませんでしたがものすごい広い浴室、今まで韓国で泊った中でも最大級の広さで、なんか間が抜けた感じまでしてしまいました。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年10月30日 (木)

2008年10月30日 本日休診

090  休みですが雑用が沢山、韓国語だと「雑務」ですね。 それと、午後から研修会、そしてその後には懇親会。来週の韓国出張の際のお土産の準備もあります。まずは銀行の用事からスタート、そしてスーパー銭湯行って、、と、あれこれメモして出かけます。

 ここのところずっと天気が悪かったのですが、今は珍しく晴れ。でも買い物があったりで車での出勤です。写真はソウル南部市外バスターミナル内の看板。東京などでは復活したというバーガーキング。直火で焼くというワッパー、ちょっと高いけど美味しいんですよね。私にとってはソウルで食べるものになっていますが、皆様、見かけたら試してみてください。さて、出かけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記216 西山町西谷神社と白山神社

116 117 118 119

 私の家系、絶対ではありませんが神社の系統なんです。まぁ今の時代、家系がなんて言うと敬遠されそうですが神様が守ってくれていると信じていたほうが、いいですよね。

 自転車で走っている時もお宮があればヘルメットを被ったままであっても軽く会釈しますし、虫のよいお願いを心の中でしたりもします。この秋初めに訪問してみた刈羽村、西山町、昨年の地震で無事だった神社もあれば、手早く修復された感のある神社、修復中の神社、いくつもお参りしました。中には倒壊して片づけただけのところもありました。 たまたまこのサイクリングの直後、新潟日報の夕刊だったか、家の修復に手いっぱいで村の社の修復にはまだ手が回らないというニュースが掲載されていました。ちょうど行ってきたばかりだったので、なおさらその記事、親身に感じて読んだのでした。

 1,2枚目は西谷神社、3,4枚目はそのすぐ向かいにある白山神社です。刈羽貝塚の訪問の時のものですが、小高い山の上のお宮、ひどく壊れてしまっていて心が痛んだものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1880 貨物線のあった街・ホンデイプク(弘益大入口)のあたり

641 661 065

 「ヨンナムスンデクッ専門」へ行く途中の風景です。ずっとまえに貨物列車の写真をアップしましたが新村の南からこの弘大イプクのあたり、昔は龍山から続く貨物線がありました。今はもうなくなってしまい、地図にはその名残の直線的な空白が絵ががれているだけです。 私が知っている90年代後半でもめったに列車は通らない線でしたので、通学の中学生だの、線路を通っていました。今はどうなっているのか?ちょっと訪問してみたい貨物線跡です。

 3枚目はその貨物線のめったに降りない踏切を越えたあたり。目的のスンデクッk専門店、こんな角にある店です。朝はやっていないアバイスンデ、食べてみたいなぁ。

 一度アップしてから肝心の1枚目を追加しました。タイトルもちょっと変更。懐かしい写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月29日 (水)

普通の韓国を探して1879 慶尚北道浦項市・竹島市場前

Newdica6_020  ポハンの写真です。前にアップしていたらごめんなさい。

 念願だった韓半島(朝鮮半島といわず、韓国では韓半島と言います)東海岸のバスでの縦断のために浦項へ行くことにしました。ところが金浦空港へ行ったらば浦項行き(2度目でした。前は安康の玉山書院訪問)の飛行機が欠航。がっくりきましたが諦めずにウルサン行きに変更して鯨と現代(ヒョンデ)の街ウルサン経由で鉄の街ポハンへ市外バスで行きました。

 ここからは前にも似たようなことを書いたけど、ターミナルそばのモテル街に宿を決め、軽装でタクシーに乗り市内中心部の竹島市場(チュクドシジャン)へ行ったのです。これは車を降りた直後かな?右手にかなり大きな竹島市場。通りの左手は前に夜の写真をアップした宝石貴金属の店がならぶあたりです。市場を一通り見た後、この大通りの左手の美容室でカットしてもらい、また市場に戻って鯨肉盛り合わせで夕食。その後駅のほうへ行き、バーで一杯やって、マスターからDVDをもらい(何でくれたんでしょう?流暢に韓国語を話す日本人が珍しくて気に入ってくれたのかも?)、新しい繁華街を見て、タクシーでモテルへ戻りました。

 翌朝はヨンドクまでバスで、朝飯、またバスに乗って原発の町ウルジン経由サムチョク、乗り換えて東海(墨湖)、ムグンファでまた内陸部へ戻り、夜に泊まったのは原州、そんな駆け足の旅行のときの写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記215 富山市ポタリング

Newdica6_316 Newdica6_313 Newdica6_314 Newdica6_315 Newdica6_317

 富山市の写真です。何年か前、大和デパートの新しい店がまだ工事中だった時期、駅前のレンタサイクルを借り、走ってみました。特に目的地も無く市内をぐるぐる走っただけなのですがこの富山市、松本市とかと同じように扇状地にできた街ですので、南の山のほうに向かって全部の道が緩やかに上っています。走っていると知らないうちに少しずつ高い場所へ、そんな感じ。 これは帰りに駅のほうへ戻るときになって気づいたことです。

 日ごろ坂のない新潟に住んでいると坂道は大の苦手。でも、緩やかに、気づかないくらいの坂だと案外上れるのです。なんだか得をした気分になる道でした。

 扇状地の町、特に背景に高い山、雪の多い山を抱えた富山市、湧き水も豊富なようです。古い街角に泉があったり、きれいな水の流れる小さな川がけっこうな速さで流れていたり。新潟とは全然違う方言にちょっとの違和感を感じますが、案外好きな街の一つです。富山の普通の街角の写真でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1878 結婚披露宴・団体歓迎

Olddeca9_049  釜山駅前、広場右手へ入ったあたりの建物の地下の食堂の看板です。ちょっと前の写真なので全体に安めの値段が出ていますね。韓国語学習者の方は読んでみてください。

 面白いなと思うのはタイトルの「結婚披露宴」。上の黄色地の部分に書いてある文句ですが、韓国の結婚式、割合オープンでフランクで、誰でも気軽に参加できる感じ。礼式場というかブッペレストランの式場だったり、皆でがやがやバイキングで騒ぐ、そんなです。

 数年前に高級ホテルでの挙式ができるようになったのでお金持ちの場合、特1級ホテルだのでやるケースも増えているのかもしれません。そこでも大人数でがやがや立食なのか?それとも日本式に席指定なのかはちょっとわかりません。次回ちょっと李準圭先生に聞いてみますね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月28日 (火)

すばらしい韓国の食事408 清涼里駅前・北京飯店のセウポックムパプ

581  いろんなものを食べたいと思っても、美味しいメニュー、美味しい店はついついリピートしてしまいます。

 清涼里駅前、橋上駅の階段下から40mほどの距離にある雑居ビルの1F、북경반점(たぶん北京飯店)のチャジャンが絶品であること、単独メニューでは最も高いこのエビチャーハンもかなりいけること、、また空港へ行く前の食事に行ってしまいました。サービスで出てくるチャジャンのソースをかけてもよし、ちゃんぽんクンムルも出てくるし、けっこう量もしっかり、エビもしっかりで6000W、嬉しい韓式中華のお昼になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記214 西山町椎谷・香取神社

070 711 072

 今は町村合併で柏崎市になっていますが、西山町椎谷、昭和初期だか大正だか、その頃までかなり大きな馬市の立つ場所だったとのことです。刈羽観音埼のそばの観音堂が有名ですが、そのすぐ手前、やはり山の中腹にある香取神社の前のいろんな石像、石塔です。地震の名残か、石灯籠が下に置かれているのもありましたが、それぞれ趣のあるものばかり。こういうのを見ているだけで幸福になれます。昔の人も同じ気持ちなのだろうなと感じます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1877 清涼里ロータリー

2008_0716200807160011 2008_0716200807160012

 今日は忙しいので簡単に。本当にふつ~のソウルの街、清涼里です。駅の工事はずっとずっとやっています。駅前のバス換乗(乗り換え)センターは見事。ちょっと裏手に入れば市場の通り。東北方面への列車の発着駅ということで上野駅にたとえた本が多いですがちょっと違うかな?? 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年10月27日 (月)

すばらしい韓国の食事407 どこでも美味しいチャジャンミョン・南部ターミナル

771 091

 新潟発のソウル行き、KE764便は9時半ごろ出てインチョンに12時前に到着。この間、10時過ぎに機内食の軽食が出ます。

 ソウルでの最初の食事をどこで、何を食べるかってのは私にとって大事なことなのですが、インチョンでとることはまずありません。これは、帰りにどうしても空港で最後の食事をすることになるからです。ソウル市内へ行って、さて、どこで?となりますが、重たいカバンを抱えての移動、どうしても簡単に済ませてしまう傾向があります。

 今回はソチョ洞の南部市外バスターミナルの一番奥の粉食の店でのチャジャン麺。3500Wくらいだったかな?そこで麺を打つのではなく、日本のラーメン店のように前もって茹でてあった麺を温めて、そこにチャジャンのソースをかけるのですが、案外美味しかったです。ただ、出来合いの業務用のソースなのか、具がちょっと寂しい感じ。やはりできれば中華の小さい店ででも食べた方がよかったかな?ということろです。

 写真2枚目の左側がその軽食の店。私同様、ちゃんとした店のが美味しいだろうな、なんて思いながらのお客さんも多いと思いますが遅めのお昼時、けっこう賑わっていました。 食べてから気づいたのですが右側の広告というか看板、2階に「自律食堂」というのがあるみたい?자율식당てのは初めて見た言葉、この後行ってみました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記213 新潟県には珍しい?・道祖神

060 061

 刈羽村、西山町輪行のときの写真です。長峰という集落、地図に歩行者用のトンネルが出ています。石仏、石碑の他にトンネルも好きな私、ちょっと寄り道をしてみたのです。

 1枚目、長峰諏訪神社、昨年の地震の名残か石段がちょっと壊れたままでした。その下のあたりにあったのが2枚目、たぶんこれ、道祖神というやつですよね。長野県が有名ですが、新潟県ではあまり見かけないように思います。割合新しい時期のもののようですが、こういう石の素朴な像、ここ1,2年、大好きになりました。けっこうお金もかかるであろうに、、造った人の気持ち、とてもうれしく思います。物質的には豊かになった今ですが、そういう気持ちは私を含め薄れてしまっているような気もします。

 そのうち、石を彫るなんてのもやってみると面白いかもしれません。趣味のノートには、メモしてあります。ある程度はプロの石屋さんに準備してもらわないといけないでしょうね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1876 韓国の趣味?!

148  昨日は新潟市内で開かれた韓国関係の座談会に出かけて行きました。昼から雨の予報で、自転車で行くか?迷ったのですが結局バスで古町、それから母校新潟大へ行き、また古町へもどって食事の後、西大畑のほうの砂丘館という、元日銀新潟支店長の宿舎だった立派な日本建築を利用した会館へ。 3年ほどソウルに仕事で駐在された小川裕司さんという方のお話を聞きました。 その中で韓国人のブランド指向についても触れられていたのですが、ブランドを示すタグがコートの後ろにあったり、スーツの上着の袖口にあったりが面白いと言っておられました。確かに、どうしてあんなのあそこに付いているの?という服、特に厚着する冬などに目立ちます。 包み隠さない韓国人の気持ちの表れかなぁ?って感じます。

 今回の写真は高速道路の休憩所の露天商の商品で、帽子ですが、こういうの、誰が被るのだろう?って思います。アメリカ風??それとも、、、なんか映画の中のマッチョな大型トレーラーのドライバーがかぶっていそうな派手というか、、ごついというか?とにかく、誰がこれを?と思うような帽子を堂々と売っているのにはちょっとびっくりです。個人的には映画「チョンチャビ」、パクジュンフンが銃を手に入れて急に強気になって、というコメディに出てくるおっかなそうな運転技士さんを思い出してしまいました。知っている人、いるかな??

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008年10月26日 (日)

とうちゃんの自転車日記212 本町14番町・入船地蔵尊

2008_102282020041 2008_102282020040 2008_102282020039

 本町通14番町の突き当たりに入船地蔵尊というけっこう立派なお堂があります。この前のあたり、14番町は昔の新潟遊郭があったという場所。名残のある建物はほとんど残っていませんが、男子として、華やかだった当時を見てみたい気持ちは正直あります。

 1枚目はその地蔵尊の全景、2枚目はゆるやかな坂になった14番町を門の前から見た風景。3番目は境内のお地蔵さまです。 江戸期、明治大正昭和期の遊郭のあった町を訪ねるHP,ブログはけっこうあります。そんなのを見ると店の店主だけでなく、女性がお金を寄進しての名残=石の柱に刻まれた名前とか、そういうのが残っている例があるようですが、ここではありませんでした。何度かここでも紹介してる下本町の市場のちょっと先が、この14番町です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して1875 浦項市外バスターミナル・技士さんたち

Newdica6_001  大き目の都市の市外バスターミナル、お客さんでも賑わいますし、バス会社の技士さんたちが顔を合わせる場でもあります。同じ会社の仲間はたくさん、でも、仕事中は一人ぼっち。ですので日本同様、運転技士さんどうし、走行中の対向車線の同僚のバスへの挨拶はしっかりやります。 時には大きく手を振ったり、やりすぎのこともあったりね。

 で、写真ですが、ターミナルでの同僚、もしくは他社でも知り合いの運転技士さんとのお喋りの様子です。気楽な時間でもあるせいか、なんだか楽しそうです。時には蹴飛ばす真似をしてふざけあったり。映画なんかでもありましたが、肩をぶつけ合ってふざけたり。韓国人、大人の男でも案外お茶目だなぁと感じる風景を見ることができます。 

 地方をバスで旅行したことがある方、「ターミナルでの休憩時間、もしくは時間調整中に楽しく『ふざけあう』バス運転技士さんたちの様子」、見たことある方、おられるでしょう???

 今日は休みの日曜です。天候は弱い冬型なのかお昼から雨とのこと。ちょっと市内へ出かける予定ですが、自転車か?それともバスか?? 最近、路線バスの各停留所の時間もネットでわかるのですね。乗り合いバスで出かけるのも一種の「非日常」でもあり、楽しいもんです。皆様、よい週末をお過ごしください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年10月19日 - 2008年10月25日 | トップページ | 2008年11月2日 - 2008年11月8日 »