« とうちゃんの自転車日記253 2009年元旦初詣5 | トップページ | とうちゃんの自転車日記254 2009年元旦初詣6 »

2009年1月 5日 (月)

普通の韓国を探して2002 신림10동・ 밤골

241_2 242 244 253

 何年か前の冬山歩きの時に下山してきた場所、新林10洞です。国際山荘アパート入口から直接下る道もあるようですが、前に降りてきた薬水ト(ヤクスの泉)の入口も見たかったので大きなバス道路호암길に沿って下って行きました。林の間に谷間の町、遠くには奉天洞でしょうか?大アパート群が見える道。冬のソウル南部の山です。

|

« とうちゃんの自転車日記253 2009年元旦初詣5 | トップページ | とうちゃんの自転車日記254 2009年元旦初詣6 »

コメント

新年おめでとうございます。懐かしい写真、いつも有難うございます。
88年春ソウル大友人が住む신림9동の下宿に十日間ほど滞在した折に、裏山?のトルサンに登ったのを思い出しました。今でこそ綺麗な町並みになりましたが、アノ当時は趣のある家が多く有りました。
ちょうど木蓮やケナリ(レンギョウ)桜の時期でしたので、楽しい思い出です。

投稿: Kelly | 2009年1月 5日 (月) 20時27分

おめでとうございます コメントありがとうございます

 88年のソウル、前にも申しあげたと思いますがとてもうらやましく感じます。普通の韓国について語るとき、東京よりも新しい部分もあれば私が子供だった頃に見たような風景も残っている、と言っています。決して깔보는考えではなく、純粋に懐かしい気持ちで韓国の全部を愛しています。
 
 東京もけっこう坂があると言えばありますが、すべては河岸段丘由来のもの、ソウルは、はっきりした山が市内の各所にあります。それが、ソウルの良さの原点の一つなのではと考えています。

 古いソウルの写真、ここでも紹介してるキムギチャン先生、D.ハミルトンさん、そして日本が誇る荒木のぶよしさんの写真集がいくつか出ています。他にも、ソウルへ行く度に大きな本屋で昔のソウル、韓国に関する写真集を探しています。私自身の旅行も、そんな写真家に負けないように、と微力ではありますが、考えています。また見に来てください。

投稿: とうちゃん | 2009年1月 6日 (火) 08時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43644280

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2002 신림10동・ 밤골:

« とうちゃんの自転車日記253 2009年元旦初詣5 | トップページ | とうちゃんの自転車日記254 2009年元旦初詣6 »