« 普通の韓国を探して2020 加平駅・清涼里行き無窮花号 | トップページ | すばらしい韓国の食事430 大韓航空新潟線KE763便の機内食 »

2009年1月17日 (土)

普通の韓国を探して2021 平澤駅・古い作業車

233  最近は温陽温泉の次の駅くらい、長項線まで電鉄が伸びたと聞いています。前回の訪韓はその直前だったようで、天安から先の駅もすでに新しくなっていました。天安、平澤、そんなとこからの帰り、急ぐ旅でなければ電鉄でごとごとソウルへというのも趣があるもんです。大抵は座れますしね。それに安いです。

 これは平澤駅、古い作業用の車両が置かれていました。窓が小さいのは日本でもそうでしたが大きなガラスが貴重だった時代の古い車両です。田舎の民家でも、また小学校の木造校舎でも昔の、昭和前半までの建築は窓が小さめ、そういう特徴があると思います。 たぶん昔のピドゥルギ号か統一号に使われていた客車だと思います。90年代、といっても後半までしか知りませんが、朝晩の統一号列車、通学の高校生が鈴なりにデッキからあふれるように乗っていた様子が懐かしいです。日本同様、乗降口は手で開けるドアでしたから夏などは開いたままで走っている姿も見かけられましたから。

|

« 普通の韓国を探して2020 加平駅・清涼里行き無窮花号 | トップページ | すばらしい韓国の食事430 大韓航空新潟線KE763便の機内食 »

コメント

戦前の日本製の軽量客車ですね

投稿: 名無し | 2018年2月14日 (水) 04時09分

コメントありがとうございます。鉄道にお詳しい方よりの情報、感謝します。

本分にもありますように、日本でも80年代まで見られた手で開けるドアの旧型客車が90年代後半、統一号、ピドゥルギ号で使われていました。
本文の開け放したまま走っていた通学列車の客車もそんな車両。記憶が定かでないのですが、3軸X2のボギー車だったような気もします。
どんどん線路の付け替えをしてしまう韓国の鉄道。汽車旅の情緒がどんどん失われて行ったのがちょっと残念です。

投稿: おとう | 2018年2月14日 (水) 08時35分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43763376

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2021 平澤駅・古い作業車:

« 普通の韓国を探して2020 加平駅・清涼里行き無窮花号 | トップページ | すばらしい韓国の食事430 大韓航空新潟線KE763便の機内食 »