« とうちゃんの自転車日記264 2009年元旦初詣16 | トップページ | 普通の韓国を探して2009 京釜電鉄線華西駅・アパート建設中 »

2009年1月10日 (土)

普通の韓国を探して2008 新林10洞・パムゴル

245 246 247 248

 大きなタルトンネがあったことで有名な蘭谷(ナンゴク)の隣の谷であるパムゴル(栗の谷)です。蘭谷との間の尾根の上にはアパート群がありますがその隣、冠岳山の支峰である将軍峰からの小さな沢に沿った谷です。少しだけ、昔のままの家々が残っています。ソウルと南の郊外を隔てる峠道の道路はかなりの急坂にもかかわらず片側2車線の道でバスや車の往来が頻繁。前に来たときには渡るのに苦労しましたが横断歩道ができていました。4枚目の人が信号を待っているところが沢の入口です。この奥に薬水の泉があります。この人たちは登山客かな?近郊に手頃な山が多いソウル、平日でも登山を楽しむ人はたくさん見られます。

 新しい地図を見るとここらへんを含め新林10洞でも再開発の計画線が引かれています。古いソウルの町、キムギチャン先生ではないですがちょっとだけ記録している私です。

|

« とうちゃんの自転車日記264 2009年元旦初詣16 | トップページ | 普通の韓国を探して2009 京釜電鉄線華西駅・アパート建設中 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43695499

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2008 新林10洞・パムゴル:

« とうちゃんの自転車日記264 2009年元旦初詣16 | トップページ | 普通の韓国を探して2009 京釜電鉄線華西駅・アパート建設中 »