« 普通の韓国を探して2031 「2025」の写真の犬・1ヶ月後 | トップページ | 普通の韓国を探して2033 夜明け・牙山市外バスターミナル »

2009年1月27日 (火)

普通の韓国を探して2032 강원도화천・산천어축제

105 106 107 108 109 121

かなり前の韓国語ジャーナルの付録CDで韓国人の観光ガイドさんが言っていたのですが、旅行先でその土地のお祭りにぶつかるととても楽しいという話がありました。 主に平日、また、観光シーズンは避ける傾向がある私ですので今までそういう経験は訪韓回数の割に無かったのですが、江原道華川郡華川で、「山川魚祝祭」に遭遇しました。

 宿を出て、街を歩いてから夕食というつもりで出発したら、町のあちこちに鱒の格好の提灯というか照明があります。また道路のイルミネーションも。ぶらぶらそんな方向に歩いて行くと川の土手のような7~8mの高さの盛り土、そしてその下には日本でいえば屋台村?韓国式だとやはり幌張馬車村でしょうか?ビニルテントで囲まれた露店の食堂が多数現れました。階段を上ると広い氷の平地、巨大なスケートリンクのようです。しかし後で聞くと、これ、北漢江の凍った川で、土手はやはり漢江の土手なのです。当たり前ですが、遥か彼方まで平らな氷の平原、凍った北漢江の川の上でのお祭りです。昼間はわかさぎ釣り大会もあるみたい。また雪まつりならぬ氷祭りの氷の像もあります。山川魚とはマスのこと、このファチョンではそう呼ぶそうです。すでに夜でしたので人は少なめでしたが、一緒に私も見物しました。

 しかし凍った大きな川の上、氷の上でのお祭り、何だか不思議な感じです。

 追記です。山川魚、別の韓国に詳しい方のHP掲示板で教えてもらいましたが、日本でいえばヤマメだそうです。そういえばパーマークがありますね。後で水槽の写真をアップしますが、確かにあまり大きくないな、鱒にしては、と感じたのでした。「パイラン」というHP、検索ですぐに出ますのでご参照ください。

|

« 普通の韓国を探して2031 「2025」の写真の犬・1ヶ月後 | トップページ | 普通の韓国を探して2033 夜明け・牙山市外バスターミナル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43869662

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2032 강원도화천・산천어축제:

« 普通の韓国を探して2031 「2025」の写真の犬・1ヶ月後 | トップページ | 普通の韓国を探して2033 夜明け・牙山市外バスターミナル »