« 普通の韓国を探して2029 神様がくれたチャンス | トップページ | 普通の韓国を探して2031 「2025」の写真の犬・1ヶ月後 »

2009年1月26日 (月)

普通の韓国を探して2030 江原道華川バスターミナル脇・ヨンナム荘旅館

089 157 159 155 156 160

 韓国、ちょっと慣れてしまえば安く、気楽に地方へ旅行ができます。どこへ行ってもターミナル周囲には旅館やモテルがあり、何かのお祭りとか海水浴シーズンとかでなければまず泊れます。

 これは江原道のファチョンという山の中の町のターミナルの脇にあるヨンナム荘旅館の一室です。ターミナルに着いて、周囲を見回し、新しげできれいな旅館を探すのが最初の行動です。宿を確保、部屋に大きなカバンを置いてデイパック一つで街を歩きます。

 しかしこの旅館、娘さんと思われる若い女性が帳場にいましたが値段を聞くと30000W。まぁ、相場ですが、1人ですか?と聞かれての値段でした。大抵は部屋毎の値段で人数によって違うことはないのですが、6枚目に見える張り紙、人数によって宿泊料がちがうみたいです。翌日、バスの運転技士さんに教えてもらったのですがこの辺は軍隊が多い地域、需要が多いので旅館やモテルの値段が高いのだそうです。1~5枚目は部屋の写真ですが、30000Wで地方、広いかと思ったらかなり狭い部屋でした。ソウルよりもずっと北の寒い場所ですので二重窓もがっしりしています。4,5枚目はいかにもケンチャナヨ。床の施工と壁の施工、なんでだかわかりませんがちょっといい加減すぎるとも言えますが一夜の宿、暖かく静かに眠れてテレビが映ればオーケーです。ちなみに浴室もシャワーのみ、ちょっと寒い浴室でした。

 宿に荷物を置き、ターミナルでバスの時間を確認、町を見物してどこかで夕食、鍵を預けて外出しました。

 追加です。6枚目は翌朝の6時半ころ、出発の時のものです。大抵は荘やモテルは家族経営ですので、料金は前払い。翌朝早い時間に出るときには帳場は閉まっていますので、鍵はこんなふうにフロント前に置いて出るのが決まりです。

 また、食事などで外出する時は鍵は預けます。ただ、遅い時間にコンビニへ行く時など「焼酎1本買ってくるだけだから、持って出てもいいでしょう?」なんて聞くと、「クニャンカジョガセヨ(そのままお持ちください)」、もしくは「クニャンカッタオセヨ(そのまま行っていらっしゃい)」なんて言ってくれます。

|

« 普通の韓国を探して2029 神様がくれたチャンス | トップページ | 普通の韓国を探して2031 「2025」の写真の犬・1ヶ月後 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43859614

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2030 江原道華川バスターミナル脇・ヨンナム荘旅館:

« 普通の韓国を探して2029 神様がくれたチャンス | トップページ | 普通の韓国を探して2031 「2025」の写真の犬・1ヶ月後 »