« 普通の韓国を探して2012 江南・三成洞の伽耶ホテルとキムパプ天国 | トップページ | すばらしい韓国の食事428 平澤・市場の「眞味食堂」でスンデクッの朝食 »

2009年1月13日 (火)

普通の韓国を探して2013 温陽温泉・按摩施術所と幌張馬車(ポジャンマチャ)

150 148

 冬の初めのアサン市温陽温泉の夜の写真です。駅からちょっと歩けば大きな高級ホテルもあります。地方都市ですので15万Wくらいで泊れそうですが、一人旅の一人寝の宿、大きく立派な部屋である必要はありません。その分、高い写真集を買ったり、ごちそうを食べたりに使います。というわけで小さなモテルっぽいところに宿を決めて歩きだします。

 フロントでこのへん一番の繁華街、そして食堂とかの多い「モクチャコルモク(食べよう通り)」を尋ねましたが、古くからの繁華街はこの駅前のあたりのよう。まずは賑やかな通りを歩いてみます。宿からすぐの場所に1枚目、按摩施術所がありました。風呂、サウナがあり、個室で按摩を受け、希望する人にはさらなるサービスもあるという場所です。旅館でも沐浴湯を併設したところが多い韓国、建物の形としては似ているのでしょう。

 2枚目はさらに東へ歩いた場所。公園か学校の塀にそっていくつものポジャンマチャが集まっています。まだ時間が早めのためかお客さんは少なめでした。テントに店の名前を大きく書いていますがほとんどが素人が自分で書いたような感じ。 韓国中歩いて「韓国におけるポジャンマチャの店名に関する研究」をまとめるのも面白いかもしれません。だんだん法律が厳しくなり減少傾向にあるのですからやるなら今ですね。

|

« 普通の韓国を探して2012 江南・三成洞の伽耶ホテルとキムパプ天国 | トップページ | すばらしい韓国の食事428 平澤・市場の「眞味食堂」でスンデクッの朝食 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43725504

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2013 温陽温泉・按摩施術所と幌張馬車(ポジャンマチャ):

« 普通の韓国を探して2012 江南・三成洞の伽耶ホテルとキムパプ天国 | トップページ | すばらしい韓国の食事428 平澤・市場の「眞味食堂」でスンデクッの朝食 »