« 普通の韓国を探して2022 新林10洞 パムゴル | トップページ | とうちゃんの自転車日記266 新潟の冬・夜明け »

2009年1月18日 (日)

普通の韓国を探して2023 清涼里駅前・久々に韓国の犬

582  犬です。 日本でも在来種の芝などは血統書付といってもなんだか「本当?」と思いたくなるいろんなバリエーションもあります。韓国も有名な珍島犬、現地で探せば、まぁ、本物なのでしょうが、元が在来種ですので、いろんなバリエーションもあると思われます。日本犬みたいなのを見つけたら、まず広義の珍島犬だと思って話しかけた方がいいでしょう。

 日本だと、犬にはイカタコはだめ、タマネギなど匂いのある野菜もだめ、いろいろ本にあったりしますが韓国の残飯をもらってる犬たちはニンニク、どうなんでしょう?避けて食べるわけにいかないように思えます。もちろん、室内犬とかは固形飼料で飼われているのがおおいでしょうが、、 その辺、長生きするのが幸福なのか?元気に生きてころっといくのが幸福なのか?そんな話にも発展しそうです。韓国の人にもあてはまる話かもしれません。テンジャンチゲかけご飯、美味しいでしょうねぇ。

|

« 普通の韓国を探して2022 新林10洞 パムゴル | トップページ | とうちゃんの自転車日記266 新潟の冬・夜明け »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/43773147

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2023 清涼里駅前・久々に韓国の犬:

« 普通の韓国を探して2022 新林10洞 パムゴル | トップページ | とうちゃんの自転車日記266 新潟の冬・夜明け »