« 普通の韓国を探して2064 旧正をひかえて・京東市場 | トップページ | とうちゃんの自転車日記277 6時のフェリーで佐渡へ・いよいよ両津湾へ »

2009年2月21日 (土)

普通の韓国を探して2065 間諜申告「111」番

309 322

 1枚目は地下鉄の車両の中、2枚目は空港リムジンバスです。後者は「余ったので日よけに」という感じではありますが、間諜申告の奨励の広告です。大当たりの場合、最大1億Wの賞金がもらえます。「怪しい人を見つけたら申告、それが国への愛です。」なんてポスターを見たこともあります。

 ガイドブックにはちゃんと出ていると思いますが、空港、港、駅、鉄道、地下鉄、政府の中枢機関、そして軍、そんな重要施設の写真、また、トンネルやダムなどの写真も韓国では撮影禁止です。

 空港だの駅だの、特に考えもせずに写真を撮ったりしている日本人観光客は多いと思いますが、カメラを見せろと言われてそんな写真があった場合には厳格に法に従えば逮捕され、取り調べを受けることになります。予定の飛行機で帰国できなくなる可能性も充分ありますし、韓国語ができない場合は日本大使館、身元の調査なんかで日本の警察とかの世話になることになるかもしれません。

 警察、軍、そして昔日本でKCIAとか言っていた機関である現「国家情報院」,それほど暇ではないでしょうから、観光客が仁川空港で写真を撮影→即逮捕という例はまず無いとは思いますが、見つかって指摘されたら捕まる可能性がある、日本に帰れなくなる、ということは頭に置いておく必要があります。 韓国が好きならば、協力しないといけません。

|

« 普通の韓国を探して2064 旧正をひかえて・京東市場 | トップページ | とうちゃんの自転車日記277 6時のフェリーで佐渡へ・いよいよ両津湾へ »

コメント

駅で30分ぐらいとどまって、列車の写真を撮っていたときのこと、さすがに怪しく思われたか、駅員さんが近づいてきて、なんとか逃げた思い出があります。
まあ、制度自体は知っていましたし、空港や危なそうな場所では、自制しますけどね。まさか今時駅でとは...
もっとも、日本の駅(通勤時間帯)に、貨物列車の写真を撮っていたりすると、相当ヘンな眼でみられます。

投稿: muramura | 2009年2月21日 (土) 14時28分

私が韓国出張に行ってた20年以上前、88ソウルオリンピック、韓国では初の民主的な大統領選挙の頃ですが、TVでも間諜申告について、日に何度も流れてましたね。

私の出張先は慶北栄州市でしたが、入国カードに記載した滞在先を頼りに、警察が尋ねてきたこともあります。
もらった名詞には「對共課」って書かれてたんで、北朝鮮のスパイでないことを確認しに来たのかも、なんて思ったもんです。
もっとも、スパイかもしれん相手に、「對共課」なんて書かれた名刺渡すか? とも思いますが。

提川から栄州へバスで移動したときも、峠でバスが止められて、銃を担いだ兵士が乗ってきて、乗客の身分証明か何かを確認してましたね。

その頃のことを思い出すと、今はちょっと緩くなりすぎてないか、ってな気もします。

投稿: モハ52形 | 2009年2月21日 (土) 23時23分

コメントありがとうございます

 日本が特別自由なのかもしれませんね。鉄道趣味者の割合も世界一高いかも?それだけ豊かというか、のんびりした国なんですよね。スパイ天国というのも当たっているかもしれません。

 同じ民族の2つの国が接してて今も休戦状態という韓国、やはり間諜(スパイ)には敏感なのでしょう。全国どこへ行っても間諜申告奨励の張り紙はあります。北に近い地域では検問所もありますし、いまだにバスなどへの立ち入りの検問もあります。軍・警察・情報機関、それぞれ警戒は続いていることと思います。入国カードの滞在先にいないことが多い私なども要注意かもしれませんね。

投稿: とうちゃん | 2009年2月22日 (日) 06時35分

私も1度だけバスの検問を受けたことがありましたが、前年まで行っていた
フィリピンでは共産ゲリラ(NPA)と戦っていた時期でもあり、バスで
田舎に行く途中のチェックポイントで、男の乗客は全員降ろされて、IDと
ボディーチェックを受けた経験が何度もあったので、さほど嫌な思いは
しませんでした。
むしろ韓国国軍の若い兵士の顔つきが同じなので、ほっとする感じで他の乗客同様
リラックスして検査を受けられました。88年頃だったとおもいます。
でも、目の前に実弾の詰まった本物のM16を担いだ兵士達が、こちらを睨み付けて
ボディーチェックされるのって、気分悪いですよね。

投稿: kelly | 2009年2月22日 (日) 20時25分

コメントありがとうございます

 若い韓国軍人の顔、いいですね。私もそう感じます。いじめもあるという軍隊生活ですが、しっかりした規律のもと、同じ目的のために働く仲間意識もありそうん。何度か若い兵隊さんと話したことがありますが、偉いなと感じます。銃を向けられたら、別かもしれませんが、頼もしいというふうに思います。

 また、尉官、佐官の職業軍人の方ともけっこう話す機会を持ったことがありますが、皆しっかりした信念をお持ちの尊敬できる方たちでした。みなすごく職務に真面目です。

投稿: とうちゃん | 2009年2月23日 (月) 07時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/44127262

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2065 間諜申告「111」番:

« 普通の韓国を探して2064 旧正をひかえて・京東市場 | トップページ | とうちゃんの自転車日記277 6時のフェリーで佐渡へ・いよいよ両津湾へ »