« とうちゃんの自転車日記285 笹川流れ・日本海からの贈り物 | トップページ | 普通の韓国を探して2078 京東市場・スケソウダラの店 »

2009年3月 2日 (月)

普通の韓国を探して2077 牙山市温陽温泉の繁華街

140 151 070

 やはり韓国の自由旅行、ハングルが読めないと面白くありません。というか、行動が制限されてしまいます。かといって誰か知人の尻にくっついてというのもそれなりに面白いのでしょうが、自由に歩いて自由に食うにはやはり韓国語は必要です。

 1,2枚目は駅前向かって右手方向に広がる歓楽街(ただし新しく駅裏にできた地区の方が大きい)、3枚目は駅から左手の市場なども混ざった普通の商店街です。さて、どんな業種があるでしょう?

 いろんな看板がありますが、看板を読むのがハングル学習の第一歩。皆さん練習してください。 そうそう!一つアドバイス。3文字で辞書に出てこない言葉があれば、まず人命を疑ってください。それと新聞、「金某氏」とか「某」がけっこう出てきます。さて、この「モ」というのは何だろう?って、最初の頃はわかりませんでした。案外堅い漢字語が残っている韓国です。

|

« とうちゃんの自転車日記285 笹川流れ・日本海からの贈り物 | トップページ | 普通の韓国を探して2078 京東市場・スケソウダラの店 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/44219356

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2077 牙山市温陽温泉の繁華街:

« とうちゃんの自転車日記285 笹川流れ・日本海からの贈り物 | トップページ | 普通の韓国を探して2078 京東市場・スケソウダラの店 »