« 普通の韓国を探して2110 格浦市外バスターミナル・ビョンサン半島 | トップページ | 普通の韓国を探して2112 在庫一掃セール・さて、どこでしょう? »

2009年3月28日 (土)

普通の韓国を探して2111 京春線の朝の汽車・加平駅まで

2008_1227ixus82040228 2008_1227ixus82040230 2008_1227ixus82040231

 2番列車だったでしょうか?清涼里を暗い時間に発った昨年晩秋の出張のときの写真です。

 何度かここでも書いているように、日本人にとっては旅行の楽しみの大事な要素だと思われる「目的地までの車窓風景」は、韓国人にはあまり意味がなく、特に日常的な汽車や電車での移動の際には「乗物で座ったら寝る」というのが一般的です。朝早い時間の汽車とくれば90%くらいが寝ている、と言っても大げさではありません。

 2、3枚目は到着した加平駅。列車は南春川までもうひとがんばり。ディーゼルエンジンの轟音を上げながら出発です。駅舎へ急ぐ人の姿、汽車やバスでは眠れない私から見るとうらやましいくらいに普通。うとうと眠りでも、できたらば、どんなにいいかな?って思います。

 家の機械、だいぶ前に縮小して準備してあった写真です。

|

« 普通の韓国を探して2110 格浦市外バスターミナル・ビョンサン半島 | トップページ | 普通の韓国を探して2112 在庫一掃セール・さて、どこでしょう? »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/44492184

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2111 京春線の朝の汽車・加平駅まで:

« 普通の韓国を探して2110 格浦市外バスターミナル・ビョンサン半島 | トップページ | 普通の韓国を探して2112 在庫一掃セール・さて、どこでしょう? »