« 普通の韓国を探して2077 牙山市温陽温泉の繁華街 | トップページ | とうちゃんの自転車日記286 新潟市南区・旧月潟村の商店街 »

2009年3月 2日 (月)

普通の韓国を探して2078 京東市場・スケソウダラの店

255  清涼里から京東市場へ、大通りからかなり奥へ入った道の途中にあった店です。丸ごとの干したスケソウがたくさん。なんかきれいです。左手、上の方に平らな袋に入っているのは江原道名物のファンテを開いて扇形に包装したもの。高級品です。

 東海で捕れたスケソウダラを雪岳山の裏の方の北面(村の名前)とかに持って行って専用の干し台で凍ったり溶けたりさせながら乾かしたのが黄太(ファンテ)。スープにしたり、薬味をつけて焼いたり。ちょっと特有のにおいがありますが、韓国ではこれ、贈り物にしたりすることもある大事な食品の一つです。

 乾物はお土産にもいいので、京東市場、中部市場、じっくり歩いてみるのも楽しいものです。日本では考えられないような野菜の干したのも売っていますので。

|

« 普通の韓国を探して2077 牙山市温陽温泉の繁華街 | トップページ | とうちゃんの自転車日記286 新潟市南区・旧月潟村の商店街 »

コメント

こんばんは。乾物を買って帰りタラのスープや乾燥野菜でナムルや適当なおかずを作ると日本で旅行が続いているような気分になれるので私も大好きです。

変な話になりますが、韓国で買うと韓国産食材が買えるという当たり前の点がうれしくなります。日本の韓国食材店もだいぶ充実してはきましたが、どうしても中国産やアメリカ産原料が目に付く大メーカー製のものが主ですから。

韓国の市場でもずいぶんと輸入品が幅を利かせてはいますが、それでも韓国のあちこちの地名が並んだ中での品定めは本当に楽しいひとときです。

国産志向のウェルビーイングコーナーが充実したスーパーも増えていますし、そういうものはパッケージがきちんとしていて飛行機で持ち帰るには助かりますが、やはり買う楽しみという点で市場にはかないませんね。

投稿: 乗後景 | 2009年3月 2日 (月) 23時30分

 コメントありがとうございます

 ビニルポンジ(買い物袋)有料化では先輩の韓国、私のカバン、2種類の中には50Wで買ったそんな袋や、よくある家庭用サイズのごみ袋(もちろん未使用)がいくつか常に入っています。
 市場だと安くて種類も豊富だけどパッケージが簡単すぎ、ということでの準備です。野菜も検疫を受ければたいてい通りますし、帰国日の朝の市場での買物、なかなか楽しい時間です。

 ファンテポも何回も買っていますが空港だとすごく高かったりしますので、してやったり、という気分を味わえるのも市場の楽しみですね。

投稿: とうちゃん | 2009年3月 3日 (火) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/44219388

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2078 京東市場・スケソウダラの店:

« 普通の韓国を探して2077 牙山市温陽温泉の繁華街 | トップページ | とうちゃんの自転車日記286 新潟市南区・旧月潟村の商店街 »