« 普通の韓国を探して2097 韓国の先生たちにウケた言葉 | トップページ | 2009年3月16日 斡旋・軋轢・謁見 »

2009年3月16日 (月)

普通の韓国を探して2098 용두동의 낮 과 밤

342 267

韓国ではデジタル一眼レフが半ばアクセサリーのように大流行とか。実際街中でもぶら下げてる人をしばしば見かけます。 カメラ好きだった私ですが、どうも大袈裟なのと重たいのとで通常はイクシという小型のものを今は愛用中。でも、ちょっといいやつ、同じキャノンのG10とかはどうかなぁ?とか思うことがあります。やはりでも、機動性を考えると、小さい方がいいかなぁ。

 常にポケットにはデジカメ、気に入った場所があるとさっと取り出して撮影するのですが、自分の趣向、案外しっかりしているな、と感じた一件がありました。 2枚目の写真は「普通の韓国を探して2095」のものです。夜間診療なのでゆったりの今日、前のメモリーを見ながら面白そうな写真を探していたら、1枚目、見つかりました。別の日の別の時間でも、同じ場所を通った時、似たようなフレームで写真を撮っていたのです。どちらもトリミングなしで縮小した写真、龍頭洞のちょっと店が集まっている裏町の十字路で清涼里の聖パウロ病院方向の写真です。

 「普通の韓国を探して」も、だいぶ増えてきました。観光的でない、普通の韓国の写真を紹介したくて始めたブログ、当分、こんな線で行くつもりです。いつも見に来てくれる皆さん、どうもありがとうございます。これからもよろしくお願いします。

|

« 普通の韓国を探して2097 韓国の先生たちにウケた言葉 | トップページ | 2009年3月16日 斡旋・軋轢・謁見 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/44364694

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2098 용두동의 낮 과 밤:

« 普通の韓国を探して2097 韓国の先生たちにウケた言葉 | トップページ | 2009年3月16日 斡旋・軋轢・謁見 »