« とうちゃんの自転車日記318 大阪・キタのほう | トップページ | とうちゃんの自転車日記319 どこにでもいい石仏(石像)あり・旧横越町 »

2009年4月14日 (火)

普通の韓国を探して2148 群山駅と駅前総合(綜合?)市場

2009_0409ixus82060282 2009_0409ixus82060280 2009_0409ixus82060281

 全北群山、泊まったのは4回くらいですが、もう10何回も行っています。2000年以後、韓国映画ブームで倭色濃いこの群山に行く人も増えたみたいです。

 私が初めて行ったころ(97年)は本当にたくさんの古い日帝時代の建築が残っていました。今は道を広げたりするために、多くの市内中心部で古い建物が撤去されましたが、民家、商店であればまだまだ、日本家屋はたくさん残っています。

 今回の写真は映画「逆転の名手(駅前の明秀)」の舞台となった群山駅前と駅前の市場、ここも行くたびに見に行く場所です。何度かここでも紹介しているように、群山線と長項線がつながり、それぞれ新線ができたため、この旧群山駅は「群山貨物駅」と名称変更。でも、建物の感じを見ると貨物駅という機能も果たしていない感じです。後日周辺の線路の様子などもアップしますが、踏切には緑色のフェンスができ、信号も点灯されておらず、廃線同様という感じでした。

 余談ですが、韓国語の漢字語、日本より厳しいというか昔のまま忠実で、総合と綜合の区別があり、それぞれ文字も違います。この市場の名前は、今の時点では写真が小さいのでよく見えませんが後者のようです。群山のシリーズ、ご期待ください。

|

« とうちゃんの自転車日記318 大阪・キタのほう | トップページ | とうちゃんの自転車日記319 どこにでもいい石仏(石像)あり・旧横越町 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/44665141

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2148 群山駅と駅前総合(綜合?)市場:

« とうちゃんの自転車日記318 大阪・キタのほう | トップページ | とうちゃんの自転車日記319 どこにでもいい石仏(石像)あり・旧横越町 »