« 普通の韓国を探して2146 合井ロータリー、大きなビルが建つのかな? | トップページ | とうちゃんの自転車日記318 大阪・キタのほう »

2009年4月13日 (月)

普通の韓国を探して2147 スンデ、コプチャンのトラック屋台・江南にて

641  瑞草洞の大きな通り、周囲にビニールテントを張り巡らしたこんなトラックが停まっていました。韓国の軽食の屋台で一番多いタイプと思われるのがトッポッキ、ティギム、スンデ、オデン、そんなメニューをそろえた店だと思いますが、これ、コプチャンという文字が見えます。

 道を急いでいたので詳しく観察はしませんでしたが、コプチャン、たぶん生のホルモンではなく、事前に茹でて冷凍した物を野菜とかタンミョンとともにコチュジャンベースのヤンニョムで炒めたコプチャンポックム、ヤチェコプチャン、スンデポックム、そんなのを出すのだと思われます。一度アップして写真を見たら右半分の赤い文字、鉄板ポックムとありますね。

 コプチャン、黄鶴洞の何軒かの行きつけの店で韓国語を練習しながらよく食べたものです。最初の頃はお任せで野菜コプチャンポックムを食べていましたが、せっかくの新鮮なホルモン、だんだん塩焼きでそのままという食べ方を覚えました。一人で食べて、飲んでいると、けっこう包装(ポジャン=テイクアウト)で2人前だの、そんなお客さんもいました。家でのおかずにするのか?それとも、友達の家で飲むのか?そんな風に予想していました。

 この屋台はじっくり座ってコプチャンで飲んでという感じではありませんから、たぶんテイクアウト中心なのでしょう。しかしコプチャンポックム、スンデポックムの屋台とは。

 韓国、商売になるなら何でもやってしまう。そんな熱心なところ、ほぼ年中無休でもあるし、消費者側には便利でありがたい国です。

|

« 普通の韓国を探して2146 合井ロータリー、大きなビルが建つのかな? | トップページ | とうちゃんの自転車日記318 大阪・キタのほう »

コメント

たかとうさんこんばんは。
便利でありがたいというところに全く同感です。
痒いところに手が届く感覚とでも言えばいいのでしょうか。

うまい場所や時間にふっと食べたくなるものを並べて待ちぶせされるとついつい財布の紐が緩むのでしょうね(笑)

投稿: 乗後景 | 2009年4月14日 (火) 01時55分

コメントありがとうございます

 そうですね。商売熱心というか、競争が大変とも言えますが韓国の店というか商売、体当たり的な部分もありますが、消費者側にはありがたい、そう感じます。

 早朝からしっかりした美味しい食事を摂ることも可能だし、24時間営業もたくさん。町角にはいろんな軽食の屋台があり、どこでも野菜、果物が買える。日本人は働きもの、という感覚はなくなりつつあるけれど、韓国こそ働き者の国だと感じています。

 キムパプ、トーストなんかもその最たるもの、でもだんだんコンビニとかにとって代わられるのかな?なんか残念な気もしますね、そうだとすると。

投稿: とうちゃん | 2009年4月14日 (火) 07時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/44655403

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2147 スンデ、コプチャンのトラック屋台・江南にて:

« 普通の韓国を探して2146 合井ロータリー、大きなビルが建つのかな? | トップページ | とうちゃんの自転車日記318 大阪・キタのほう »