« 普通の韓国を探して2196 格浦・彩石江のイソギンチャク | トップページ | とうちゃんの自転車日記331 KHS »

2009年5月15日 (金)

普通の韓国を探して2197 747のレストラン

051  ソウルから春川へ行くバスだったので南楊州のあたりだったでしょうか?こんなドライブインというかレストランがあります。ボーイング747の機体を利用したもので、敷地の問題か片翼です。ソウルの人には有名なのかもしれませんが、相当古くなっている感じでした。

 俗語で「香港カンダ」というのがあります。「香港へ行く」という意味で、私が知っているのは「青松へ行く道」だかいう古い刑務所の生活を描いた映画の中で、どこかで隠してあった煙草を回し吸いするとき、久しぶりのニコチンの刺激でか、頭がくらくら来ていい気持ちになる状態の台詞で使われていました。「とてもいい気持ち」という意味のようです。昔は日本も韓国も海外旅行などなかなかできなかった。そんな時代にできた言葉かと思われます。

 右上にちょっと見える廃墟はつぶれたリゾート施設かなんかでしょうか。どんどんできてどんどんつぶれるのも韓国かもしれません。

|

« 普通の韓国を探して2196 格浦・彩石江のイソギンチャク | トップページ | とうちゃんの自転車日記331 KHS »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/45017385

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2197 747のレストラン:

« 普通の韓国を探して2196 格浦・彩石江のイソギンチャク | トップページ | とうちゃんの自転車日記331 KHS »