« 普通の韓国を探して2222 平澤のモテルと風俗街 | トップページ | 普通の韓国を探して2223 ちょっと考えたらわかった韓国語の話 »

2009年5月30日 (土)

とうちゃんの自転車日記340 テサロニケへの手紙ではないけれど

046 047

 基督教徒の多い韓国、食堂の壁に掲げられた額に聖書の言葉なんかが書いてあったりします。有名なテサロニケへの手紙の「いつも祈りなさい。いつも喜んで(嬉しい気持ちで)いなさい。どんな境遇でも感謝しなさい。」というのを前に紹介しましたが。不平不満を考えているよりいいに決まっています。

 今回の2枚は新潟市内ポタリングの時のもの。ちょうど私の前で踏切が下がってしまいましたが、カメラをポケットから出して列車を待ちます。1本目は羽越線の特急いなほ、2本目は新しいワンマン運用も可能な電車の普通列車です。無人駅の多い越後線へ入る列車はこれが多いのかもしれません。まぁ、特急が来たのでちょっと嬉しかった私です。

 新潟市近郊、2枚目のような新しい電車が増えてはいますがまだまだ主力は115系の近郊型電車です。2両、3両、4両、それらが併結された5,6,7両の列車もあります。この他、いなほ、北越だのの特急と古い特急の車両を使った快速くびきの号だの。やってきて一番嬉しいのはDE10の引く貨物列車、できれば青白塗装だとなおよし。土日のばんえつ物語号のC57も大当たり。古いDCの列車も好きです。今回の特急は中当たりかな?新しい電車は残念ながらハズレです。 ともかく、鉄道、大きな重たいものが走ってくるのは心がわくわくします。

|

« 普通の韓国を探して2222 平澤のモテルと風俗街 | トップページ | 普通の韓国を探して2223 ちょっと考えたらわかった韓国語の話 »

コメント

またおじゃましてます。

我が家のそばの開かずの踏切ですね。
朝、ジテ通の時に引っ掛かります。
懐かし系車両がお好みのようですね。
私と子供は貨物列車が好きで通ると大喜びです。
新しいのはあまりお好みじゃないようですが、
新津の車両工場から出て行く首都圏を走る電車
を見つけた時はさすがに圧倒されます。

投稿: ふえると | 2009年6月28日 (日) 16時12分

コメントありがとうございます

 貨物列車、いいですよね。平日の2時台に北越製紙の工場から東新潟のほうへ行く貨物列車が通るようです。DE10ですので、ゆっくりですがかなりの長さの貨車の列、私も見かけると得をしたような気分になれます。また馬越の跨線橋の上から見物するのも楽しいかもしれませんね。

 新津車両製作所製の電車、試験運転とかでしょうか?私も見たことがあります。夜中に自走で東京のほうまで行くのかな?少し前にもここに書きましたが東京の方で新津製の新しい長大な電車を見かけるとやはり嬉しくなってしまいます。

 見に来ていただきありがとうございます。

投稿: とうちゃん | 2009年6月29日 (月) 07時33分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記340 テサロニケへの手紙ではないけれど:

» 聖書の倫理 [聖書名言集]
「あなたの敵が倒れるとき、喜んではならない。彼がつまずくとき、あなたは心から楽しんではならない。主がそれを見て、御心を痛め、彼への怒りをやめられるといけないから。」 旧約聖書 箴言 24章17節 主にある者の倫理敵基準は聖書からくるのである。相手が自分の敵であっ..... [続きを読む]

受信: 2009年5月30日 (土) 13時15分

« 普通の韓国を探して2222 平澤のモテルと風俗街 | トップページ | 普通の韓国を探して2223 ちょっと考えたらわかった韓国語の話 »