« とうちゃんの自転車日記338 出雲崎・源之助作の馬頭観音を見に行った | トップページ | 普通の韓国を探して2221 清涼里夜景 »

2009年5月29日 (金)

とうちゃんの自転車日記339 甘納豆製造販売の店・新潟市中央区古町

052

 甘納豆、大人なら誰でも知ってはいる菓子ですがあまり見かけなくなりました。 昨日、自転車で走り回って帰宅した3時過ぎ、家内と近所に住む(いわゆるスープの冷めない距離)家内のお母さんが甘納豆を探してる話をしていました。

 新潟市の紫竹、うちから割合近い場所にも甘納豆の専門店、製造販売をしている店がありましたが少し前になくなってしまいました。スーパーへ行ったけど無かったとか。そこで、新潟ポタリング日記主宰(自称)、新潟路地通(自称)の私の登場です。古町に「甘納豆製造販売」の看板を掲げた古いお菓子屋があるよ、ということで、再度自転車を駆って出かけました。

 市内の自転車、しっかり回せば車とあまり差はありません。流石に50キロは出せませんので抜かれはしますが、次の信号でまた並ぶなんて感じで走れます。古町へは20分か25分。バスで行くよりも速いくらいです。置く場所の心配もないのでトータルでは車にも勝つかもしれません。なんたってタダです、疲れるけど。

 さて、ここここ!と思って行った古町の下のほう。飲み屋が多いあたりを過ぎ、少しさびしくなる通りの入口にその店があります。佐藤菓子店という名前でした。さっそくおばぁちゃんに電話をかけてどういうのを買うか相談。暑くなる季節、そろそろ休みに入るとのことで、あまり日持ちがしない商品。結局2袋購入、また自宅に戻りました。

 甘納豆専門ではなく、他の菓子も置いてはいますが、昔のガラスケースだのが並ぶ古い菓子店、新潟のしも町、まだまだいいところ、たくさんあります。

|

« とうちゃんの自転車日記338 出雲崎・源之助作の馬頭観音を見に行った | トップページ | 普通の韓国を探して2221 清涼里夜景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記339 甘納豆製造販売の店・新潟市中央区古町:

» 矢口真里と保田圭に怪しい影 [矢口真里と保田圭に怪しい影]
矢口真里と保田圭に怪しい影 [続きを読む]

受信: 2009年5月29日 (金) 10時36分

« とうちゃんの自転車日記338 出雲崎・源之助作の馬頭観音を見に行った | トップページ | 普通の韓国を探して2221 清涼里夜景 »