« 普通の韓国を探して2202 ソウルも低床バスが増えてきました | トップページ | 普通の韓国を探して2203 ソウル・オリンピック大橋 »

2009年5月18日 (月)

とうちゃんの自転車日記334 真野町の旧道と幟の支柱

095 佐和田から真野への道、八幡という集落を過ぎ、けっこう大きな川の橋を越えると真野町です。幅の広い新しい道の右手にほんの150mくらいですが旧道が残っていました。当然、そっちへ向かいます。集落の入口には前に、百済の様式ではないか?と書いたお祭りのときの幟、旗竿の支柱があります。これだけでもうれしい私です。そんなに古いものではないし、長い竹の竿を支える支柱ですので、様式は似ているに決まっていると言われればそれまでですが韓国の南西部に残る百済時代の支柱と日本の一部の地域にある支柱、渡来人関係の何かがあると想像しています。

|

« 普通の韓国を探して2202 ソウルも低床バスが増えてきました | トップページ | 普通の韓国を探して2203 ソウル・オリンピック大橋 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記334 真野町の旧道と幟の支柱:

« 普通の韓国を探して2202 ソウルも低床バスが増えてきました | トップページ | 普通の韓国を探して2203 ソウル・オリンピック大橋 »