« 普通の韓国を探して2178 バッテリーカー・どうやってここまで? | トップページ | 普通の韓国を探して2180 長項貨物駅の操車場 »

2009年5月 4日 (月)

普通の韓国を探して2179 長項市外バスターミナル旧乗降場

2009_0327ixus82050393  何度かここでも韓国の地方交通の主役は市外バス、と書いていますが、長項の市外バスターミナル、ちゃんと観光交通時刻表に番号まであるターミナルですがかなり寂れてしまっていました。

 ターミナル内はがらんどう。生きているのはトイレだけのようで、落書きがたくさん。自動販売機もありません。無人なのかと思ったら休憩中だったのか、バス票を売るアジョシが1人いたくらい。運行本数も少なく、群山への帰りのバスも1時間に1本とか、そんなくらいしかなさそう。とにかく、多くの、韓国全土のターミナルを見ている私ですが、さびしいターミナルでした。

 写真はさらにさびしいもの。現在使われているターミナルの北側に残されている旧乗降場の姿です。

 一度アップしてから思いつきました。長項といって、ご存じの方がどれだけいるかな?と。 忠清南道、昔の白村江だと言われている錦江という川(プヨを流れる川です)の河口にある町で、長項線の終点でしたが、現在は群山線、長項線が連結し、新駅は郊外に新設されました。群山との間の錦江の渡船が少しだけディープな韓国ファンには有名でしたが、それも少し前の記事の通り激減。何度も渡船の船着場から駅まで歩き、昔はソウル行の統一号に乗ったりしてた長項駅も現在は長項貨物駅と改称、旅客扱いはやめてしまいました。ただ、群山の旧群山駅、現群山貨物駅とは違い工場の引き込み線などがあり、今も貨車や機関車が見られます。

 しかし鉄道と渡船、交通の要地だった長項、ちょっとさびしくなってしまって残念です。

|

« 普通の韓国を探して2178 バッテリーカー・どうやってここまで? | トップページ | 普通の韓国を探して2180 長項貨物駅の操車場 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/44896973

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2179 長項市外バスターミナル旧乗降場:

« 普通の韓国を探して2178 バッテリーカー・どうやってここまで? | トップページ | 普通の韓国を探して2180 長項貨物駅の操車場 »