« とうちゃんの自転車日記339 甘納豆製造販売の店・新潟市中央区古町 | トップページ | 普通の韓国を探して2222 平澤のモテルと風俗街 »

2009年5月30日 (土)

普通の韓国を探して2221 清涼里夜景

336 337 346 347

 最近よく泊まる清涼里あたり、どこかへ出かけて、帰ってくるのは夜ということが多いです。駅前の一応観光ホテルの等級を持つニューブーリム観光ホテルはじめ、そのすぐ裏手の清モテル、聖パウロ病院そばのテーマモテル、いずれもケンチャヌン(まぁまぁの)宿です。ピンクの灯がともる町もほぼ消滅、いまだに通りにくい(通るとお客だと思ってアガシに無用な期待をもたせてしまうので、です)通りもありますが、市場の街、庶民の街、そんな場所です。

 1枚目は大通りの南、青果・鮮魚市場のほう。朝は早いけど夜が早いのでかなり暗いです。でも別に危なくなんかありません。龍頭駅からの帰り道でいつも通る場所です。

 2枚目は大通り、駅前ロータリーの北、スグレハルモニチプやヤンピョンヘジャンクッのある食堂街。清涼里在来市場の東口のあたりの写真。

 3枚目は東西市場、果実市場のほう。こちらは夜でも荷物の到着があるのか、人は少ないけれど開いている店がけっこうあります。

 4枚目はおなじみ、ソウル市のゴミ袋。各自治体ごとに手数料を含んだスレギポントゥが売られています。ドリンク剤の空き瓶が多いので近所に薬局があるのかもしれませんね。もっとも、韓国、花屋と薬局はものすごく多いのですが。

|

« とうちゃんの自転車日記339 甘納豆製造販売の店・新潟市中央区古町 | トップページ | 普通の韓国を探して2222 平澤のモテルと風俗街 »

コメント

 一枚目のこの暗さ、今の東京にはない光景です。なーんかとっても懐かしくてジンときます。コンビニの灯りと蛍光灯になれてしまってますからね。

投稿: かがり | 2009年5月31日 (日) 17時21分

コメントありがとうございます

 夜の写真、ストロボなしだと手ぶれが大敵ですが決まるとなんかしっとりした感じが好きです。男だからかもしれませんが、ぜんぜん怖くないし、女性でも2人だったら、韓国どこでも大丈夫ですよ。

 観光関係の人だけでなく、皆が外国人には親切に、と考えていてくれる感じがする国です。個人的見解ですが、却って前者の商売っ気が気になるようになれば一人前の自由旅行者だと思います。

投稿: とうちゃん | 2009年6月 1日 (月) 08時11分

はーい。ここで「おとうさん」に夜だって大丈夫だからって何度も言われたからこそ結構いろんなところもいけてます。(笑)そこそこ遅い時間には気をつけてでも夜も楽しむことにします。でもまずはやっぱり会話がんばりまっす。
この次は普通にお風呂屋さんに行こうかな。日本と違って早い時間に終わっちゃうんですよね。お風呂は一回儒城温泉でまったく一人で入ったことあります。やっぱり日本人だってばれてたみたいでお湯と水が分からなくてうろうろしてたら子供連れのオモニが教えてくれました。

投稿: かがり | 2009年6月 1日 (月) 14時02分

 コメントありがとうございます

 そうですね、チムジルバンとか大型のサウナは場所によっては日本人観光客だらけだと聞いています。4000Wくらいの小さなサウナ、沐浴湯もなかなかです。当然女湯のことは知りませんが、やっぱちょっと違う感じがします。黄土とか、玉とか、麦飯石とか、そういう石の類が好きみたいだし、海水沐浴湯もあったり、ちょっと読めて話せればどこでも普通の韓国が楽しめますよ。

 韓国語工夫、パイティン!

投稿: とうちゃん | 2009年6月 2日 (火) 08時50分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/45173755

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2221 清涼里夜景:

« とうちゃんの自転車日記339 甘納豆製造販売の店・新潟市中央区古町 | トップページ | 普通の韓国を探して2222 平澤のモテルと風俗街 »