« 普通の韓国を探して2175 パランセ 華川市場入口の店  | トップページ | とうちゃんの自転車日記324 知らない街は楽し »

2009年5月 2日 (土)

とうちゃんの自転車日記323 公園の非常用トイレ

600 599

 新潟市の沼垂地区の公園です。見たことない形の椅子があるな、と思ったら地震などの災害時のための便器なのでした。使用時は周囲に囲いを作るのかと思いますが、こんなのがあるのですね。

 割合のんびりしている新潟ですが、東海地方など警戒が必要な地方ではまだまだ私たちの知らない対策とかもあるのでしょう。まぁ、使わないですめばいいのですが。

 最近終戦直後のことを書いた本で知った事なのですが「スツール」という言葉、東洋人を侮蔑した隠語の意味があったことを知りました。ちょっと残念なことでした。

|

« 普通の韓国を探して2175 パランセ 華川市場入口の店  | トップページ | とうちゃんの自転車日記324 知らない街は楽し »

コメント

あまりお世話になりたくない施設ですが事故や災害時のトイレ問題は深刻で大切な問題です。


中国の天安門広場にも同じような施設が用意されているようです。

http://gotenyama2.web.infoseek.co.jp/tw/tw_cn_BJ_ten.html

投稿: つかまん | 2009年5月 2日 (土) 16時13分

コメントありがとうございます

 関東もそうですね、警戒が厳しい場所ですね。水戸の友人、災害時にも使えるという空気の代わりになんか液状の樹脂を入れた自転車を買ったって言っていました。パンクの心配はないけどやたら重いそうです。

 

投稿: とうちゃん | 2009年5月 3日 (日) 08時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記323 公園の非常用トイレ:

« 普通の韓国を探して2175 パランセ 華川市場入口の店  | トップページ | とうちゃんの自転車日記324 知らない街は楽し »