« 普通の韓国を探して2225 新林10洞のつづき・冬の朝です | トップページ | とうちゃんの自転車日記342 大阪王将の餃子定食 »

2009年5月31日 (日)

普通の韓国を探して2226 新林10洞のつづき2

266 267 268 269

 山から下って来て、古い街並みを通り抜けてバス停へという散策の最後の方です。2枚目の曲がった道の写真が一番好きかな。

 3,4枚目の山の尾根の向こう側が有名なタルトンネだった蘭谷、新林7洞になります。すでに蘭谷の現在の写真はアップ済みですが全部が新しいアパートになっていて、90年代の名残はありません。ただ、とても急な谷の街であることは変わりません。マウルボスが頻繁に走ってはいますが、足が丈夫でない人は大変だろうな、と感じる町です。

|

« 普通の韓国を探して2225 新林10洞のつづき・冬の朝です | トップページ | とうちゃんの自転車日記342 大阪王将の餃子定食 »

コメント

私も2枚目が一番好きです。冬の青空がどれもほんとうにきれいです。大陸の冬の空なんですね。またぞろ行きたくなってしまいますがしばらく貯金です。

投稿: かがり | 2009年5月31日 (日) 17時07分

コメントありがとうございます

 韓国の秋、冬の青空、とてもきれいです。旅費も安い時期ですのでこの秋冬目差して貯金、がんばってください。ソウルだけの団体旅行だって自分次第でいろいろ楽しめると思いますから。

投稿: とうちゃん | 2009年6月 1日 (月) 08時07分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/45183721

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2226 新林10洞のつづき2:

« 普通の韓国を探して2225 新林10洞のつづき・冬の朝です | トップページ | とうちゃんの自転車日記342 大阪王将の餃子定食 »