« 普通の韓国を探して2190 群山さしみ屋と渡船乗り場 | トップページ | 普通の韓国を探して2191 漢江の大噴水 »

2009年5月11日 (月)

とうちゃんの自転車日記327 弥彦・宝光院の境内

024 025 026 028

 北国街道の宿場町稲島から、峰岡、福井、岩室と走り、石瀬からの坂道を登れば弥彦です。いつもは駅の方へ下る新しい道を行きますが今回は右の道。初めての道は楽しいものです。坂を下り始めるとすぐに左に競輪場、寄り道自由の自転車ですのでそっちの道へ入ります。うまい具合に宝光院というお寺がありましたのでさっそく見物です。

 1枚目、ここにも芭蕉の句碑がありました。有名な「佐渡によことう~」ですが、実際は能生だか、そっちのほうで詠んだ句では?と思います。2,3枚目は本堂前の石像。観音様がメインのようですが、私が好きなのは3枚目の不動明王のほうです。

 このお寺と弥彦神社の間は弥彦の競輪場。9時前の時間ですが選手たちが練習しています。さっそくそちらを見に行きました。

|

« 普通の韓国を探して2190 群山さしみ屋と渡船乗り場 | トップページ | 普通の韓国を探して2191 漢江の大噴水 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記327 弥彦・宝光院の境内:

« 普通の韓国を探して2190 群山さしみ屋と渡船乗り場 | トップページ | 普通の韓国を探して2191 漢江の大噴水 »