« すばらしい韓国の食事474 飲んでみました、メッコール | トップページ | 普通の韓国を探して2271 鉢山洞のキムチやさん »

2009年6月28日 (日)

とうちゃんの自転車日記360 新潟市近郊サイクリングの途中で

011 012 013 014

 先日のパンクの前の写真です。

 我が家から旧亀田町へ。鳥屋野潟の南、ビッグスワンとか新しい野球場を右手に見ながら農村地帯を西へ。旧黒埼町へ渡る橋の手前に天野というところがあります。そこで1枚目。羊を飼っていました。おとなしそうで、なかなかかわいいもんです。でも、何のために飼っているのかな?という疑問。やはり食べてしまうのかな??

 2,3,4枚目は黒埼町の、お馴染み新潟交通の旧線路です。小さな鉄橋がありました。他の貨物線でもそうですが鉄橋というのは特別なものでしっかり記録というか長さ、起点からの場所などが決められています。短くても鉄橋は鉄橋。地面以外の場所を線路が走るのは特別なことです。3枚目は新潟方向、4枚目は月潟、燕方向の旧軌道敷。新潟から燕まで、信濃川の土手や田んぼの中、電車が走っていたのは何だか不思議に思えます。乗っておけばよかったなぁ、と思います。

|

« すばらしい韓国の食事474 飲んでみました、メッコール | トップページ | 普通の韓国を探して2271 鉢山洞のキムチやさん »

コメント

高頭さんが乗っておけば良かったとおっしゃる新潟電鉄に乗った私は、ラッキーだったでしょうか。まだ車を乗り回していなかった二十数年前のちょうど今頃、燕から白山まで3週間ほど通いました。夫が新大病院に入院していたので、7ヶ月の息子を連れて通うのに便利だった電鉄です。昼間は本当に空いていて、座席で息子を遊ばせながらのどかな風景を楽しみました。1時間ちょっとあったと思いますが、全然飽きませんでしたね。なつかしいです。

投稿: mizue | 2009年6月29日 (月) 12時30分

コメントありがとうございます

 うらやましいです。燕の方と沿線の方のための電車という感じだったのでしょうね。なんかの時に車の窓から田んぼの中を走る緑と黄色の電車を見たことがあります。実際に乗りに行ったのは、燕から月潟が廃止になり、いよいよ月潟までの線もなくなるという直前でした。 偶然、すでに定年退職された母校の細菌学教室の助教授の先生(恩師の一人)と乗り合わせたのがいい思い出です。たぶん大学を辞めた後、どこかの病院か保険施設のお医者さんとして勤めておられたのだと思います。

 今でもこんなふうに昔の線路の跡が残っているし、駅の遺構、おまけに駅前にあった酒屋兼よろず屋だったであろう商店もあったりします。ほぼ全路線、自転車で走ってる範囲ですので復習を兼ねて新潟交通電車線の跡をたどる、なんてサイクリングもいいネタになりそうですね。

投稿: とうちゃん | 2009年6月29日 (月) 22時21分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: とうちゃんの自転車日記360 新潟市近郊サイクリングの途中で:

« すばらしい韓国の食事474 飲んでみました、メッコール | トップページ | 普通の韓国を探して2271 鉢山洞のキムチやさん »