« とうちゃんの自転車日記354 三角地駅前の龍山MTB | トップページ | 普通の韓国を探して2252 パンクしても走るソウルのバス »

2009年6月19日 (金)

普通の韓国を探して2251 ソウル地下鉄出札口(売票所)の無人化

135  少し前から伝えられてはいましたがソウルの地下鉄、切符売場の無人化が進められています。今回の訪問でも出札窓口は閉鎖されており、自動販売機だけ、カードだけに移行していました。ですので駅員さんはその機械の操作を説明する人が1,2名、そんなふうになっています。

 老人の無料優待券も住民登録証を機械に当てての1回用カードになっていて、ちょっとした混乱もあったようです。私も今回、けっこう入っていたTマネーをなくしてしまい、新しいのを買おうと思ったら窓口は閉鎖。結局機械の扱いの説明の方に2500Wを渡し、新しいカードを買い、自分で充填して使用しました。慣れれば簡単ですが、なんか面倒になったような気もする一件です。

 こういう案内文、案外読みやすいのでいい勉強になります。みなさん読んでみてください。

|

« とうちゃんの自転車日記354 三角地駅前の龍山MTB | トップページ | 普通の韓国を探して2252 パンクしても走るソウルのバス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/45384744

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2251 ソウル地下鉄出札口(売票所)の無人化:

« とうちゃんの自転車日記354 三角地駅前の龍山MTB | トップページ | 普通の韓国を探して2252 パンクしても走るソウルのバス »