« 普通の韓国を探して2276 前回のお土産はワインでした | トップページ | 普通の韓国を探して2278 ロッテハム(ロッテヘム、롯데햄)의 떡갈비 »

2009年6月29日 (月)

普通の韓国を探して2277 이순신장군과 만나로

2009_0612ixus820110322

   こういうときの助詞、「~と会いに」というのは와もしくは과でいいんでしたっけ? 言葉の最後が母音ありかなしかで助詞が変わるのですよね?こういうのが自然に出るようになるといいのですが、私は「사랑과 평화(愛と平和)」という韓国歌謡のグループ名で覚えています。

 李準圭先生とソウルで会った最初のころ、当時乗っておられたダイナスティの中にあったCDをいただいた中に入っていた曲。たまたま、前から持っていた普通の韓国のお手本のような愛読書である「ディープコリア」でも紹介されていたのが、このサラングァピョンファの名曲、李南二の歌う「ウルゴシッポラ(泣きたいよ)」です。ゆっくりした雄大なバラード(?)ですので韓国語が上手でない者にも歌いやすいため、昔けっこうカラオケでやったものです。有名なドラマの主題歌としてヒットしたと聞いていますが、実際の場面は知りません。

 また、同じCDに黒田福美さんの初版「ソウルの達人」で紹介されていた韓国フォークの歌手조동징(진?=趙ドンジン)の曲、こちらも泣く歌、「ウルゴインナヨ(泣いているのかい?)」だったかな?そんな局もあったので、この2つは今でもたまに聞いています。

 しかし愛聴CD、大事にしているものでも、親友とかにはホイホイとあげてしまう、そんなのも韓国人の美点のような気もします。逆の甘え甘えられには閉口する日本人も多いでしょうが。

 今回のタイトルと写真は、、わかる人には簡単。世宗路の光化門駅すぐ上のあたりのものです。한국을 사랑하는 사람이라면 쉽게 アラッチョ? 건물 이름도 사람 이름도.

 

|

« 普通の韓国を探して2276 前回のお土産はワインでした | トップページ | 普通の韓国を探して2278 ロッテハム(ロッテヘム、롯데햄)의 떡갈비 »

コメント

~と(に)会うは~을(를)ではないでしょうか?
それと、会いにの「に」は러(으러)ですね。

投稿: エクスプローラ | 2009年6月30日 (火) 07時10分

 「ディープコリア」という本は、漫画も入っている部厚い本ですね。私も昔買って読んだことがあります。もう、中身はほとんど忘れていますが。
最近はソウルには行っていないのですが、タイトルも写真の建物も、分かりました。昔、地下の売り場で座り込んで、歴史関連の雑誌を探したことがあります。

投稿: shunshun | 2009年7月 1日 (水) 02時55分

コメントありがとうございます

 ~に会う、教えていただきありがとうございます。日本語の文法と似ている、ってのに甘えすぎの私です。まだまだですね。

 ディープコリア、韓国人の友人に見せたら失礼な本だと機嫌を悪くしてしまいました。確かに一般的な日本人が考える良くないところを強調してる、そんな感じもしますが、私はそういう気持ちもわかるんですよね。まぁ失礼な本というのは当たっているかもしれません。

投稿: とうちゃん | 2009年7月 2日 (木) 21時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/45493665

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2277 이순신장군과 만나로:

« 普通の韓国を探して2276 前回のお土産はワインでした | トップページ | 普通の韓国を探して2278 ロッテハム(ロッテヘム、롯데햄)의 떡갈비 »