« すばらしい韓国の食事470 初夏の風物詩・山いちごと桑の実  | トップページ | すばらしい韓国の食事471 麻浦屋のチャドルタン »

2009年6月17日 (水)

普通の韓国を探して2249 東大門・ソウルブルーボス261番の車窓から

2009_0409ixus82060440 2009_0409ixus82060441 2009_0409ixus82060442

 最近よく乗っていた青いバスの261番に乗っての写真です。ガラスの反射が大敵なのですがわりあいきれいに撮れました。

 韓国の大きな交差点、いろいろ交通規制も多く、バスやタクシーも日本では見られないような動きをします。不慣れな観光客の方が遠回りされた、なんて誤解することもありそうです。

 で、この261番、清涼里から新設洞、ドンミョアプときて、東大門ロータリーでは直進。でも、鍾路に入ってすぐ右折、また右折、右折をして東大門ロータリーを北から直進して、東大門運動場で右折して乙支路に入るのです。その先はロッテ、南大門、西部駅、万里洞コゲ、孔徳、麻浦と行くので麻浦屋へ行くのに便利なんです。

 1枚目は西に向かって渋滞の中を進んでいたときのもの。旧ソウル城郭の脇にある梨花女子大(梨大)の病院。何病院て書いてあるかは今の段階では写真が小さくて読めませんので、皆さん練習で読んでみてください。2枚目もそう。冬の青空に映える病院建築です。

 3枚目は、右折右折右折で回ってきたロータリーの北の道。チェーンの食堂でしょうか?開店準備中の店と東大門市場のドゥーサンタワーです。今回の3枚は家の機械にあった好きな写真です。本日休診、明日も休診です。

|

« すばらしい韓国の食事470 初夏の風物詩・山いちごと桑の実  | トップページ | すばらしい韓国の食事471 麻浦屋のチャドルタン »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/45365340

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2249 東大門・ソウルブルーボス261番の車窓から:

« すばらしい韓国の食事470 初夏の風物詩・山いちごと桑の実  | トップページ | すばらしい韓国の食事471 麻浦屋のチャドルタン »