« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »

2009年7月31日 (金)

普通の韓国を探して2328 清涼里駅前の朝

210 211 212 213 214

 案外朝は遅い韓国です。沖縄と似た感じで、夜更かし型の国だと感じます。1,2枚目、屋台がそのまんま、歩道に置きっぱなし。日本だったら絶対摘発されてしまうでしょう。そこらへん、生活のため、いい意味のケンチャナヨがまかり通る韓国です。3,4枚目も店じまい状態の露店。いたずら、泥棒はありません。

 5枚目はニューブーリム観光ホテルと清モテル。どちらも駅のすぐそばで、なかなか良い安い宿だと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2327 スグレハルモニチプのメニュー2

170 175 176 177

청량리 현데코아 옆에 있는 단골가게의 메뉴이다.

 1枚目、私の頼んだもの、レバ刺し少なめ5000Wとマッコリ3000Wです。今の交換率だと8000Wは700円くらい。日本だとバカ高いレバ刺しが5000Wで食べきれないくらい出てくるのは嬉しいもんです。

 2,3枚目は冷蔵ケースの中、牛レバーの塊も見えますね。4枚目が店の名前にもなっている慶尚道名物のスグレ煮込みとホパ。スグレは皮を剥いだ牛の皮下結合組織の煮物です。牛の匂いがしっかり。輸入牛ではない、国産牛です。遅い時間のため、一緒になっていますが、手前、黒っぽいのはホパ。牛の肺の煮込みです。すごく美味しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月28日 (火)

普通の韓国を探して2326 スグレハルモニチプのメニュー

1711_2 172_2 173_2 174_2

 行きつけの店の店頭です。アジュマに許可を得て、ちょっと置いてあるアンジュ(肴)類の写真を撮らせてもらいました。勝手に撮っちゃいけませんよ。盗み撮り、隠し撮り写真はいけません。韓国アジュマ、怒ると怖いです。

 モンゲにタクパル(ちょっとフォーカス甘くてごめんなさい)、いろんなジョン(煎=衣をつけて焼いたもの)。 韓国どこでもそうですが、日本の居酒屋のようにいろんなものをちょっとずつというのはあまりありません。一つのメニュー、1人では食べきれないくらいにたっぷり出てきます。ある程度常連になれば混ぜてもらったり、ちょっと食べてみたいので一切れください、なんて甘えも可能だったりします。まぁ、1人で飲み食いする習慣がなく、まず2人以上で食事をするという韓国だからしょうがないのかな?

 余談になりますが、新潟県ではあまりホヤは人気が無く、売っているところもかなり限られます。やはり東北の太平洋側の食べ物なのでしょう。先日の地方紙の記事では最大の産地はやはり宮城県。でも、その40%以上を韓国に輸出しているのだそうです。日本人以上に韓国人、ホヤが好きなようです。もしかしたらソウルの清涼里駅そばのこの店のホヤも日本産かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記370 高校野球を見に行った2 

014 016 021 027 035 040

 23日の準々決勝も見に行きました。この時は新しくできた県立野球場。初めから1塁側に座って観戦しました。まだ一般学生の応援はありませんでしたが見事な応援をも楽しみました。タイコ君も元気に応援の指揮をとっていました。

 最後の2枚、スコアボードですが、この学校、この時もコールド勝ち。昨日雨の中行われた決勝でも大差で勝ち、県大会優勝とのことでした。おめでとう。甲子園でもがんばってください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2325 4号線、6号線ノウォン駅付近

022 023 024 025  葦院と書いてノゥオン。韓国には「~院」とつく地名が少しあります。朝鮮時代の公的機関の連絡所があった場所だか、そんなふうに聞いています。このノウォンは今はソウル市の北東部。一番近い「イン」だったのかもしれません。江戸でいえば千住とかそんな感じでしょうか。

 1枚目、その場所で少しいて、その後どこかへ行く場合、こんなふうにバスの行き先表示を撮影したりします。簡単に拡大表示が可能な今のデジカメ、何番のバスに乗ればどこへ行けるか?の覚え書きになります。このバスもソウルの端から市内中心部まで、なかなか利用価値の高い路線です。読んでみてください。

 2枚目、「ベンベンペッション(バンバンファッション)」の店がありますね。韓国どこでも人の集まる場所にはきっとある、そんなカジュアルファッションの店です。手前、「近い場所には自転車で」という表示。自転車好きには嬉しい標語です。

 3枚目は歩道。この辺、比較的古い時期に開発されたアパートが多い町ですので、道も広く、歩道もこんなに広いです。江南と比べるとこのノウォン、サンゲ、チュンゲ、ハゲ洞、庶民的な、間取りが小さめのアパートが多いようですが。

 4枚目はクリスピークリームノウォン店。ずいぶん前にできて、ずでに紹介したかと思いますが、ソウルにはけっこうこの店、ありますし、特別混んでいるとかではありません。この他高級ファミレス系、アウトバックとかTGIフライデーズとか、ロッテの大きなデパートもありますし、一応なんでもある、大きな繁華街です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月27日 (月)

すばらしい韓国の食事481 マンドゥチョンゴル

029 030 031 331

 マンドゥ、饅頭と書きますが、韓国では餃子のことと言って良いでしょう。チョンゴルは汁の少ない鍋もの。汁が多いとタン(湯)になります。でも、私の感想だと汁の多少というより、供される鍋の深い浅いの違いによる区別のようにも思えます。マンドゥチョンゴル=餃子鍋、という感じです。入っている材料は、餃子の他、豆腐だの、雪だるま型のスジェビだの、あとは白菜キムチ、野菜類と、キノコ、きざみニンニクです。

 おなじみ、出てきたときはそれなりに盛りつけられていますが、煮てしまえばごっちゃごちゃ。それが韓国の鍋ものです。しかし、これも、トッポッキとかプデチゲに似ていますね。トッポッキとプデチゲはまさにそっくりですけど、さしずめいとこってとこでしょうか?ラーメンの麺が入ればそっくり、そんな料理ですねぇ。4枚目はサービスのシッケ。口の中をスッキリさせる飲み物という感じかな? 

 わざわざこれを食べに行く、という感じのメニューではなく、複数で粉食系の店に行って、バラバラなものを頼むより一つの鍋をつつくもの、というふうに選ぶ、そんな食べ物かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2324 清涼里ビュー2

193 1941 1951 1961 197 198

 最後の1枚はオマケ、トムです。我が定宿の一つ、「清モテル」が写っています。すぐそばの観光ホテル、ニューブーリムホテルよりも安くてきれいです。飛び込みの値段での話ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2323 清涼里ビュー1

185_2 187_2 188_2 189_2 190_3 191

 地下鉄の排気装置だったか、信号の制御装置だったか、そんな構造物のはじっこにカメラを置いての連続写真です。動画とはまた別の面白さがあると思います。撮影者の技術など関係ない単なる風景写真ですけど。

 特に意図して撮ったわけではありませんが、2枚目、バスは走っているのでブレて写っているのに、大通りの向こう側の店のネオンだけがそのまま写っているのは面白いと感じます。

 さらに余談ですが、「意図」は「いと」と読みますよね。普通の日本語の音だと「ず」が一般的。ところが韓国語の音だと「도」となり「ト(もしくはド)」と読みます。日本語だと特別な読みなのが韓国語では普通の音読みの音。実は昔の中国の音だと「ト」になるのかな?なんて気付いてちょっと面白かったです。地図は지도 ちょっと前に貞陵3洞の項で紹介した路線図は노선도となります。中国語で「図」、はたして何と読むのでしょう?ご存じの方、コメントいただければ幸いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月26日 (日)

とうちゃんの自転車日記369 高校野球を見に行った

043 048 051 053 058 061

 先日の休み、2回ほど高校野球の県大会を見に行きました。今回紹介するのはその1回目のほう。暑い中、自転車でとやの球場まで出かけて行きました。

 1枚目、入場券。500円でした。売っているのは高校生、もぎりも高校生。駐車場の整理なども高校生が中心です。すでに負けた高校なのか、それともあらかじめ決まった当番制なのかわかりませんが、なかなか好感を持ちました。

 2枚目、入った時にやっていたゲームが試合終了。校旗の掲揚と校歌斉唱です。これも知らなかったのですが負けた方も後ろで並んで聞かないといけません。「ああ、負けた負けた~ぃ」なんてすぐに帰るのかと思っていたので新鮮でした。後方、応援席にはすでに次のゲームの学校の応援団が入っています。

 3枚目、守備練習。あとで知ったのがシートノックという話。限られた時間でしっかり練習するように組まれた感じです。強い学校のシートノック、なんかショーのようにも思えました。「どうだ?すごいだろう?俺達」ってな感じで、相手にアピールする、威圧する感じも受けました。後ろでは応援団もちょっと活動開始です。

 4枚目、プレイボールの挨拶。この後、むこうのスタンドの応援がなかなか面白いので移動です。

 5枚目、応援団です。これ、皆控えの、出られない選手たちのよう。しかし強豪校なのか60~70人もいます。タイコの音を中心に声を出したり踊ったり、なかなかの見ものです。私もともとタイコとラッパが好きで、たまに家で吹いて家内に怒られたりしていますが、なかなか見事な太鼓です。何年生でしょうか?飲み物だの持ってきてくれるので3年かな?背番号なしのユニフォームのタイコの人。ちょっとファンになり、勝手に「タイコ君」と名付けてしまいました。実はこの次のゲーム、準々決勝もこのタイコ君のばち捌きを見に行ったのです。

 6枚目、5回が済んでのグランド整備。これも、すでに負けた学校か、当番の学校か、白服の野球選手がやっています。えらいなと思ったのはゲームをやっている選手たち、この整備の人たちにしっかりありがとうの挨拶をすること。「運動部のがエライ」という考えには反対ですが、こういう規律というか礼儀はいいなと感じました。

 上に書いたようにこの次のゲーム、23日にも見物に行き、この学校、見事10対0で6回コールド勝ち。今日が準決勝なのですが、、仕事で行けません。甲子園、今まであまり興味が無かったけど、応援とかも面白いし、もしも休みが合えば、見に行ってもいいかな?と思うくらい好きになりました。タイコ君の学校の試合であれば、きっと行きます。

 後で知ったのですが、県大会は20人が背番号をもらえて、でも、甲子園では18人だとか。出られない選手もたくさんいるのですが、外れる2人、残念ですよね。また、県内では圧倒的に強い学校でもわが県の代表、大抵は甲子園ではあんまりだったり。上には上、とは言いますが、皆毎日猛練習をしているのです。何と言うか、、一時期でも何かに打ち込めるのは、きついけどいいことだし、後でいい思い出になることでしょう。負けた学校、まだ勝ち残っている学校、全国の高校野球部のみなさんを応援します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2322 三千里自転車 ノウォン区上渓1店

201  この看板、韓国のあちこちに見られる三千里自転車の店です。徐々にではあれスポーツとして自転車に乗る人が増えている韓国、流行に敏感な国民性からこの数年の自転車熱はなかなかです。三千里自転車は本格的というよりは一般的な、でも、ちゃんとした自転車店です。

 日本同様、自転車雑誌の後半には専門的なスポーツ車を扱う店の広告がたくさん。そんなのとは別で、街角に普通にあるのがこの三千里自転車です。どっちかといえばMTBが人気の韓国。日本同様に安い中国製の「道路以外は走らないでください」と注意書きのあるなんちゃってMTBが多いですが、ここでも何度か紹介しているように、マーリン、ライトスピード、チネリ、ルック、BMC、コルナゴなど、本格派はかなりいいのに乗っています。

 自転車好きの方、同じ趣味の者どうし、言葉はあまり通じなくても自転車店を訪問されてみてはいかがでしょう?安いか?というとあまり安くはないのですが、高級MTBフレームに関してはけっこう品数がある店もあるようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2321 수구레할머니집에서 본 풍경

178 179

 清涼里、現代コア前の行きつけの店、「スグレハルモニチプ」からの風景です。店内のテーブル席もありますが、店頭の露店席が3,4人分。そこで飲み食いするのが好きです。常連さんもそういう方がおられるようで、案外人気の席です。

 今回の2枚は隣の店、24時間営業の食堂兼飲み屋である「楊平ヘジャンクッ」の様子。「ヤンピョンヘジャンクック(楊平介軍ヘジャンクッ)」というと大きなチェーンの店が韓国あちこちにありますがそれとは別。もしかしたらこちらのが古いかもしれない店です。

 レバ刺しを肴にマッコリをやっていると隣の店のアジュマが出てきて道路に面したテーブルに置いてある水槽から何か取り出そうとしています。2枚目、左手でぶらさげているのが、ちょうど灯りと重なって見えにくいけど、活けのテナガダコです。いわゆるサンナクチの注文を受けて取り出しに行ったよう。大きめの、でも元気のいいナクチを1匹ぶら下げてまな板の置いてあるとこへ。ちょうどそんな風景です。

 清涼里駅からは見えませんが清涼里在来市場の東入口付近のこの界隈。大好きな場所になってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月25日 (土)

普通の韓国を探して2320 地べたビュー・清涼里駅前

200 201 202

 「ジュリアナ」ってそのまんま、日本に昔あったディスコの名前ですが、ナイトクラブの広告が地面に張られているのは韓国の普通です。

 2枚目は大通り方向。遅い時間まで露店での商売をやっています。朝は畳んでありますので24時間ではないけど韓国の女性、とにかく良く働きます。

 3枚目はこれから588に繰り出す青年たちでしょうか?それとも遊んだ帰りかな?最近は日本人客ばかりと聞いていますが実情は知りません。

 ソウル旧市内があり、江南があり、でも、下町っぽさを強く残した庶民の繁華街となると西の永登浦、東の清涼里になるのでしょう。規模的には前者が圧倒的に大きいですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事480 往十里コプチャン・黄鶴洞「パンシリ」のソグムクイ

554 555 556 552

 飛行機で知り合ったアジュマ2名とのソウル下町歩きの最後は昨日書いたようにコプチャンクイの包装。中央市場北口の一番近くにあるポジャンマチャ、「パンシリ」で注文しました。クーラーボックスに入れてある下準備した豚の腸をハサミでちょきちょき切ってコンロに載せ、直火で焼きます。焦げないように気を付けながら付け合わせのタマネギ、プッコチュ、マヌルなどの野菜、塩とヤンニョムソース、そんなのを準備して出来上がり。1人前9000Wですが、1人だと食べきれないくらいの量です。

 90年代に初めて行ったのが「コロソハヌルカジ」。次が城南市の顎が長いアジュマの店。そして今は「パンシリ」、目玉が丸いアジュマがやっています。それぞれ、外国人の1人客、大事にしてくれます。何も言わなければヤンニョム味が基本。野菜コプチャンも可能、包装も可能。粘膜下の豚の脂肪の味がなんとも言えない美味しいホルモン焼きです。

 4枚目、その中央市場裏手の馬場路です。7時か8時くらいからたくさんのコプチャン幌張馬車が並ぶ通りです。右手に見える小型トラックの2羽で10000Wのトンタクの店もずいぶん前からあります。私の韓国語はここで磨かれたと言っても過言ではないでしょう。

 ちょっと歩けば東大門市場。写真でもドゥーサンタワーのてっぺんが少し見えます。ソウル最大の在来市場に隣接する庶民の町が黄鶴洞です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月24日 (金)

普通の韓国を探して2319 黄鶴洞の旧道

553  2号線新堂駅から中央市場のメインストリートを抜けて市場の北口は馬場路。なかなか車が途切れない横断歩道を渡れば広い新しい下り坂とその左手をゆるやかに下る旧道があります。

 今回の写真は飛行機で知り合った西蒲区のアジュマ2名を夕食に案内した時のもの。豚の焼き肉を食べて、腹ごなしを兼ねて在来市場を見物。そんな時間のものです。私が案内したこともありますが、誰がどこを歩いてもほぼ安全な都市がソウルです。

 この坂を下りきった場所に行きつけの「三味亭」という屋台。新道と合わさった先にもいくつも並ぶコプチャンクイの固定店。「ヨンミネコプチャン」が知り合いです。結局この後は戻って馬場路に並ぶコプチャンポジャンマチャ、知り合いの店「パンシリ」でコプチャンのソグムクイを包装で1人前。これ、私ではなく、アジュマ2名の夜食です。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2318 飽きちゃった韓国の食事

637

 パイナップルがありますので帰国便であるKE763便の機内食です。「タッコギヨリ(鶏肉料理)」かな?あんをからめたタイプで胸肉中心、ちょっとマヌルも効いていたような気がします。

 詳しく出る検索ワード、フレーズでしばしば、「新潟 ソウル 機内食」、だの、「大韓航空 ビジネスクラス 機内食」だのが出てきますので、そんなのを探して来ていただいた方も多いかと思いますが、そろそろ飽きてきました。「すばらしい韓国の食事」の項でも、特別変わったものが出た時でなければ今後はアップしないことにします。

 右下の検索小窓で「このブログ内での検索」を選び、「機内食」と入れればたくさんの記事が出てくると思います。どうぞご利用ください。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2317 ロッテ百貨店ミアサムゴリ店

607 608

 韓国関係の本によく出ていますが、女性同士はもちろん、老若男女を問わず、仲良しは手をつないだり、肩を組んだり。写真を撮る時もそうだったりします。

 人類学的には非常に近い日韓両国、人と人との接触に関してはけっこう違う、そう思います。握手という習慣も日本では話の上ではあるけれど、あまり実際にはやりませんが外国人、けっこうやりますよね。またハグという、正面きって抱き合うのも韓国人の親しい中ではけっこう見られます。前に書いたかもしれませんが我が親友の李準圭先生もかならず会えば握手、時にはハグ、最初はちょっとびっくりしました。

 また知らない人同士の接触も案外ケンチャナヨです。ちょっとぶつかったり身体が触れ合うのは平気。日本だと大変失礼というか、すまない事になりそうなくらいの接触でも何でもなかったりします。

 私が飛行機に乗る時はたいていなるべく前の通路側。これ、別に客室乗務員さんとの偶然の接触を期待するからではありませんが、食事を配ったり、片づけたりするとき、そういう接触、案外あるものです。最初はドキドキしてしまいました。

 写真はロッテデパートのミアサムゴリ駅直結の店。男子高校生、仲がよさそうだな、と思っていたら肩を組んでくれました。最近カンが冴えてるとうちゃんです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月23日 (木)

2009年7月23日 本日休診・高校野球を見に行きました

2009_0612ixus820110348

 県大会準々決勝からは新しく出来た県営野球場です。自転車でひとっ走りの距離、行ってきました。優勝候補筆頭と言われる日本文理新潟、10対0で6回コールド勝ち。横綱相撲という感じを受けました。

 明日からはずっと仕事で残念ながら残りのゲームを見に行くことはできませんが、どこのチームであれ、新潟県勢の健闘を祈って止みません。

 この写真、撮影した自分も、あれ?!どこだっけ?とわからなかった写真です。ヒントは古い建築のマーク。アジアファンなら当然わかる模様。私もそれで思い出しました。日章旗、星条旗、ユニオンジャック、太極旗、そんなところがおまけのヒントです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月22日 (水)

普通の韓国を探して2316 バスの横っ腹の広告

219  シンミナさんですね。チョウムチョロムという焼酎の広告です。ずっと前のドラマ「テリョ」でチュジンモさんと一緒になかなかいい役をやっていたのが印象的です。だんだんきれいになる、というのが女性にあるのだなぁと感じる、そんな方です。

 知り合いのホプアジュマに頼んで焼酎の広告ポスター、貰って来ました。このチョウムチョロムのシンミナとチャムイスルのハジウォンだったかな?折れないように大事に巻いて持ち帰りましたが医院に張るわけにもいかず、自室にも貼れず、宝の持ち腐れになっています。ひさしぶりに韓国居酒屋にでも行くかなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2315  貞陵3洞10・마을버스 성북06번 노선도

078 074 075 079 801 081   

 すみませんがハングルの読みの解説は省きます。

 1時間ほど汗をかいて城北区貞陵3洞を歩いて、降りてきた場所は前回の写真にもあった山から下ってくる道が小広くなった場所。犬が寝ていた駐車場もその脇です。地元の人がいらない資材で小屋がけし、いらない椅子を持ち寄って作ったと思われるバス停留所のバス待ち小屋がありました。

 その中にあったのがこの大作、「06番路線図」です。手元のソウルバス路線ガイドにもちゃんと載っている城北6番マウルボス、地域の人には大事な路線であり、また愛されているのが感じられるたいへんうれしい、微笑ましい路線図、これに会えただけでも暑い中を歩いた意味があると思いました。これぞ普通の韓国歩きの醍醐味でしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月21日 (火)

とうちゃんの自転車日記368 夜の踏切

639 640

 いつも通る踏切で、停まりました。何でも楽しまなくちゃ、の私、カメラを出して電車を待ちます。残念ながら一番普通な115系の近郊型電車でしたが案外面白い写真になったと思います。車の中からの写真ですがいつも自転車で通る道なのでケンチャナヨです。

 昨日の休み、自転車で高校野球の県大会を見に行ってきました。まだ3回戦か4回戦なのですが、なかなか上手です。試合あと、練習後などのグランド整備、守備練習の手際、挨拶、応援など、プロ野球には無い面白さがあります。ちょっとファンになってしまいました。今日は仕事ですが明日明後日はまた休み。天気が大丈夫だったらまた見に行くつもりです。500円で1日楽しめるのは安いものです。写真も、後でちょっとアップします。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2314 忠北報恩 邑内を歩く2

127 128 129 130

 前回の報恩の写真、洗濯所と「工芸院」だか、「工芸園」だか、2つ並んだ店。工芸ウォンって造花とかの店のようです。古いガチャの機械、現役なのでしょう。2枚目はその洗濯所の小路。3枚目は飲食店の入口。4枚目、もうターミナルのすぐ裏にあった立派なお宅の門です。

 わがブログ、普通の観光にはほとんど役に立ちませんが、日本と似た国である韓国の普通の町の紹介をしています。毎度見に来ていただく方には感謝いたします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2313 貞陵3洞9

082 073 071 072

 本日のニフティ、なんだかおかしくて写真の順番が変わってしまいました。3枚目、4枚目、2枚目、1枚目の順です。

 前に訪問した時に歩いた尾根の下の方、今回はパスして、上の方を回ったことになります。急傾斜地の町は前回のシリーズをご覧ください。車が入れない住宅地での暮らし、大変なことも多いでしょうが、展望がいいのはいいなぁと感じます。食堂もあったり、もちろん、昔ながらの何でも屋、シュポも町の中にありました。4枚目、最初に上って行った場所よりも上の方、犬のいた駐車場のとこのマウルボスの停留所で今回の貞陵3洞町歩きはおしまいです。 すごくいい写真は次回。マウルボスに関するものです。お楽しみに。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月19日 (日)

普通の韓国を探して2312 貞陵3洞番外編

076 077

 ジョンヌン3洞、まだもう少しあります。最後にはすごくいい写真もありますのでご期待を。今回はちょっとオマケ的に犬です。30度以上だったと思われる暑い初夏の日、町の共用駐車場、マウルボスの停留所のそばなのですが、犬が、、いました。日陰に入ればいいのに、と思うのに、地べたに寝ています。と、もう1匹、車の下にも寝ています。だらんとだらけきった姿、ちょっと珍しいかな?と思ってシャッターを切りました。近づいても逃げるわけでもなく、警戒するでもなく、、、  「ケカットゥンナルエ午後(犬のような日の午後)」という映画がありましたが、うんと暑い日を「犬のような」という形容する韓国。ちょっとわかったような気もしました。

 今日明日は休み。最近天候が悪く運動不足気味。腰と左肩が怪しくなってきてしまいました。今日も雨の予報。傘持って歩くかな?なんても思っています。皆さま、よい連休をお過ごしください。明日は更新も休むかもしれません。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2311 忠北報恩・邑内を歩く1

123 124 125 126

 ボウンに泊った朝、朝飯を兼ねて早朝の散歩をした時の写真です。俗離山の麓の、でも、昔からこのあたりの中心地だった町、静かでした。

 1枚目、猫足というのかな?ちょっと日本では見られないような浴槽です。韓国のお宅、家によっては浴槽はなく、アパートでもオプションだったりするみたいで、時にはこんな浴槽も、買う人がいるのでしょう。しかしここでは店の前の物置のようになっていました。

 2枚目、メキシカンチキンとあります。昔流行った食べ物の一つです。90年代後半、あちこちにこのメキシカンチキンの看板が見られました。ローストチキンであるトンタクのちょっと変わったものだったように記憶していますが、田舎にはまだ残っていたなぁ、とちょっと感慨深く感じた1枚です。

 3枚目は駐車場。むこうに見える長い屋根は在来市場なのです。市とかではない、もっと小さい町へ行くとこういうの、よくあります。在来市場もミニ再開発で駐車場を造り、立派な屋根を作って、というわけ。さすがにこの辺まではマートはできていませんのでまだまだこの報恩の市場は元気なようです。

 4枚目は、、ターミナルの裏のあたりへ戻ってきた頃かな?当たり前ですがいろんな店があります。日本と一緒のもの、日本にはない業種、ハングルが読めれば、韓国旅行、1.5倍くらいは確実に、人によっては3倍とか5倍とか、楽しくなりますよ。ハングルの解説は省きます。勉強中の方、読んでみてください。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2310 会賢洞3街7 

191 192 199

 フェヒョン洞3街、地図で調べました。フェヒョンというと南大門市場の南側を指すものばかりだと思っていましたが南山3号トンネルの広い道の東側にも会賢洞という地域があるのを知ったのはちょっと嬉しかったです。

 思うに、このフェヒョン洞、新しく南山のトンネルができたために大通りの東西に分断されてしまったのでしょう。これはソウルの旧市街、旧城内だからこそ起きたことなのだと思います。たとえば昔は田畑や山林だった江南など、郊外だった場所は道路ができて新しい地名が付けられるのですからこんなことは無いはず。ソウルの古い町だからこうなったのです。

 明洞駅の南にもこんな静かな場所がある。趣のある路地や小路があるのを知ったのはともかく、嬉しい一件でした。しかし、今回の3枚にもすべて再開発でできる大きなビルの工事現場、そのフェンスが写っています。徐々に、でも確実に形を変えていくソウル、できるだけ写真に、なんて思っています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月18日 (土)

普通の韓国を探して2309 会賢洞3街6

187 188 189 190

 今やっているジョンヌン3洞、フェヒョン洞3街のシリーズ。失敗したのを抜いてというのはありますが、全部順番通りのアップ。ソウルの普通の町を見て、見たままに報告しています。

 自分で見返して、ちょっと興味をもったのが街灯です。細い路地、小路にもちゃんと街灯はありますが、夜になったら同じ街、どんな表情、光の状態になるのかな?なんても思っています。ソウルの街歩きの魅力、尽きることはなさそうです。

 本日はちょっと多忙。ここまでにいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2308 貞陵3洞8 平坦でない都市の魅力

066 067 069 070

 ソウルの旧市街の魅力のひとつに、起伏に富んでいることが挙げられます。一番の中心部だって南山あり、北岳山あり、仁旺山あり、駱山あり。また、江南だってたくさんの山、坂があります。

 風水に基づいて都を決めたという朝鮮時代からの歴史ある町には大抵、そんな起伏がある、これも、韓国を歩く楽しさの一つの要因になっているような気がします。歩いて上るのは大変ですが、できるだけ近くまでタクシーもしくはマウルボスで上がってそんな街を歩く。なかなか楽しいものですよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月17日 (金)

普通の韓国を探して2307 会賢洞3街5

183 184 185 186

 朝飯前の散策の写真を紹介しています。ソウルって面白い街です。どんどん変わって行く街でもあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2306 貞陵3洞7 

062 063 641 065

 デジカメから読み込んだ写真を縮小してブログ用の場所に準備しておき、そこから抜き出してアップロードするのですが、今回のジョンヌン3洞、ほぼ連続した写真です。ですので、割合選ぶだのなんだの考えないでもいい、楽なシリーズ。文章もあまり書かないようにしているのですが、私個人としてはこのブログの「珠玉」みたいに考えています。

 ソウルの普通の町、気に入って何度も訪問している場所の中でもいい所です。豪邸もあれば、古い小さな家もあり。木々が豊富で花もたくさん。ガイドブックでは当然項目もなければ地図にも出ていない場所です。そのままの風景をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月15日 (水)

とうちゃんの自転車日記367 ガルベストン通りはどうなったの?

181_2

 この道、新潟市の万代シティと呼ばれる繁華街の通りなのですが昔は姉妹都市の名前を冠してガルベストン通りと呼ばれていたはず。新しい町なのですが木を植えて、それなりに大きく育ってきた、そんな通りなのですが最近はとんとこの「ガルベストン通り」という言葉を聞きません。姉妹都市、いいことだと思うけど安易に締結、安易にやめる、そんなのは良くないなぁと思います。いったいどうなってるんでしょう?ガルベストンと新潟。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2305 会賢洞3街4 

179 180 181 182

 4号線明洞駅から5分。北側へ行くのと南側へ行くのは大違い、そんな南山の麓の普通の町です。1,2,3枚目は同じ通り。カメラの高さ、向きでいろんな顔を見せてくれます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2304 貞陵3洞6 

058 059 060 061

 今回の4枚はジョンヌン3洞でも全部山側の風景です。北漢山の麓の古い町、緑の多い町の写真をお楽しみください。

 1枚目、オレンジ色の屋根が目立っていたお宅、2枚目はバラがあるお宅です。3枚目、最初にアップしたマウルボスの停留所のある町のほうの写真です。けっこう高い場所に上ってきたのがわかるかと思います。4枚目、いい天気の気持ちのいい日です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月14日 (火)

普通の韓国を探して2303 写真写り慣れした韓国の人達

632 633

 仁川国際空港の出発階ど真ん中、記念撮影の準備をしていました。大学生がフィリピンへ行って、、、と、ハングルの読みの解説は省きますが、みんな写真に写り慣れているふう。

 韓国、小さな田舎の町にも写真館がありますし、赤ちゃんの写真をかなり演出して撮る仕事があったり、100日のお祝い、学校入学、卒業、そして家族写真、結婚写真のアルバムも有名です。そんなこんなで、皆、日本人よりも乗りがいいというか、写真に写る時のポーズ、表情、上手いなぁと感じます。

 このブログの最初のころ、2号線堂山駅まで写真を撮らせてもらった中学生のやつ、後で調べてお知らせしますので右下の検索などでご覧ください。似ているけど違う、自分を積極的にアピールするのに長けた韓国の人達、面白いです。

 ありました。「普通の韓国を探して28 普通の女子中学生」でした。右下のバックナンバーの項をクリック。ずっと下の2005年10月30日から11月5日の部分の中です。日本だとあんな写真、難しいことと思います。 

 

| | コメント (0) | トラックバック (4)

普通の韓国を探して2302 会賢洞3街3

175 176 177 178

 地下鉄4号線明洞駅、北側はそのとおり、明洞。南側はちょっと入ればこんな普通の街が広がっています。

 1枚目、由緒正しい犬なのでしょうか、繋がれていますね。でも、ドアの固定にドライバーをコンクリにあけた穴に差し込んで、というのがいかにもケンチャナヨの韓国式。

 2枚目、やっと全部がカメラのフレームに入るようになったフェヒョン洞2街角の再開発ビルです。

 3枚目、お馴染みの建物がすぐそこに。やはりここは明洞のすぐそばであることがわかります。4枚目のような道、ありきたりの明洞よりも面白く感じる方は私だけではないでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2301 貞陵3洞5

054 055 056 057

 小広い尾根の上の古い町、貞陵3洞。下の方を見晴らした1,2枚目、山の方を見上げた3,4枚目。教会の塔が見えるのがやっぱり韓国、ソウルです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月13日 (月)

とうちゃんの自転車日記366 コルナゴにライトスピード

041  韓国なんて何十回も行っているよ、なんていう方もこの頃は多いでしょうが、ミアリコゲ、ご存じでしょうか?6・25のとき、北韓軍がソウルに入城したときの道と聞いていますが、ソウルから議政府、東豆川、漣川へと通じる大通りにあるけっこうな峠です。4号線の誠信女子大学駅あたりからぐゎっと上り、頂上には高麗大学校の裏山に続く道が立体交差。北側は南ほどではない下りで吉音駅前、そんなソウルサラムなら誰でも知っている峠です。

 その西にあるアリランコゲ(アリラン峠)はもっと小さく、でも、もっと急な道、こちらは知名度ももっと低いかと思いますが、そこから西へ、さらに北岳山の方へ上る道が北岳山キル、別名北岳スカイウェイです。

 ソンシンヨデ入口からマウルボスをよく調べて乗り、急坂を走って行った場所がここ、山荘ビラというバス停ですが、下車した私の後ろからすばらしいスピードで2台のMTBが急坂を上って行きました。先頭はコルナゴ、2代目はライトスピード、前者はMTBの盛んな台湾製のコルナゴでしょうが、本気で乗る自転車乗りの走りは見事でした。 写真でも坂であることはわかりますが、カメラを出して電源入れて、とやってるうちにあっという間に先のカーブに消える、そんなでした。

 日本ではあまり見ないコルナゴのMTB,台湾製でもかなり高いでしょうが、円高W安の今、フレームだけ買ってきて日本で組み立てて乗れば目立つこと請け合いです。MTBファンの方、コルナゴ、塗装もきれいでしたし、ソウルの自転車店、行ってみてはいかがでしょう。 日本同様、大きめの本屋へ行き、自転車雑誌を見れば後半の3分の1は本格的自転車店の広告です。同じ自転車乗り同士、行けば何とかなりますよ。3~400万W用意して韓国へコルナゴMTBフレームを買いに行く、私もやってみたいなぁ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2300 モナミペンでわかる人は韓国居住経験者?

131  韓国語能力試験の時に配られる安っぽいサインペンがモナミペン。「コンピュータ用」と書かれていますが、コンピュータで読み取るマークシート式回答用紙のためのペンということのよう。韓国人ならこのモナミという名前、誰でも知っているでしょうし、韓国在住経験者、留学、研修経験者ならみなさん御存知だと思います。

 今回の1枚はそのモナミブランドのホワイドボードマーカーです。買ったばかりの地図帳に行った経路、行った町をマークするためにと思って空港のコンビニで買ったのですが、やはり消すことを考えたマーカーで、なんだか透きとおった色。ちょっと失敗でした。でも、空港の売店で何でホワイトボード用のマジックを売ってるの?って思いました。働き者の韓国人のためかなぁ?とも思います。よく読まずに買った私が悪いのですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2299 会賢洞3街2

1711 172 173 174

 雑踏の明洞から退渓路を渡って7分。そんな場所。南山の麓に広がる普通の街です。2枚目はフェヒョン洞2街の再開発アパート。南山3号トンネルから明洞へ下ってきた右手前の角ですので韓国の1等地。いったいいくらくらいで分譲するのでしょう?昔からここに住んでいた人が買って入居できる金額なのか、ちょっと心配でもあります。

 4枚目、パシフィックホテルが見えますね。まぁ、そんな場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2298 貞陵3洞4

050_2 051_2 052_2 053_2

 このシリーズの最初に書いた言葉、解説はいらない、というのがだんだん明確になってきた感じ、おわかりでしょうか。たぶん住民手作りの道路、階段、それぞれ工夫をしながら工事をした、そんなふうに感じられます。やっと尾根に上がったあたりが3枚目。割合広く開けた小さな尾根の上の町です。振り返っての風景が4枚目。北漢山はすぐそこです。

 コメントいただいたご感想にあった「乾いた感じ」。ホストである私もなるほどなぁ、と思う上手い表現です。確かに韓国、実際の気候も日本よりも乾燥気味ですし、こんな街の風景からもカラッとした明るさを感じますね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月12日 (日)

普通の韓国を探して2297 会賢洞3街1

167 168 169 170

 右下のずっと下に出てくる前日の検索ワードトップ10。前にも書いたように風俗関係、遊興酒店関係のものが上位に来ることもしばしば。やはり男性のそういう目的での訪韓はまだまだあるのでしょう。私も行ったことがないルームサロンとか、やはり言葉が必要です。どんな理由であれ韓国語を学び、話す人が増えるのは大歓迎。どんどん韓国で遊ぶ日本男子が増えてほしいと考えています。ルームサロンに関しての勉強をされたい方、韓国映画がお勧めです。「ボス上陸作戦」、「ファミリー」あたり、タイトルを検索してみてください。

 1枚目、明洞駅の南側すぐ、ニューオリエンタルホテルの脇の道です。ここにもちゃんと「シャンプーCLUB」というルームサロンというか遊興酒店がありました。お金さえ100万Wとか出せば1人でも遊べなくはないのでしょうが、そんなお金があればもう一回韓国に行ける、そんなふうに考えてしまう私です。

 2枚目以後はそこらへんから南山の麓の町を歩いた時の写真ですが、いい風情のある細道、路地、まだまだソウルに、韓国に、無限にあると思います。時々写真に関してのお褒めのコメントをいただきますが、私の腕というよりも普通の韓国の街角がすばらしい被写体である場合が大部分、と謙遜しておきましょう。どこでも行ける脚と体力、そして語学力を含む総合的な「韓国力」も必要ですけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2296 貞陵3洞3

046 047 048 049

 北漢山からの谷川に沿う小さな尾根の上に開けた町が貞陵3洞です。日差しの眩しい初夏の日の午後、汗をかきかき大きなカバンも抱えながら上って行きました。前にけっこう歩いた場所ですので、見たことのある場所も多数。でも、楽しい町歩きです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月11日 (土)

すばらしい韓国の食事479 「なにわ」のトンカスウドンセット

614

 4号線スユ駅前のモクチャコルモクにあった店、「나니와」のトンカスウドンセット8000Wです。ヘルシー志向、ウェルビーインの国韓国、ロースの脂肪の部分、見事にカットされていました。日本でもそういう店は増えているかと思いますがロースの脂部分、あれがあってこそのロースかつだと思う私には残念でしたが、美味しかったです。

 また、うどんも、最近の韓国、なかなか侮れないものがあります。メミルククス(モミルククス)、ざるそばでも同様。蕎麦の香りが、、だのといううるさい蕎麦っ食いにはまだまだでしょうが、軽くさっぱりしたものを食べたいという普通のもんには充分美味しい、そんな店が増えてきています。こちらのうどんもなかなか美味しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2295 貞陵3洞2

040_2 042 043 044 045

 1,2枚目は谷川を渡る橋の辺り。北漢山から流れる小さな谷の川ですが川底は見事な岩盤です。3枚目は振り返っての風景。貞陵4洞、西京大学校方面の山の斜面はほぼすべてがアパート群になっています。

 4,5枚目、小さな尾根の上の町、貞陵3洞へ上って行きます。暑い日で汗をかきながら山を上って行きました。5枚目、庭師が入っている豪邸ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2294 貞陵3洞1 解説のいらないソウルの風景

034 036 037 038 039

 ずっと前に、貞陵4洞洞事務所のすぐ脇の大きな家のきれいな珍島犬とその飼い主の美人アジュマの紹介をしたのを覚えていらっしゃる方も多いと思います。あの時に歩いた再開発待ちの町、貞陵3洞を、今度は上のほうから歩いてみました。

 吉音駅前、キルムニュータウンバス停からちょっと戻ってマウルボスの停留所へ。けっこう待ってマウルボス1113番に乗り、貞陵4洞住民センターだか、名前を変えた停留所の先、2つくらい先の貞陵山荘アパートで下車。谷の奥へ入るのですからどんどん寂しくなるのかと想像していましたがアパートや店もある賑やかな場所です。ここから谷川を渡って南、貞陵3洞の町へ上って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月10日 (金)

普通の韓国を探して2293 紅灯街・清涼里青果市場の一角の小道

637 272 334 099 156

全部違う日の写真です。トリミングは5枚目以外はしていません。

1枚目は08年9月24日21時40分、2枚目は08年11月6日22時43分、3枚目は08年12月3日23時29分、4枚目は09年3月25日21時42分、5枚目は09年6月30日21時10分。

 すべて2号線支線の龍頭駅から清涼里駅前のホテルもしくはモテルへ向かう近道の途中なのですが、ここで左に折れて魚屋の集まる市場の通路を大通りへ出て、聖パウロ病院前へ歩きます。

 通称588の外、バス通りを隔てた市場側なのですが、少しだけこんな通りも残っています。いつも書いているとおり、日本も韓国も世の中そういうふうになっているので否定はしませんが、冷やかしは絶対いけないと思うので私には通れない、そんな道です。 暗い夜の市場の奥に、ぽっかり開いたピンク色の光が灯る小道、洋の東西を問わず男子の心を強く引き付ける風景ではあると思います。

 名著「ディープコリア」には90年代前半のこの辺の様子が出ていますが、今は風前の灯というところでしょうか。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事478 有名店 南大門市場のカルチチョリム

591 592 593

ガイドブックにも出る有名店「ヒラク」です。メニューは3つ、名物であるカルチチョリムとコドゥンオチョリム、そしてセンソンクイペクパン。

カルチは太刀魚、日本語でも太刀の魚ですが、韓国語でもカル=刀、チ=魚、主に大衆魚、チョリム=煮付けですので一緒です。新潟県ではとれるけどあまり喜ばれない魚、あまり魚屋の店頭でも見かけません。

 ここ、前に名物だということで一度来ているのでカルチチョリムを2人前(最低2人前)とセンソンクイ(焼き魚)白飯(定食)を、と思ったのですが、朝は焼き魚定食はやっていないとのことで、結局カルチチョリムを3人分という朝ごはんでした。

 話が逆になりますが、KE764便で隣の席になった日本アジュマ2人と2日目の夕食を一緒にする約束をしたのです。その時は豚の焼き肉、そして、ちょっとソウルの下町を案内して、結局朝ごはんもいっしょに、ということでここへ来たのです。韓国式の辛い煮魚、コチュジャンとニンニクがあればできそうです。家でも鯖、ギンダラなんかで試したことがありますが、なかなか美味しいものです。割合日本人にもなじみやすいおかずでしょう。

 1枚目、市場の細い小路をはさんで向こう側にある厨房と道端のガスコンロ。2,3枚目が南大門名物、タチウオの韓国風煮つけ、カルチチョリムです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国をさがして2292 またまたソナギ風景

586 587 5881 589

 昨日のソウル、大雨だったとか。新潟もほぼ一日、時には強く降っていた感じです。

 写真は7月2日の朝の南大門市場、退渓路側の風景ですが、あまりの降りに傘も役に立たず、雨宿りしたときのものです。「豪雨」とか「暴雨」とかでなければ、せいぜい2~30分で止むのが韓国のソナギ、時間の無駄と考えず、これも韓国名物くらいに思っていた方が運が向いてきそうです。 予想通り10分ほどの雨宿りでやんでくれて、朝食の場所に向かうことができました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 9日 (木)

普通の韓国を探して2291 韓国のカッコよさ=モッ

486

 西大田駅、客車セマウル号の列車です。日本の在来線の車両に比べるとかなり太く、また新幹線並みに長い客車。両端が丸い大きな窓、ステンレスの磨き面と塗装面の配色もいいし、韓国語で言う「モッ」があると感じます。

 もう何十年か使われてきてどんどん廃車になってるのもあるのでしょうが、セマウル号、韓国鉄道史のひとつの頂点だと考えています。惚れぼれしちゃいますね、私。

 コメントへのレスが遅れています。午後になればできると思います。ごめんなさい。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記365 7月5日、東跨線橋にて

005_2 61 007 008 009

 休みの日曜日、医院のそばの東跨線橋にさしかかったら汽笛の音。おっ!と思ってエディメルクスばりのスピードで(自称)駆け上り,デイパックからデジカメを取り出して待ちました。

 ほどなくやってきたSLばんえつ物語号、やはり蒸気機関車はいいです。なんか別格の機械、昔、「人間が造ったもっとも人間に近い機械」なんて言葉がありましたが、そこまでいかないまでも、すごい機械です。 ちょっと残念だったのは石炭の匂いが無かったこと。煙害防止なんかでしょうがないのでしょうが、豆炭とか、そんな精製した燃料に、もしかして昔もあった重油併燃とか? あの酸っぱい石炭の匂い、わかる人も少なくなってきているのでしょう。あと、灰が目に入るとその日1日、目が痛かったり、そんなのも思い出になってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 8日 (水)

普通の韓国を探して2290 3・3・3 養歯질って

514

 京釜線大田駅の男子化粧室にあったスティッカー広告です。保健福祉家族部(日本の厚生省にあたる機関)と大韓歯科医師協会、韓国鉄道庁の名前がありますが、歯を磨きましょうという広告です。

 1日3回、毎食後3分以内に、3分以上歯を磨きましょうとありますが、知らなかったのが양치질という言葉。養歯というのはなんとなく頭に浮かびましたが辞書を引くと最後の1文字である질は固有語?でも、こんなふうにして覚えた単語はしっかり身につくものです。

 しかし치질というと、もしかして、、と後半2文字を辞書で見たら、やはり「痔疾」です。ずいぶん前に見た映画「オーハピーデイ」の中で、主人公のチャンナラが大酒飲みの痔持ちで、さんざん焼酎を飲んで帰った帰りに自宅の化粧室で出血し、あわてて応急治療室(救急外来)へ。お父さんお母さんが医師の説明を翌日受けて、、という面白いシーンがありました。そこで、お医者さんの解説の言葉、「痔疾には外痔疾、内痔疾、~があり、御嬢さんの場合は~」というセリフがあったので覚えていました。腰椎麻酔で手術中、執刀する医師たちが「これは深い!!」、「写真を撮って学会発表しよう」だの、言う場面も面白かったです。しかし当時現役だった人気歌手が大酒飲みのハチャメチャ映画に出て、おまけに痔の手術のシーンまで出てくるというのはフランクな韓国人らしい設定ですね。日本では有り得ないでしょう。

 本日の我がコンピュータ、ここには来れるのに他のサイトが見られません。プロバイダの不調かな?一応アップしますが無駄にならないといいけどな、というところです。

| | コメント (2) | トラックバック (3)

すばらしい韓国の食事477 オトゥギ 「百歳カレー麺」

001 21

 韓国のラーメンというと農心、三養、そしてこのオトゥギが3大メーカーでしょう。昔は日本でも見られたカレーラーメン、一番好きだったのは高校時代にハウスから出ていたちょっとあんかけっぽいカレーラーメンです。最近はあんまり見かけないそんなカレーラーメン、韓国のオトゥギから出たというので、留学中の先生の一時帰国の際にずうずうしく買ってきて、と頼みました。

 1枚目はそのカレー麺。「百歳カレー麺」という名前で、「モmエチョウン(=身体にいい)」と表示されています。2枚目は韓国得意の1個オマケ。「北京チャジャン」とあります。こちらはまだ食べていませんがカレーラーメンは今朝の朝飯でした。もちろんご飯も食べましたけど。

 お湯の量は450ml、ゆで時間は4分。韓国にしては珍しい平らな太い麺です。カレー味のスープはぜんぜん韓国っぽさはありませんがやや辛めかな?美味しかったです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年7月 7日 (火)

普通の韓国を探して2289 ソウル市庁前広場・6月10日

2009_0612ixus820110325 2009_0612ixus820110473

 まず、現地の方などはご存知かと思いますが韓国の有力紙、中央日報がサイズ変更。地下鉄駅入り口なんかで配られる無料新聞サイズになりました。6月からなのかな?ちょっとびっくりです。

 で、写真はソウル市庁前広場、通称「ソウル広場」ですが、デモというか集会の準備中。でも、警戒に当たる警察関係者の方がずっと多い状態です。

 6月10日、恥ずかしながら検索もしてなくて何の日なのかはわかりませんが、ソウル市庁前でなんらかの集まりがある日のよう。テレビなんかでも集会の許可が下りず、どうのこうのという報道が聞こえました。知り合いの人に聞くと、政府は政府に従順な集会は許可するけど批判的な集まりは許さないだの、、そんな話。なんか憤慨しているようでもありました。2枚目、新聞の1面の記事にもありましたが大統領の方針で毎年やっている集会が許可が下りず、不発に終わったとかそんな感じ。

 私も平和ボケした日本人の一人、高校生なんかも示威行動に積極的に参加する韓国人。選挙にも行かない政治に無関心な日本人、対照的だなと感じます。でも。今度の国政選挙、私もいい方向への変化を期待しています。

 歯科医師会に入った時点でなんだかわからぬうちに政治連盟に加入。毎年何万円かが徴収されています。結構前にこれはおかしいという運動が起き、政治連盟の加入、脱退は自由になりましたが多くの会員はそのまま、、私もその一人です。別に何党を支持するわけではありませんがここ数年の政府には裏切られてばかりという気持ちを持っています。東国原知事の発言が話題になりましたが、私が総理大臣になったら、もっといい日本ができると思っている方は多いのではないでしょうか?亡くなった父は熱心な自民党員でしたが、、とにかく今の私は早く選挙をやって国民の審判を仰ぐべきだと感じています。東国原さんを批判する自民党の政治家、、何様だと思ってるのってちょっと怒ってます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記364 誤植?それとも、、自転車乗り?

 おはようございます

012  数日前の地方紙の紙面です。VOWネタということばがありますが、あっ!?面白い!!って思いました。

 趣味の人の間の用語、いろいろ面白いのがあるのでしょうが、自転車乗りの中で「列車」、「トレイン」というとごく短い距離で連なって走る、主にロードレーサーの車列のことを言います。列車でも車列でも意味が通るところに面白さがあるのですが、この記事を書いた記者さん、単に間違ったのか?それとも、自転車ファンのレーサー乗りの方で、わかっていて「列車」という言葉を使ったのか?楽しい気持ちで記事を読みました。ともあれ、事故に遭われた自転車乗りの方にはお見舞い申し上げます。

 余談になりますが、馬力の小さい乗り物である自転車、風の抵抗が大きく走りに影響します。遠乗りの帰りが強い向かい風だと泣きたくなる時もありますし、強い追い風だと自分がいっちょまえの選手になったような気がすることもあります。

 このため、集団で走る時は「トレイン」と言って、何人かで短い間隔で並んで走れば、先頭の1人以外は意外に楽に高速を維持できるのです。これは2人で走ってもはっきりわかります。 ですので、強い人が先頭を引いてあげたり、同じくらいの力の者同士だと先頭を交代しながら走ると、1人で走るよりもずっと楽にスピードを出せるのです。一度旧弥彦街道で競輪の選手の練習でしょうか?シングルスピードではなく、レーサーでの集団走行を見たことがありますが、まさに「ネ申」という言葉がふさわしい50キロ前後のトレインでした。

 自転車、まぁ、韓国も一緒ですが、いろんな楽しみ方があります。でも、安全に、楽しく、そんなのが皆の願いでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

すばらしい韓国の食事476 대전 한밭식당 양곰탕5000원

500 494 496 497

 ガイドブックにも出ている有名店、大田のハンバッ食堂へ3度目の訪問です。ハン=大きな、という意味の固有語、パッ(バッ)=畑、農地という意味の固有語で、「大田(テジョン、デジョン)」というのは日帝時代に日本が付けた名前と聞いています。それほど大きな街ではなかったのが京釜線、湖南線の分岐点としての鉄道交通の要衝になり、発展したという話です。確かに韓国の真ん中でもあり、政府機関もいくつかここに移転しており、ソウルとの間は頻繁にバスが走っています。

 この店、全国的に有名なソルロンタンの名店で、雑居ビルの1階を全部使ったかなり大きな店です。ちょっとショウガの香りのするソルロンタン、前は美味しいなぁと思いながら食べたものです。

 この秋の大韓歯科矯正学会大会は大田市での開催、会場となるテジョンコンベンションセンターを視察にと行ってみた帰りに寄ったのです。タクシーでテジョン駅と告げ、技士さんと話しながら、駅のちょっと手前、薬令市場のハンバッ食堂へ、と訂正すると、あそこも味が落ちたねぇ、昔の味は無いよ、との話です。それなら技士さんの推薦する肉スープの店へ行ってよ、と言ったらば、何で初めからそう言わないんだ?もう過ぎてしまったよとの答え。しょうがないなぁ、じゃ、ハンバッ食堂、停めやすいところで下ろして、と頼んでやってきました。

 広い店内、半分くらいの席が埋まっています。いつもソルロンタンでは面白くないし、味が落ちたという話を聞いた後なのでヤンコムタンを頼んでみました。ヤン=牛のミノ、コムタンは牛のいろんな部位を煮込んだスープで、たぶん、スープ(クンムル)は共通です。おかずは左から細切りダイコンの水キムチ、白菜キムチ、名物のカットゥギです。ここでも前に紹介しましたが、コメの粉を混ぜてるという噂のカットゥギ、美味しかったのですが時期のせいかあんまり。白菜キムチはなかなか美味しいです。でも、肝心のスープ、ヤンコムタンは、実際のところ、前に食べたソルロンタンにくらべ、コクが無いというか、、、まずくはないけど美味しくも無い、そんなふうに感じました。具であるミノはたっぷり入っていますが、これも大した味はしません。

 思うに、昔は高いけれど韓牛(国産牛)が当たり前だったのが最近は安い輸入牛がたくさん。国産牛は高騰、なかなかいい材料を使いにくくなってきたのだと思います。国産牛で通せばマポオクのように他店の1.5倍もの価格になってしまう。でも、昔からのお客さんのことを考えるとそこまでできない。そんなこんなで、老舗の味が変わってしまうとかがあるのかもしれません。高くても、それでいいというお客がそれなりに集まるソウルと地方の差があるのかもしれません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2288 龍山駅・手書きでもケンチャナ!

406 407 412

 龍山駅です。光州行きセマウル号を待っている時、こんな風景を見かけました。

 龍山は湖南線、全羅線、長項線の始発駅、麗水行きのムグンファ号のサボ(語源不明)を手書きで修正しています。

 普通の感覚で行くと麗水は全羅線の終着駅ですので、イクサンから全羅線、全州、南原、順天経由が考えられますし、従来はその経路しかありませんでした。これは最近できた新しい路線、湖南線を光州市内まで走り慶全線に入って宝城、筏橋、順天経由で麗水へ行く列車のよう。昔は無かった経路ですので、サボが無いため「西光州経由」というのを書き足していたようです。

 おじさんが仕事を終えた後、1枚撮ったのですがフォーカスが甘いのでアップできません。同じ列車の別の車両のが3枚目です。

 群山線長項線の開通など、どんどん変わる韓国の鉄道、いちいち専門の看板屋に出していては間に合わないしお金もかかるということでこんな手書き修正が行われているのでしょう。少し前、東京都の水道局の制服のワッペンの作り直しで何千万円か無駄に、という事件がありましたが、いかにも自分の懐が痛まなければ何でもやっちゃうお役所仕事です。韓国のこんなとこ、日本が見習うべき点だと思うのですが、いかがでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記363 KHS F20T

002  最初に買ったスポーツ自転車、最近はたまにしか乗らないKHSです。韓国に持って行く計画がありますがなかなか果たせていません。暑い季節はパスなので当分は実現できないかも。

 荷物がある時は車で出勤、でも、近所の用事とかを自転車で、なんていうときに重宝しています。タイヤが小さいため、空気が抜けやすく、乗る度に空気を入れないといけません。でも、ちょっとした空気入れ、ポンプを押すたびに気持ちよくメーターが上がるので時間はかかりません。写真は新潟駅南口、プラーカ3の前にあるFM局のブース前です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 6日 (月)

普通の韓国を探して2287 外が冷蔵庫

2791  12月の写真です。場所は東大門運動場駅近く、国立医療院との間にあるモテル街の食堂です。

 東大門駅付近、旧イースタンホテル裏のモテル街は昔からちょっと怪しい、旅館バリというのかな?アガシのお誘いもあったりする場所ですが、こちらは新しく、きれいなモテルが集まっています。病院の脇、介護とか見舞いの人の需要もあるのかもしれませんが、かなり混んでいるようで、ひさしぶりに宿泊を断られました。しょうがなくぶらぶら歩いていての風景ですが、食堂の裏手の駐車場、物置になっています。泥棒の少ない韓国、まぁ、こんな野菜、持って行く人はいないのかもしれませんが、気温も低いし、でも、凍ってしまうほどの寒さではない12月、材料をそのまま屋外に置いてあるのはいかにも韓国の食堂らしいなと思っての1枚です。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2286 地べたビュー3 清涼里現代コア近く

180 181 182 184

 清涼里現代コアの前、清涼里在来市場の東の入口から南へ、鍾路のつづきの大通りに出る道です。焼肉の店が多く、清涼里モクチャコルモクという感じの通りなのですが、各店、店の前の道路にビール会社提供の椅子テーブルセットを出して、外での飲食をやっています。

 道路での営業、もちろん不法ですがそこはケンチャナヨ。通れればオーケーというところです。幌張馬車ももちろん不法ですが警察の方と一緒に飲んだこともありますし、そんな堅いこと言っていたらうまくいかない場合はケンチャナ、それが韓国のいい所です。

 1枚目、立っての普通の写真、やはりちょっとブレがあります。2枚目は同じ方向の地べたビュー、フォーカスが良くなっているでしょう?これが地べたビュー写真のポイントです。またほぼ同じ場所の1.60mと0.03mという視点の差=1,2枚目の比較もなかなか面白いと思います。

 3枚目は西へ、東西市場の方への果物卸の店が多い通り、4枚目は角にあったそんな果物の店。小売りもしているようです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 5日 (日)

とうちゃんの自転車日記362 どんどん変わる新潟駅南口広場

658  一昨日くらいの写真です。ヨドバシへ上がる外階段の途中からのもの。タクシー乗り場が駅に近いほうへ移転しています。新幹線の駅からすぐに空港リムジンに乗車できる、というのが売りだったのが、タクシー乗り場も近くに来たってわけです。

 新潟市も南方面行のバスをここに集中させてもっと市内中心部へ行く人のためのサービス、「カードに限り」でいいから乗り継ぎ割引とかやればいいのにねぇ。500円上限制は英断だったと思いますが、公共交通、経営が大変なのはわかるけど、このまま行けば何も変わらないし、、、日本で最初!とかいう何かをやるのもいいと思うのだけど。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事475 마포옥 설롱탕(설농탕) 특

382 383 384 385 386 387 388 389

美味しいメニューなのでちょっと写真が沢山。麻浦屋のソルロンタン、今回は特です。

 9000Wの普通、12000Wの特、18000Wのチャドルタンがあり、そのほかにスユクメニューがあります。クンムル(スープ)は共通ですがご飯、素麺とともに入ってくる肉が違うようです。今のレートは大体100円が1250Wですので、それぞれ720円、960円、1440円と1人用のスープ料理、「탕」の価格としてはかなり高めですがそれでも食べたくなる、抜群のソルロンタンです。

 普通に入っている肉はヤンジと呼ばれるパサパサしたもも肉のような赤身肉、チャドルタンは切り方は違いますが白い結合組織が含まれるチャドルペギ、この特、5枚目でわかりますが、赤身部分はチャドルタンに近い感じでパサパサしていません。やはりチャドルタンのように、ハサミでカットして葱と唐辛子を添えた薬味醤油につけて食べます。スープは一緒ですので財布の事情、それぞれの肉の好みで選択すればいいでしょう。

 今年で4回目の訪問、一度アジュマが注文を間違ったりした一件もあり、顔を覚えてもらえたようです。美味しかったです。

 稿を改めますが同じ日に大田の伝統店であるハンバッ食堂にも行きました。こちらはなんだか昔のが美味しかった感じでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2285 地べたビュー2 また竜山駅

416 417 418 419

 ムグンファ号の発車です。客車列車というだけで鉄道好きには嬉しいですよね。

 DL牽引が主だった昔も、電機牽引が増えてきた今も、電車に比べれば静かでゆっくりした出発です。単なる速さを考えなければ機関車に引かれてごっとんごっとんとゆっくり加速して行く客車列車のほうが気持ちがいい、そんなふうに感じる私です。

 このムグンファ号についてはまたちょっと別に面白いネタがあります。近日中に紹介しましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 4日 (土)

普通の韓国を探して2284 ポンゲを伴うソナギ

604 605

 ソナギ、辞典は見ていませんが、にわか雨というやつでしょうか、2日の朝の天気予報、どの局も雷を伴うソナギが降り、地方によっては強い雨になると報じていました。果たしてそのとおり、曇ってはいましたがなんの前触れもなくすごい雨、雷も鳴っています。こんな大雨、私のソウル訪問では2度目かな?

 しかしドラマや映画で、このソナギ、突然の大雨、しばしば見かけます。「猟奇的な彼女」、「シュリ」、まだまだたくさん見ています。主人公たちが慌てて雨宿りして、という場面、韓国映画ではお馴染みです。実際、日本のにわか雨、夕立ちなんかよりもずっと行動が早い感じ、また豪快に降ります。なんでもパルリパルリの韓国らしいなと感じました。

 1枚目は下で跳ね上がる水滴が見えます。こんなだと傘を差していても下から濡れる感じですから屋内に避難するしかありません。昔経験したソウルの大雨では傘の布地を通して雨漏りするほどのを経験しています。その時は靴の中まで水がたまりました。

 2枚目は地下鉄駅の階段の傘売りアジュマ。ソウルでは雨が降るとどこでも傘屋を併設します。店の奥から段ボール箱1つ持ってきて目に付く場所に置くだけですが。5000Wくらいで買えるのでどんどん売れます。われわれ旅行者にとっても、これ、ありがたいもので、私の韓国行き、傘は基本的には持って行きません。降ってきたらどこでも買えるさ、というところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2283 地下鉄1回用乗車カード

659 660

 少し前にお伝えしたように、ソウルの地下鉄駅の売票所窓口(切符売り場)は全部閉鎖されることになりました。代りにできたのがTマネーの充填機と、1回用カード、優待券の販売機です。職員は今のところ機械のそばに立って使い方を説明するのに大変なようでした。

 1枚目は普通のTマネー、2枚目が1回用のカード乗車券です。これも500Wだったかの保障金がかかるため、運賃に保障金をプラスした金額を入れて発行。目的駅で払い戻し専用機にこれを返すと500Wだかの保障金が戻るというちょっと面倒なシステムです。優待券をインチキでもらえるかというと、そっちは住民登録証を提示する部分があり、ダメ。でも、優待券の場合のカードは、保障金、どうなんでしょう?よくわかりません。

 結局は省力化、資源節約のために皆さんカードを使って下さいということでしょう。でも、何度も書いていますが会社側に大きなメリットになるカード制、日本でも割引が適用されるようにすべきだと思うのは私だけではないでしょう。韓国の割引制度、カード割引の他に乗り継ぎ無料制度もあるし、ありがたいもんです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して2282 地べたビュー1 龍山駅

422 423 424 425 426 427

 暗い所の写真、非力なストロボをたくよりもカメラの手ぶれ補正機能に期待して発光禁止にして撮る方がいい感じになります。でも、補正しきれないこともしばしば。うまく決まるとしっとりきれいな写真になるのですけどねぇ。

 そこで試みたのがカメラを地面に置いて固定すること。半分くらいが地面の絵になりますが、これも一風変わった面白さがあります。日常的に見られない視線からの風景ってわけです。

 今回の写真はセマウル号を待っていたときの龍山駅。ムグンファか、セマウルか、DLの入線を撮ろうと思っていたら後ろから怪鳥の如き高速鉄道ヨルチャが追い抜いて行きました。地べたビュー、いくつか紹介していきます。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2009年7月 3日 (金)

2009年7月3日 韓国ソウルのタクシー料金

 おはようございます

 今日は午後からの日、いろいろ雑務、出張のかたずけなんかをやっています。ちなみに30日の円W交換率は100円=1250W、空港の銀行での交換です。依然円高ですね。

 W分の経費は領収証をまとめて集計、別紙メモを作って円に計算して精算します。今回、けっこうタクシーに乗ったのでまた距離と料金をまとめてみました。

2.4Km 3600W

3.2Km 4100W

2.4Km 3400W

6.3Km 6200W

3.9Km 4500W

4.0Km 5200W

4.0Km 4600W

4.1Km 4100W

 硬貨のおつりはもらわないことにしています。これは日本でも一緒です。道の混み具合にもよりますが、調子よく走るとやはり1Kmで1000W。大渋滞の夕方には地下鉄を使ったので、そんなに混んでいた時間の数字はないのですが、ちょっと混んでいると1Kmあたり1500Wという感じです。

 ちょっと前に値上げしたので基本は2400Wですが、やっぱり韓国のタクシー、申し訳ないくらいに安いです。たとえばバスや地下鉄は1人で1000Wですから3人乗って近い所だったらタクシーのが安くなるのです。高校生なんかも気楽に使うわけです。

 けっこう技士さんと話すのですが、夜の12時からの1,2時間は命だと言っていました。やはりメーターを使わないで交渉で、というのがあるようです。また、ソウルの道、左折禁止が多いので回らないといけないのに日本人が誤解してのトラブルの話も聞きました。忙しい時間に日本人観光客に当たるのは財数オプタ、、ゲンが悪いというか、運が悪いというか、そんな気持をもたれることもあるのかな?とちょっと心配です。

 景気が悪くなり、昔のように本当に乗れない、2倍3倍当たり前、合乗でも乗れればラッキー、そんなほどではないと聞いていますが、前に話した代理運転との競合もあり、大変だと言っていた技士さんもいました。「決まりは決まり」とは言えますが、反対に、「法に触れなければ何をやってもいい」という乗る側の問題も社会的実情を考慮すると、あるのかなぁ、って思います。こんなお話に付き合ってくれたお礼の意味もこめて、お釣りはもらわないようにしているのです。

| | コメント (2) | トラックバック (4)

普通の韓国を探して2281 特別列車専用機?・7300型DL

519  大田駅を出てすぐのあたり、上行線のセマウル号に乗っていたら珍しい塗装の機関車を見かけました。白黄色緑色の旧塗装、白赤青の新塗装でもない全体が紺色のもので、拡大すると7300番台のようです。韓国にしては落ち着いた、シックな感じ。我が新潟県でもたまに見かけるトワイライトエクスプレス専用機みたいな感じで、ちょっと得した気分。嬉しい1枚です。

 韓国の鉄道、上りは上行、下りは下行とそれぞれ呼んでいます。ハングルの解説は省略します。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2280 清渓川4街・普通のソウル

009

 チョンゲチョン4街の裏通りです。印刷、建築内装、照明、家具、そんな関係の店が集まるあたりのごく普通の街角の風景、働いている人もたくさん。また、そういう人の食事のための食堂もたくさんあり、頭にお盆を載せた食堂アジュマが配達する風景なんかもよく見かけられます。5000Wくらいで野菜たっぷりの美味しい食事ができる韓国、本当にありがたい国です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年7月 2日 (木)

普通の韓国を探して2279 カッチャ製品展示会

2009_0612ixus820110346 2009_0612ixus820110347

 ほう!韓国らしいなぁと感じたポスターですが、有名ブランド品と精巧なニセモノの比較展示会のようです。なんちゃってクラスのものから本当に見分けがつかないS級、Sプラス級まで、失礼ながらにせ物の本場みたいに思えてしまう韓国ですが、取り締まりもけっこうやっているようです。まぁ、業者のほうも手を替え品を替え、イタチごっこなのかもしれませんが、、、  

 精巧な偽物、本物の50%くらいの値段だったりもします。そんなんならもうちっと頑張って貯金して本物を買えばいいのになぁ、って思う私です。商標法違反、りっぱな犯罪です。最大の客であると思われる日本人の我々にも責任はあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

« 2009年6月 | トップページ | 2009年8月 »