« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »

2009年9月30日 (水)

2009年9月30日 石膏トラップAの掃除

023

 機内食の写真、話なんかはもう当たり前過ぎてヤメ、と言いましたがうなぎご飯は初めてでした。帰りは、これは撮影しませんでしたが塩味のえびご飯。やはりいつもと違うと得したような気分になります。

 本日は休み、でも石膏関係の掃除に出てきました。石膏を削った粉を食べる細菌がいるのでしょうね。たまって時間がたつと硫化水素っぽい臭いがしてきます。ビルの配管を詰まらせないよう、石膏トラップを2つ設けていますが、今日はトリマー下の自製のAトラップだけにしときます。まぁ、院長の大事な仕事の一つです。さぁて、帰って朝飯です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2396 私が見た南大門市場7

312 313 3141 315 316

 ソウルを知らない人、南大門市場を知らない人に、「こういう所なんだよ」と見せるには適していません。あくまで、「ネガ ボン 南大門市場」ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2395 黄鶴洞を歩く5

233 234 235 2361

 2枚目は前にガスのメーターの写真として紹介済みです。この4枚は黄鶴洞の中でもかなり北、清渓川に近い場所の丘の上です。傾斜がわかる写真が多いと思います。

 前々からの夢ですが宝くじ、2億円とか当たったらこのファンハク洞のロッテキャッスル、そんなに大きくなくてもいいので買いたいと思っています。ガラが悪い地域だなんて悪口も聞かれますが、私の友達が多い場所ですので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月29日 (火)

普通の韓国を探して2394 내가 본 남대문시장6

306 307 308 309 310 311

 ガイドブックや観光HP、ブログ、そんなのと正反対の南大門市場の写真かもしれません。カッコつけて言うと「読者に媚びない」ってとこでしょうか?へたな説明なしでご覧ください。

 2枚目、テゲ路寄りの屋台街ですが、こんなにすいてて奥まで見通せるのは珍しいかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事485 부산(釜山)명물(名物) 돼지(テジ=豚)국(汁)밥(ご飯)

3671 3681 3711

釜山へ行ったら朝ごはんはテジクッパプです。スンデクッパプに比べ、ややあっさりのクンムル(スープ)ですし、肉、内臓、スンデ、それぞれの混合、頼めば何でもできる、そんなスープかけごはんです。

 写真のようにアミの塩辛(セウジョッ)とニラのような細ネギのような、そんなのをたっぷり入れていただきます。この店は少し塩でもんであるようで、最初は薄いかなと思いましたがすぐにちょうど良い塩加減になりました。スープまで全部とは行きませんでしたが満足の朝食になりました。

 慶南地方、どこへ行ってもテジクッパプの看板は見かけられます。店の数だけテジクッパプの味もいろいろあるのでしょうね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2393 黄鶴洞を歩く4 

228 229 230 231 232

 この辺、清渓川南側の緩やかな斜面にあたります。また、川の方向に平行な峠もあったり、大きな起伏はありませんが、高くなった場所があります。2回前の項で写っていた教会がある場所もそんな小さな山の頂上でした。今回の5枚はもっと北側、ロッテキャッスルに近いほうの小高い部分です。3,4,5枚目のビルは中央市場と清渓7街を結ぶメインの通りにあるもので、サウナ・チムジルバンの看板が見えます。独立した建物のものは少数派。少なくとも地価の高いソウルではサウナ・チムジルバンの多くはビルの中にあります。ハングルが読めればそこらじゅうにあるのがわかることと思います。

 2枚目、ちょっとカッコいいでしょう?壁の感じ、彩色された壺、遠くにそびえる東大門のドゥーサンタウォ。大陸の乾いた空気を感じていただければ嬉しいです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月28日 (月)

普通の韓国を探して2392 私が見た南大門市場5

301 302 303 304 305

 朝の南大門市場、けっこう写真があります。おまけにこの時のは工事中。昼間の賑わいをご存じの方は多いでしょうが、こういう工事、夜中中心にやっているのでしょうかねぇ?

 ハングルの読みの練習にいい写真が並んでいます。まず남대문시장というのからスタートするのが良いでしょう。普通の頭なら1時間。あとは好きな分野の興味を持てる本をとにかく読む。意味がわからない言葉があっても通して読む。どうしても知りたい言葉があれば辞書を引く。でも、まずはスピードをつける。それが韓国語習得の早道です。じっくり~なんてやってるより速く読める力がその後の伸びを左右する大きな要素になります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2391 黄鶴洞を歩く3

223 224 225 226 227

 黄鶴洞の普通の町、最初の2枚は路地、後半3枚はちょっとした表通り。ロッテケッスルアパートが見下ろす町です。

 数年かけての再開発でできたこの巨大高級アパート群ができる前はこの町、もっともっと面白かったのではないかと思われます。中古ビデオソフトをいくつか買って、黒いビニル袋をぶら下げてコプチャンクイの屋台でマッコリをやりながら塩焼きホルモン(丸腸)を楽しむ。何十回も行っているソウルの下町です。

 今回の5枚も、写真をそのままお楽しみください。これもソウルです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2390 普通の韓国を見たくて、、、 念願の구형왕릉

468  買い物目的の場所とか観光名所めぐりではなく、ガイドブックのおさらいでもなく、古(いにしえ)のアガシ観光の復習でもない旅行。そんなテーマが「普通の韓国を探して」です。

 日本人の中では、また普通の韓国人と比べても韓国のあちこちを歩いているほうだと自分でも思うし、周囲からも認められてはいますが、日程の都合上なかなか行きにくい場所もたくさん。特に離島なんかは私にはなかなか行けません。 また、金浦と仁川が分かれていらい、国内線乗り継ぎでの旅行がやりにくくなり、慶尚道方面、どうしても手薄になっています。

 今回の釜山行き、少しでもそんな課題を片付けようということで、タクシーを交渉して借り切って昔から行きたかった場所。宮原さんの本で紹介されていた伝仇衡王陵(伝=そう伝えられている)を訪問しました。地名で言うと大韓民国慶尚南道山清郡今西面花渓里(대한민국 경상남도 산청군 금서면 화계리)になります。

 釜山から馬山、晋州と、何度か行っている知った道。晋州の町をぐるっと周回して北の山に入り初めての場所である山清。ここの町をちょっと歩いてみて、いよいよ本格的な山道に入って花渓里です。途中、ホジュンだかの記念館というか博物館みたいなのがあると技士さんが言っていましたがそんな新しい施設よりもクヒョン王陵です。韓国人もあまり行かないという念願の仇衡王陵、花渓里から2キロ弱でしょうか?小さな谷の奥にありました。いい場所です。

 所々で車を停めてもらって写真を撮ったり、少し町を見たり。贅沢な移動になりましたが、韓国国内で最も見てみたかった風景の一つ、この目で見てきました。その日は「もう、今日死んでも幸福だ。」、そんな気持でした。

 後日続きを紹介しますが韓国で2か所しかないという石積みの古墳の一つである仇衡王陵。後からつくられたお堂とか塀がありました。そして、いかにも韓国。入口のそばでは登山服姿のアジュマ約10名がユンノリに興じていました。いい手が出ると大声で喜びます。まぁ、周囲には私とタクシー技士さんしかいませんが、古墳で眠る古代伽耶国の王様も苦笑いしてたことでしょう。

 仇衡王陵=구형왕릉  クヒョンワンヌン クヒョン王は金官伽耶の最後の王様だそうです。宮原さんの「誰も歩かなかった韓国」を参照、もしくはネットで検索してみてください。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2009年9月26日 (土)

普通の韓国を探して2389 黄鶴洞を歩く2

218 219 220 221_2 222

 人気漫画、「亀有公園前派出所」というのをみなさん御存知だと思います。私が学生のころ始った連載で最初は山止たつひこさんという名前で書いておられたはず。単行本も10何巻かまで持っていましたが、その中で出てきた好きな台詞に中川巡査の「なぁに、ほんの実力ですよ」というのがあります。

 今回も自分でも気に入っている写真です。全部が황학동の 골목길(小路、路地)です。言ってしまいましょう。「いい写真に解説はいりません」、って。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2388 黄鶴洞を歩く1

213 2141 215 216 217

 中央市場から馬場路を越え、清渓川路に出るまでのあたり。それこそ何十回も歩いている場所です。またガラクタ電気製品の店、厨房機器、設備の店、家具の店、そんな西側、東大門側は歩いていましたが東側、ウォンハルモニポッサム本家への峠の方、普通の古い家々が並ぶ方は案外行っていません。じっくり黄鶴洞を歩いてみることにしました。

 この写真は1枚目は西側のほう。中古電気製品屋だのが多い方。2枚目は旧道と新道の北の合流点。後半は東の普通の家が多い丘の町でした。

 韓国人に関してもそうですが「황학동 놀이터」で、ごちゃごちゃした町の中、家具の店などと普通の家がひしめき合う町中の公園がわかる人は、黄鶴洞通だと思います。夜でもこうこうと水銀灯が灯るあの公園、ご存じの方、おられますか?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2387 私が見た南大門市場4

296 297 298 299 300

 朝のナンデムン市場です。昼間はうるさいほどかかってくる観光客向けの呼び込みもなく、静かで景色もよく見えます。ほとんど平日しか行かない私でも昼間の混雑には閉口する場所です。ゆっくり品物を見たりするならやはり早めの時間が良いでしょう。

 平地だけでなく、ビルになっている商街がたくさん。韓国人でもここ、全部を知る人はいないでしょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月25日 (金)

普通の韓国を探して2386 釜山大学校訪問

291  釜山大学校へ行ってきました。研究に関する話をして、食事をして、翌日は久々のタクシー借りきりで少しエクスカーション。有意義な出張になりました。

 写真は釜山の朝の散策のときのもの。何度か子供たちの写真をアップしていましたが屈託ない笑顔、やはり日本の子供より無邪気で、、、知らない外国人を怖がることなく普通に接してくれるのが嬉しいです。あと、写真慣れしているな、とまたも感じた1枚です。きょうだいでしょうかねぇ?2人。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月25日 월급날이다.

015 161

前にも書いたとおり、韓国にここまで深く関係を持つとは思っていなかったので最初の19回はマイレッジカードに加入しませんでした。当時は日本線のサービスで1000マイル均一でしたので、38000マイル分、もらっていません。1往復できる量ですのでちょっと残念に思っています。

 今回は日本の連休のため飛行機が大きくなっていて、早めに行ったお得意さんということで10番窓側、通常のビジネス席に乗せてもらえました。さて、機内食は、、、と期待しましたがさすがにそこまでのオマケはもらえず、本当にビジネス料金を払ったお客さんとはいつもどおりカーテンで隔離。私たちおまけ組は普通のご飯でしたが、なんか得した気分。宝くじを買わなきゃな、と思いました。

 本日はちょっと多忙。留守中にコメントいただいた方、ありがとうございます。なるべく早くレスをつけます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月20日 (日)

普通の韓国を探して2385 黄鶴洞 中央市場あたり

241 209 210 211 212

 2号線新堂駅北側に広がるソウル彩大の在来市場と言われる中央市場、1枚目はそのメイン通路です。ここまではかなり前からガイドブックにも紹介されていました。でも、実際に行く日本人は割合少なめ。その後ネットの時代、韓流ブームとつながり、チョンゲチョン路沿いのビデオ屋へ訪れる日本人が増加。ガイドブックの先を行く人が増えてきた、そんなだと思います。

 何度かここでも紹介しているように、私の韓国語、この辺で磨かれたもので、知り合いのコプチャン関係者は依然多数いますが、案外細い道までは入っていません。そんなファンハク洞の裏通りをちょっとシリーズでやってみます。今年の春の写真、初夏の写真が中心です。普通のソウルの町の風景をお楽しみください。ハングルの解説は省きます。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2384 私が見た南大門市場3

291 292 293 294 295

 皆朝の写真です。昼間は韓国人、日本人などの外国人でごった返す南大門市場もまだまだ静かな時間。店開き中ですが、昼間はうるさいほどかかる観光客向けの売り込みの声もありません。自由自在に歩くことができます。

 本日も仕事、明日から我が医院も連休に入ります。肩凝りは依然一進一退という感じ。こんな時には休養と軽い運動、仕事を離れるのが一番なような気がします。コンピュータも、ちょっと休みです。

 すでに連休に入っておられる方、よい休暇をお楽しみください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月19日 (土)

普通の韓国を探して2383 ひさしぶりの大田駅

506 507 508 509 510 511

 この初夏の写真です。通り過ぎることはしばしば、でも、駅で降りて街を歩くとかはあんまり。また、ソウルからそんなに時間もかからないので泊ることもあんまり無い、そんな韓国の真ん中の都市である大田です。泊ったのは2度くらいしかありません。

 ハングルの解説は省きます。1,2枚目、KTX駅になって広く整備された駅前広場です。ずっと地下鉄工事をやっていたイメージがあります。2棟の高層ビルは駅の東ですが、まだ出口、、あ?あったっけ?

 3枚目、駅を背にして右手、大通りの1本裏手の道です。ここ、Hな店というか旅館、旅人宿(女人宿?)があるという通りの入口で、夜になるとポン引きのアジュマが駅前広場まで出張して男性に声をかけています。一時大きな本屋では平積みになっていた本、「遊郭の歴史」によれば、韓国全土で最も安く遊べる場所だったそうです。

 大通りを渡ったあたりの旅館街も前に報告したとおり、泊まるのは特別、遊ぶのが普通、なんていう旅館が多いみたいだし、どこでも形を変えて風俗産業はあるのでしょう。堂も韓国、駅のそばにそういうところが多いようにも思えます。

 6枚目は広場の右手ですが、暇そうなアジョシやハラボジがたむろしています。昼間から焼酎をやっているグループもいたり。不慣れな日本人観光客が見ると、治安が~だの言いだしそうですが、別にからまれたりだの、近くでカメラを向けるとかしない限りありません。浮浪者もいるかもしれませんが、普通はぜんぜん怖くないです。煙草を1本くれないか?なんて声をかけられることもありますが、ごめん、私吸わないんです、で済みます。5枚目の右端に写っているかな?韓国でも禁煙が進んでいますので喫煙所は駅舎から離れた場所なんですが、モク拾いをしてるアジョシもしばしば見かけます。たばこ、買いなさいと言って2500Wあげたことも何度かありました。

 いろんな人が通る場所である駅。私にとっても特別な場所ですね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記384 柏崎市諏訪町と新花町

134 135 136 137

 東柏崎駅の前から海の方へ向かいます。1,2枚目は最初の交差点のあたり。諏訪町という商店街です。平日のお昼頃ですが車も人も少ない感じ。地方都市の昔からの繁華街の衰退、県内どこでも見られますが、この辺、特に寂しい感じを受けました。みな車で動く時代、郊外の大きな駐車場を備えたショッピングセンターなんかに行ってしまうのでしょう。歯医者や極小企業含め、個人商店など小さな規模の事業はこれからますます厳しい時代を迎えることになりそうです。

 3、4枚目はちょっと面白い写真なのですが、わかりますか?新花町というのの入口付近、地図を確認できる方は一度ネット地図でも結構ですご覧になってみてください。東柏崎駅前からの道に対し、この先の十字路、直角ではなく斜めになっています。「おお!」と感じたのですが、これ、東京の吉原(新吉原)もそうなんです。普通の町と遊郭を区別するため、道路の走行方向をその地域だけ斜めにし、見通せないようにして、特別な地域とした、そんな昔の施策の名残なのでしょう。地図が好きな方なら、きっと興味を持っていただけることと思います。4枚目の右前方の一角がその新花町です。

 前にも書いたかな?東京吉原の「土手の伊勢屋」の天丼、ちょっと値が張りますが、それだけの価値がある豪華な天丼です。たまのご馳走、あれくらいでないといけません。また自家製のふりかけも美味しくて、いいお土産になります。水曜定休、お勧めの店です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2382 私が見た南大門市場2

286 287 288 289 290

 やっと南大門市場というタイトルに近い写真になりました。昨日分からずっと順番で朝のソウル市内中心部のシリーズとなります。1枚1枚、私が何か「いいな!」と感じてのものだったはず。どういう意図で撮ったのか、そんなのを汲みとってご覧いただければ嬉しく思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月18日 (金)

すばらしい韓国の食事484 食べたいなぁ!! トースト

594 595

 南大門市場の小公洞側、かなり広い、夜はポジャンマチャが並ぶあの通りの南大門路側出口角の知り合いのアジュマがやってる屋台です。甘くしないで、ケチャップで、と頼むとでっかいマーガリンの塊を鉄板に押しつけて油をひき、パンと薄いハム、そしてお好み焼きの生地みたいな薄い小麦粉をといたのにからめたキャベツを焼いて、、、 B級グルメってやつでしょうが、なかなか美味しいです。軽食としても適切なボリューム。昔は食べなかったのですが一度食べたらファンになりました。そろそろお腹がすいてくる時間。トースト、美味しいですよねぇ。出来合いの菓子パンなんかよりやっぱ熱々のトーストが好きです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記383 もうかざめ、ご存じですか?

195  「毛鹿さめ(もうかざめ)」、とあります。ネットで調べてみると三陸あたりでよく獲れて、栃木県あたりでよく食べられているとか。私も前に一度、物珍しさでわざわざ購入、焼いて食べたことがあります。

 特別クセもなく、でも、普通の魚とは違った、動物の肉に近い歯ざわりがあります。とくに血合いのような赤みが濃い部分は堅くてしっかりした歯応え、本当になんの肉かわかりません。

 自宅で料理した時は私以外の家族は敬遠してしまい、思う存分、イヤになるほど食べることができましたが、そんな珍しい魚の切り身、寂れてしまった柏崎市の中心街のスーパーで見つけることができました。買いたかったけどこの後の予定があったのでパスしないといけませんでしたが、モウカザメ、柏崎あたりの人にはポピュラーなのかな?今度あっちの人に会ったら聞いてみましょう。

 関東地方や東京の方、これ、ご存知でしたか?私は案外好きな味。あったらまた買いたいと思っています。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2381 私が見た南大門市場

282 283 284 285

 忙しいです。おまけに肩凝りもあり、あれこれ対策を講じてはいますが、解決には時間も必要みたい。

 写真は明洞駅付近のホテルから南大門市場への道だったと思います。誰でも知ってる、誰でも行ったことがある場所ですので、あまりそんなふうじゃない風景ばかりシャッターを切ってる私です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月15日 (火)

普通の韓国を探して2380 ニューオリエンタルホテルから南大門市場へ

281 280 278 279

 肩こり、いつもはたいてい左がひどかったのですが今回は右です。なかなか強力。幸い本日は暇ですのでなんとか仕事をこなして明日明後日は運動に努めます。

 今回もちょっと手軽に明洞付近。テゲロの南から明洞地下商街経由で南大門市場への道だったと思います。小公洞、明洞、乙支路、鍾路、たくさんの地下サンガがあるソウル。商売、大丈夫なのかな?と心配する店も多数。知らないうちに入れ替わっているところもたくさんあるのでしょう。

 ちょっと前、新聞で見ましたが、私が常々言っているとおり、日本だと事業を起こすのも慎重かつ難しいけど、韓国ではイージー。また日本では一度失敗したらもう大抵は人生スリーアウト、ってな感覚があるけど、韓国ではまたやればいいや、という感じ。その辺、日本がおかしいのでは?という意見がありました。お互い見習うべき点の多い2つの国です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記382 越後線東柏崎駅

129 130 131 132 133

 跨線橋を越えた西側が駅の入り口です。しっかりした建築でしたがすでに無人駅になっています。時刻表を見ると日に上下9本。でも、新潟まで行くのは確か1本しかなかったはず。 新潟柏崎間、距離的には長岡経由よりも近かったと思いますが実際に吉田乗継ででも新潟まで乗る人はほとんどいないと思います。バスのが本数が多いし、安いし、速いですから。

 改札口が開放されていたのを幸いにホームまで出て写真を撮りました。交換可能な2本のホームがありますが、現在はすべて1番線を使用だか、そんな掲示がありました。

 昔は貨物扱いもしていて、線路規格が低いので大きい機関車が入れず、C56が残っていたなんて噂もありました。吉田と柏崎の間はのどかな田園地帯を走り、小さな峠もあり、なかなか気持ちのいい路線です。かくいう私も全線は乗っていない(車で走っています)、そんなローカル線です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月14日 (月)

とうちゃんの自転車日記381 比角という地名

122 123 124 125 126 127 128

 肩の力を抜いて、少しだけアップです。白龍公園からちょっと北へ歩くと、なんか昔の道のイメージを残す通りがあります。今はあまり車が通らないけど昔はメインストリートだった、そんないい感じの道です。お寺があり、神社があり、古い食堂あり。そんな場所です。

 すぐ先には踏切。そしてそのそばには趣のある小さな居酒屋。駅が見えましたのでそっちのほうへ。東柏崎駅のようですが、古い地図では比角駅となっています。「ひすみ」?、「ひずみ」? なんで東柏崎なんて名前にしたのでしょう?

 線路の向こうにはなんか昭和初期の建築?古い地図だと実践女学校だかいう場所かもしれません。さらに進めば駅のすぐ裏手。柏崎常盤高等学校(写真撮らず)があるためか、屋根付きの跨線橋があります。その上から柏崎方面、新潟方面、1枚ずつ撮影。暑い日でしたのでまた休憩を取ることにしました。

 住んでいる都市でも、行ったことのない場所、初めての場所へ行った時は心がときめきます。同じ県内。90キロ弱離れた柏崎市。他の地方都市同様、中心部はかなり寂れ気味ですが、そういう町を歩くのが好きです。家内などはこういうの、興味がないようですが、お金と時間があったら日本中、もしくは韓国中の知らない場所へ行ってみたい。そんなふうに思っています。こんな「普通の町」の写真、いかがでしょう?静かな感じはわかりますよね?すべて平日の午後1時過ぎの写真です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2379 韓国のネオン・たまには力を抜いて

149  ホリディイン城北ソウルの隣の焼き肉屋です。かなりの大型店、売りはテジカルビのようです。一時たくさん出回った韓国風メニュー、また、雑誌やなんかでの紹介で「デジカルビ」と書かれたのをしばしば見ました。語頭ではあまり濁った感じにならないのが韓国語、「テジカルビ」で充分通じます。「カルビ」とともに、通じ易い単語です。

 夏休み終盤の忙しい時期、その後もなんだかんだバタバタして、ここんとこ肩こりも出てきました。たぶん運動不足です。なかなか丸丸の休みがとれないし、仕事の日は帰ると飯食って、すぐに飲んでしまうのでなかなか運動できません。サウナで汗をかくのは、運動しないで汗をかくこと。なんだかズルみたいな感じがして好きでありません(沐浴湯=スーパー銭湯でよく洗うのは好きですけど)し。

 月・火・水・木、酒を飲まないでできるだけ身体を動かすことにしましょう。本日は夜間診療、連休があるので今月は早く給与手続きなどをしないといけません。朝から出てきていますが、お昼はちょっと遠くまで自転車で食べに行こうかと考えています。

 新しい週。よい一週間になりますよう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月12日 (土)

とうちゃんの自転車日記380 白龍公園

098 102 103 099

 仕事でも遊びでも、何か他と違うところやうまくいかないところをを見つけたら「何でだろう?」と思うことが大事です。そしてその訳がわかったときの喜びは、なかなかのものです。ちょっとわかりにくいかな?この話。

 さて、今回の写真は柏崎市の日吉町から南町、駅前へと向かう高速バスの経路、越後線との交差部近くの公園です。大学勤務時代数年間毎週通った道で、行きはバス、帰りは信越線の特急雷鳥でした。もうすぐ高速バスの終点、という場所、進行方向右側にある公園です。

 写真を見てもわかると思いますが、この公園、細長くて、そして1段、周囲の土地よりも低くなっているのです。普通は公共施設に限らず、家でも店でも道路より少し高くなっているのが普通。それがこの公園、低いんですよ。80年代に100回とかそれ以上見て、何でここ、低くなっている公園なんだろう、と思っていたのが、今回歩きで訪問して、やっとわかり本当にスッキリ! 気持のいい解決を得ました。やはり徒歩とか自転車のスピードでないとわからないこと、たくさんあるなと感じた一件です。

 答えは、写真の4枚目の記念碑にあったのですが、ここ、昔は細長いため池だったのだそうです。先日入手した昭和30年代末期の地図でも、細長い池が描かれています。「ねずみ塘」とありますが、「池塘」の「とう」なんて読むのでしょう?いまや池だったのを見た人は少ないのでしょうが、なんだか感慨深く、休憩のひと時を過ごし、東柏崎駅方面へとまた歩きだしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2378 돈암2동 흥천사続き

080 081 082 083 084 085

 やはり私はお寺よりも普通のひとが住む普通の町のが好きです。たくさん写真を撮りましたが、これくらいにしておきます。

 本日は超多忙。がんばらないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月11日 (金)

とうちゃんの自転車日記379 信濃川風景

007  今週初めの写真、新潟市内を流れる信濃川、万代橋から上流を眺めた1枚です。風もなく穏やかな秋晴れの日でしたが、もう少し波がなければ完璧に水面に映ってくれるのにな、と思いながらのシャッターでした。

 海でなくても広い水面を見ていると心が穏やかになります。信濃川沿いのマンションもいいかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2377 東大門早朝風景・261번 버스 차창을 통해서

247 248 249 250 251 252 253

 宿のある清涼里から麻浦まで、マポオクの朝ごはんを食べに行く時のバス、261番からの写真です。

 このバス、清涼里、チェギ洞、新設洞と鍾路を走りますが、東大門からは乙支路に入ります。いつも混んでいる東大門ロータリーは左折ができないので少し鍾路5街近くまで走り、右折右折右折と回って再度東大門前のロータリーに北側から出てきて直進。東大門運動場で右折してウルチ路に入るのです。

 ソウルを代表する大きな交差点でもあるため、信号がなかなか変わらず、外を眺めていると手押し車を引いたハラボジと後から押すハルモニ。どうやら路上での商売を始めるふう。別にお金に困って無くても韓国のお年寄り、いろいろ小さな商売をやるのが好きです。たぶん、ハルモニが露天商で野菜なんかを売り、ハラボジは朝と夜、店開きと店仕舞いの手伝いに出てきてる。そんなだと思います。いつもここで商売しているのでしょう。割合手慣れた感じで通勤で混み合う歩道上、荷物を広げ始めました。

 地下鉄には地下鉄なりの車内観察の面白さ、楽しみがありますが、やはり景色の見えるバスならではの一連の写真。なかなか面白いなと思います。いかがでしょう?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2376 興天寺・敦岩2洞のお寺

076 077 078

 흥천사(興天寺)、私は山門から参道を経てではなく、本堂裏手の通用口みたいなところから入ったようです。いくつかの韓国式のかなり派手な彩色のお堂がありましたが、その裏の方、こんな真っ白けの観音像(?)がありました。前には韓国式のお参りするための台、線香だのお供え物を置く棚みたいなのもあります。

 何かをお願いにお参りするとき、たぶんここで座ったりクンチョル(立った位置から一気にしゃがんで伏せる挨拶)したりするのではないでしょうか? ふと思い出したのがそういう願い事に大きなご利益のあるというテグのカッバウィ仏像。けっこうあちこち行っている私の未踏の場所。行きたい場所です。帽子をかぶった像、韓国にはいくつかあるのでしょうが、なかなかすごい場所にあるすごい像です。今度行ってみるかなぁ、、、

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 8日 (火)

2009年9月8日 昨日の写真、全部で8枚

001 002 003 004 005 006 008 009

 毎週月曜と金曜は夜間診療で、午後から始めて少し遅くまでやります。スタッフは3時半出勤ですが、院長は朝から出てきてあれこれ雑用。午前中に会計関係の用事で新潟島へ。忘れ物もあり結局2往復してしまいました。カバンには常にデジカメ。いつもの場所のいつもの写真もあれば、ああきれいだな!と感じての1枚ももあります。

 1枚目

 大田の伝統有名食堂「ハンバッ食堂」の名刺。韓国の飲食店、かなり小さい個人の店でも計算台(レジ)前には店の名刺というか紹介カードが置かれています。大抵はもらって、裏に日付と食べたもの、値段と感想を書いたりします。

 前に甲子園へ応援ツアーに行った時、帰りの入浴休憩をとった箕面スパガーデンで、同行の人と生ビールをやりながら韓国語の解説をした時の書き込みがありますが、わざわざ撮ったのはご主人の姓が「피」さんだということ。小学館の朝鮮語辞典の巻末付録にも出ていない、珍しい姓です。どなたか知り合いの「ピ」さんがおられる方、いますか?

 2枚目

 新潟駅南口、やっと工事も終わった感じですが、そこになんとサブウェイサンドイッチができます。上野広小路店がなくなってから、ソウルで食べるものだったサブウェイ、値段がやや高めでカロリーも高めですが好きなんです。朝7時からの営業なので朝食にも使えそう。楽しみだなぁ。

 3枚目

 新潟駅西側通路のガラス清掃。きれいにすることはいいことだけどどうも人員過多のような?また、こんな機械、必要なの?って感じました。流石は形式と安全の国日本、という感じを受けました。ともあれ、ご苦労様です。

 4枚目

 定点観測、ここへきてカメラがあればいつも撮ります。本町通りの柾屋小路の角です。

 5枚目

 初めて気付いたのですが、礎町のあたり、水準点なんてあったんですね。この数十年、数限りなく通った場所なのに知らなかった。うちのそばの公園にも三角点がありますが、あまり大事にされていません。子供たちに痛めつけられている感じです。地図ファンにはでも、三角点や水準点はなんか特別な気持ちを起こさせるものです。

 6枚目は万代橋からの新潟島、白いホテルはオークラです。

 7枚目は東堀通りの飲み屋のビル、ライオンタワービル。昔から思うのだけど「アワネス」というのは何語で何と言う意味なの?

 8枚目は古町、ノットビル前からの西堀、イタリア軒方向。新潟の飲み屋街の中心はここです。もうここんとこご無沙汰です。紹介所なんてのも昔は無かったけど、今はいくつかできているよう。なんだか怪しいよねぇ。

 さて、先週から続いた連続激務、疲れました。あまり自転車にも乗れていないので運動不足からくる夏バテかもしれません。本日はオープンデイ。雑用がけっこうありますが朝からがんばって片づけています。午後はちょっと早く上がって片づけはスタッフに任せ、1泊の出張です。行先は、、、ちょっと内緒です。前に甲子園での文理対日本航空石川戦の応援の際の「有名人」の写真、わかった人おられますか?あの人の関連の施設で経営、サービスの個人的研修をしてきます。また報告いたします。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2375 南山花園賓館の客室

544 543 547 546 545

 前にこの半身浴用のような小さな浴槽の紹介をしましたが、会賢洞の南山3号トンネル出口そば、南山パークホテル、この夏にも1泊しました。古い荘旅館級に近いエコノミーホテルですが場所はまぁまぁ、清掃などもきちんと行きとどいており、充分快適に滞在できる宿です。

 1枚目、客室の様子。広くはないけど1人なら充分です。2,3枚目は浴室と、その浴槽。ガタつきを修正する折った紙は韓国ではケンチャナヨな部分です。もちろん、私もです。4枚目、床のクロスがぴたっと張られてなく、なんかのコードが見えていても快適に寝るのには何の影響もありません。これもケンチャナヨ、韓国では1級位までのホテルではよくあることです。で、5枚目は外の景色。ウリ銀行本店まえから退渓路をへだてて向こうはすぐ明洞。明洞とロッテとイテウォンしか知らないビギナーでも大丈夫。個人旅行の第一歩にも最適です。ただし、タイトル通り、中国のお客さんも多いのでフロントアガシは中国語の人。マネジャーアジョシは日本語の人ですが、昼間だけしかいないみたいです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記378 ねまり地蔵

611 621 631 601 551

 立ち薬師三尊から西へすぐの場所、旧公会堂の一角にねまり地蔵があります。こちらはローカルでやや有名。新潟県石仏の会のHPなどでも出ていますが、実際に見るのは初めてです。

 かなりの大きさの、黒っぽい石像、失礼ながらちょっと怪奇な感じもします。子供なんかにはおっかなく見えるのではないかな? やはり石像用の石材ではなく、そこらへんの海岸の岩で造られた感じで、風化も進んでしまってます。元がどんなお姿だったのか?知りたい感じです。本当にお地蔵様なのか?何か未知の信仰の石像なのではないか?そんな興味も出てきます。

 ここ数年興味を持ち始めた石仏、石像、それぞれの場所の人が願いを込めて建立したもの。いわれ因縁がわかっているものもあれば、不明なものもあり。各人各様にお参りしたり、鑑賞したりすればいいのだと思います。昨日と今日の2つの石像、ちょっと異色な感じで、他に似たようなのを見たことがありません。これからぼちぼち、そんな方面へも研究の範囲を広げられればと思っています。

 4枚目は旧公会堂、5枚目は、昔は突き当たりに映画館があったという通りです。今はお医者さんになっている、とおあぁちゃんは言っていました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2374 敦岩洞の山の町へ5

065_2 066 067 068 069

 トナム2洞、マウルボスの走る尾根上から歩き始めて浅い小さな谷の町を歩きます。石畳、階段、塀、統一されていないのがいい感じです。 やがて右手に立派な塀が。興天寺というお寺です。入場料もかからなさそうなので、お邪魔してみることにしました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 7日 (月)

とうちゃんの自転車日記377 本町通り・立ち薬師三尊

050 511 521 531 541

 先日のバス旅行、行先は同じ県内の柏崎市でした。昨年から源之助作の石仏、石像を探して何度か行っている刈羽地方ですが、80年代には毎週仕事で行っていた場所です。25年くらい前の話ですが、仕事の前後に歩いた町、食べた店、一日かけて歩いてみようと高速バスで出かけてみたのです。

 今回の写真は本町通り、西本町というのかな?昔からのメインストリートの西寄りにあった石の像。「立ち地蔵」、「立ち薬師」そんなふうに言われているようです。通常の石仏などを作る石ではなく、そこらへんの海岸の岩で作ったとか。確かに黒っぽい色で風化が激しいようです。加工は大変な割に完成後の日持ちに問題がある、そんななのかもしれません。お顔などもわからない状態で、でも、よくある三尊像であったことはうかがえます。白い頬っかぶりは今でも大事にされている表れでしょうが、いったいどんなお顔だったのか?タイムマシンが欲しいところです。5枚目はおまけ、昔からのままの場所にあった消防署です。

 もしかして?の話ですが、この石像、韓国の瑞山とか泰安の三尊像、そんなのと関連があればいいなぁ、、なんても思いました。

 この写真を撮ったあと、ちょうど家の前の掃除をしおておられたお婆さんに挨拶して話を聞きました。昔の魚市場の話。映画館がいくつもあった話。こういうのが好きなら、すぐ先にねまり地蔵という似たようなのがあるよ、というアドバイスももらいました。そのうちおじいちゃんも出てきて、いろいろ昔の柏崎の話も聞けました。ここ数年、お年寄りにやけに人気の私です。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2373 敦岩洞の山の町へ5

060 061 062 063

 トナム2洞最上部の町を行きます。時には上り返して、また戻ったり。古い不規則なソウルの町、路地の角を曲がる度に嬉しい風景が現れると言っても過言ではありません。ちなみに「過言ではない」という表現も韓国語でまったく同じ意味であります。

 ともかく、ソウルの古い町、できるだけたくさん歩いておきたいと思う私です。昔は食べられない者には興味が無かったのに、、、これも年齢のせいかなぁ?でも、今まで気づかなかった面白いものを見つけるのは一つの才能とも言えます。いい変化だと考えたいものです。町並み、石仏石像、、、などなど。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年9月 6日 (日)

普通の韓国を探して2372 서대전→ 대전

492 493 504 505

 西大田駅から駅前広場を出て右へ。大通りに出たところでタクシーを拾って大田のメインストリートを東へ。大田駅手前で左へ入ってハンバッ食堂で昼飯のヤンコムタンをいただき、お腹いっぱいになって徒歩でシネコン前を通って大田駅へというときの4枚です。やはり韓国の自由旅行を楽しむにはある程度のハングルの読みができないと、と思っています。前半2枚は西大田駅付近、後半2枚は大田駅付近、それぞれ同じ場所で方向を変えての2枚ずつです。

 普通の韓国の街角、ハングルを見ながらストーリーを心の中で組み立ててみてください。

 今日も激務です。暑くなくなってきたのが、嬉しい今日この頃です。でも韓国語で言う換節期、お身体にお気を付けください。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2371 敦岩洞の山の町へ4

053 056 058 059

 トナム2洞の最上部に位置するこの町、急ごしらえのタルトンネとかではなく、昔からそれなりにしっかり町造りをしてきた感じがあります。敷地の石垣、路面の敷き石、しっかり造られている塀など、各戸毎に個性的。場所的に山の上の、浅い谷を上った場所であることから道路の点では車の利用が難しいけれど、昔からの韓国の普通の人たちの安定した暮らしが窺われます。

 軽装でこんなソウルの古い普通の町を歩くときの注意ですが、挨拶とスマイルを忘れないようにしています。あくまでよそ者ですので普通は挨拶だけですれ違いますが、前の金泳三氏との出会いのときのように、山頂で休憩なんて時には話の花が咲くこともあり、韓国語を勉強していてよかったなぁ、と感じることができます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 5日 (土)

とうちゃんの自転車日記376 新潟駅前バスターミナル

003 004 005 61 007 008

 しばしば通る場所、駅前のバスターミナルです。ちょっと離れた場所に万代シティバスセンターというのがありますが、一般になじみ深いのはこちらのバス乗り場です。先日の0泊3日甲子園応援ツアーで自信がついたのかバス旅行を試みました。ちょうど来たのは最新型。一番前の座席は3点式のシートベルトです。天気もいいし、時間はあるし。自分へのご褒美秋の第一弾、気ままな高速バス旅行への出発です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2370 4号線双門駅付近の普通の町

035 036 037 194 196

 地下鉄4号線、なかなか便利な路線です。北の郊外へ行くには倉洞駅で1号線に乗り換えればいいし、ノウォン、ミアサムゴリ、そんなけっこうな繁華街も北の部分にあります。中心部へ行く方向に乗れば東大門市場もすぐ。江南へは忠武路で乗り換え。そのまま乗っていれば明洞に南大門市場、ソウル駅にも行けます。南半分はあまり乗ったことがありませんが烏耳島へも行けますしね。 鞍山方面、地上部分の高架線を4号線の電車が走っているのを見るのはなんか不思議なもんでした。

 今回の写真はほんとに普通の、ただのソウルの町。サンムン駅の周辺です。西側はサンムン洞、東側は倉洞になるのかな?大きなデパートなんかはありませんがけっこう多くの店が並んでいます。食堂も沢山。観光掲示板でよく質問の出るサウナチムジルバンもちゃんとありますし、、、やはり韓国を歩くにはハングルの読みができたほうがいいのになぁ、と感じる私です。まぁ、その人なりの楽しみがあっていいのですが。

 5枚目は休憩に入ったコーヒーショップ。こういうとこでもやはりコーヒーは高め。5000Wとか、しっかりした食事ができるお金です。まぁ、場所代、ずっとそこで座っていてもいい料金と考えるべきでしょう。先日の東京行き、新宿西口の喫茶店ではコーヒーが690円とかもします。東京、ソウル、そんな大都市のコーヒー代、地方ののんびりした場所に住む者にはちょっと違和感がありますけど。

 韓国語がお分かりの方、看板を見て読みの練習をしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2369 敦岩洞の山の町へ3

051 052 054 055 057

 トナム洞の東へ向いた浅い谷に広がる町です。1枚目は上の方へ上る道。私は谷の横、この写真の右手から谷に入ってきました。反対側の尾根に上がる山への道がありました。朝には地元のお年寄りが歩いていそうな道です。

 2~5枚目はちょっと下ったあたりの家々。ちょっとした広場のようになった場所の左、私が下りてきた尾根の方向に何軒か古い家が集まっています。自動車の時代を考えていない時節にできた町なのでしょう。今となってはちょっと不便な場所と言わねばなりません。でも、先祖代代昔からここに住んでいる、なんだかうらやましいような気もします。

 私の住む旧新潟市は海岸沿いの砂丘の名残の部分を除き、ほぼ真っ平。山や坂、それなりに苦労はあるでしょうが、そんな変化のある町に憧れる気持ち、おわかりの方もけっこうおられることと思います。単なる暮らしやすさなら平らな方がいいけれど、少しでも高い場所に上がってみたいという気持ちは誰でもあると思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 4日 (金)

2009年9月4日 新型?とヒヤヒヤドキドキしてしまいました。

 おはようございます

 水木と休みでした。水曜日は小旅行、大学勤務時代に数年間、毎週行っていた場所を訪問し、街歩きと、昔よく通った店での食事。30度を超える暑さの中、8時間も歩いて、夜、帰宅しました。

 木曜日は起きたらなんだか熱っぽい感じ。毎年11月にやっているインフルエンザの予防注射のおかげか、ここ数年風邪などひいたことがない私です。

 どうも前の日の疲れだけではない感じで、熱を測ったら私にしては高い36.6度。一応人と接する仕事だし、土曜日曜と東京の街中を歩いてきたので、まさか?!と思いながらかかりつけの先生に電話を入れ、診てもらうことにしました。マスクをしてきてくださいという指示に従って午後の一番に受診。喉や鼻の症状も無く、急激な発熱もなく、大丈夫でしょうというお話でしたが、万一を考えインフルエンザの検査をしてもらいました。 もしも罹っていたら金曜、土曜、日曜、月曜と大量の予約を変更しないといけません。でも、症状が軽くても絶対そうしないといけません。かなり心配して結果を待つと、陰性。インフルエンザではないという回答でホッとしました。

 すでに国内でも集団感染がどこでも生じている状況、いつ、だれが罹患してもおかしくない状態です。マスクをしてしばしば厳重な007 008 015 手洗いをしての仕事ですが、たくさんの人と接するため、かかる危険性、かかった場合には感染源になってしまう可能性があります。注意しないとな、と再確認した休日でした。

 前記、日帰りの小旅行、けっこう面白い石仏に出会えたのが嬉しい収穫です。ぼちぼちアップしてまいりますのでよろしくお願いいたします。

| | コメント (0) | トラックバック (2)

普通の韓国を探して2368 鐘岩洞 ホリディイン城北ソウル

151 152

 チョンアム洞、金康子署長で有名になった종암경찰서が2枚目の向こう側に見えます。96年ごろから泊ったり、歩いたりしている町ですが、かなり変わりました。有名なミアリテキサス周囲には古い家が立ち並び、昔からの市場もあり。一部、テキサスと呼ばれる地区以外でも周辺にはピンクの蛍光灯が灯る町が広がっていました。2000年頃からでしょうか、周囲の町の再開発が始まり、2004年頃からテキサスの撤去、再開発が始まりました。前にここで何度か項を設けた下月谷洞の広大なタルトンネも完全になくなり、名残と言えば道路の下の通路にあるトンネル市場、「パムナムゴル市場」くらいかもしれません。

 私が知っているのはたったの14年。でも、ソウルの変化はものすごい速さで進みました。それなりに(ナルムデロ)いい時期を観察することができたと感じています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2367 敦岩洞の山の町2

044 045 046 047 048 049 050

 敦岩洞、ハングルだと돈암동、英文表記の韓国の地図だと tonamdongとなっています。発音はここまで使ってきた「トンアムドン」というよりも「トナムドン」と言った方が通じやすいかもしれません。

 さて、アリラン峠の頂上付近から左へ、貞陵洞と敦岩洞の境界になっている尾根道を西へ上った場所から南側、トナムドン側へ下りてみます。

 1、2枚目、建設途中で持ち主が事業に失敗でもしたのか、コンクリート造りのかなりの大きな家です。細い道を下って行くと4枚目の沢の底。雨の後にはかなりの水があるのでしょうが、この日は水は少しだけ。5枚目、薄暗い森の中の沢を下ります。左手、降りてきた側は家が斜面に並んでいました。

 6,7枚目は薬水トでしょうか?井戸でしょうか?なんか小さな石に名前が刻んであります。いわれのある泉なのかもしれませんが石の蓋で塞がれていて水は見えません。地図で見るとこの沢の下流すぐのところに흥천사(たぶん興天寺)というお寺の表示があります。山の中にあるという韓国の寺、ちょっと楽しみな気持ちで下って行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月 1日 (火)

楽しい韓国語1 이목구비

 夏休みが終わり、のんびりの今日は特別のオープンデイ、研究日です。たまたま見に行った韓国在住の方のブログで見た言葉から思い出したのですが、韓国語で「이목구비」って単語があります。

이=耳

목=目

구=口

비=鼻

で、「耳目口鼻」=「イモッkクビ」と読みますが、日本語だと目鼻立ち(小学館の辞典では顔立ち)というのが一番近い訳でしょうか?人の顔の造りを表す言葉です。漢字語だけど漢文(中国語)では無い感じですね。

 이목구비 좋다 目鼻立ちが良い(整っている)というのは褒め言葉。すごい美人じゃないけど整った顔の方にも良い表現かもしれません。

 ゆっくりですが、韓国語を学び始めて12年、勉強中に気付いた面白い言葉、ここで紹介できたらと思っています。よろしくお願いします。 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年9月1日 秋ですね 本日新装開店「파리미용실」

003 002

 土曜日曜と東京へ行ってきました。日曜の午前に行ってみたのが新宿です。渋谷から新しい地下鉄副都心線で東新宿。この駅、職安通りと明治通りの交差点にあるので新宿コリアンタウンへ行くのになかなか便利です。

 駅から職安通りに出て、ちょっと歩けばハングルの看板が目立つあたり。黄色い看板、黄色い看板、と探しながら歩いたけど見つかりません。いつのまにかドンキホーテまで来てしまいました。おかしいな?と思いながら財布の中のポイントカードを取り出して地図を確認したらやはり行きすぎ。少し戻ると、ありました、「パリ美容室」。前は黄色い看板で、ポイントカードも黄色いのですが、看板の色が赤になっていました。

 2階へ上がり、いつもの店へ、と思いましたがなんか変わっています。椅子がありません。おかしいな?と次のドアへ行くと、内装も一新、広さも2倍になっていたのです。カードの日付を見ると1年半ぶりの訪問。久しぶりでしたが顔を覚えてくれてた先生に聞くと9月1日オープン予定で、今は仮営業。でも、どうぞどうぞ、と言ってくれたのでカットとシャンプーをお願いしてスッキリしました。まだ少し工事があるとのことでしたが、知り合いなら何とかなるのが韓国式のいいところです。お祝いの人もちょくちょく来ていました。仕事が好調で隣の部屋も借りてぶち抜いて店を大きくしたとのこと。知り合いの成功は嬉しいものです。

 2枚目はオマケ。日曜とか、親子で来るお客さんも多く、子供もたくさん見かけます。そんなお客のための子供用の椅子で、わざわざ韓国から取り寄せたとのことです。鏡も、某うるさい会社のキャラクター風。これくらいならいいのかなぁ? 日本にもこんなのあるのでしょうかね?流石はなんでもやってしまう韓国、そして、韓国美容室だなと感じての1枚でした。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

普通の韓国を探して2366 敦岩2洞の山の町へ

038 039 040 042 043

 誠信女子大駅の北側の出口へ出ると1,2枚目の場所なのですがアリランコゲ(アリラン峠)への道に出ます。そこからマウルボスに乗ると(番号はご自分で御調べください)北岳スカイウェイ入口方面へ、アリランコゲ手前から左折して入れます。ちょうど貞陵2洞と敦岩2洞の境界の尾根を上る感じの道です。終点手前の停留所で下りたあたりが3,4,5枚目。4枚目はトンアム洞方面、5枚目が貞陵洞方面です。どっちへ行こうかちょっと迷った末、南側、敦岩洞方面へ入ってみることにしました。地図を見るとお寺の表示があります。大抵は山の中にある韓国の寺、建物はみな再建ですので古くはない場合が大部分ですが、興味があります。敦岩2洞歩きの始まりです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年8月 | トップページ | 2009年10月 »