« 普通の韓国を探して2455 양양から구룡령,내면 경우 홍천행 완행버스 | トップページ | 普通の韓国を探して2457 新堂駅から黄鶴洞を抜けて東廟アプ駅まで »

2009年11月 9日 (月)

普通の韓国を探して2456 ケサンの町3

196 197 198 199 200

 このお堂、なんか儒教の行事とかに使われる詞堂かなんかだと思います。神谷丹治さんの本などにそういう話、たくさん紹介されています。日本人の中で、もっとも深く韓国に立ち入って韓国のことを知っておられる方の一人だと思います。

 朝鮮時代、日帝時代、光復後を通じ、あまり変わっていないと思ういなかの町の中心部。道が不規則で、でも、そういう町こそ歩いていて面白い、そんなふうに感じます。釜山に行ったことある人、テグ、大田、光州、木浦に行ったことがある方はたくさんおられるでしょうが、幹線を外れた場所にこそ古いものがたくさん残っています。

そうそう、追加です。4枚目、オンドルの焚き口が珍しくて撮った1枚です。今でも使われること、あるのでしょうか?

|

« 普通の韓国を探して2455 양양から구룡령,내면 경우 홍천행 완행버스 | トップページ | 普通の韓国を探して2457 新堂駅から黄鶴洞を抜けて東廟アプ駅まで »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/46715988

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2456 ケサンの町3:

« 普通の韓国を探して2455 양양から구룡령,내면 경우 홍천행 완행버스 | トップページ | 普通の韓国を探して2457 新堂駅から黄鶴洞を抜けて東廟アプ駅まで »