« 普通の韓国を探して2477 中渓本洞、バス終点のシュポのお母さん犬 | トップページ | 普通の韓国を探して2478 ついに見つけた韓国製品・Anaper(아나퍼) »

2009年11月23日 (月)

2009年11月23日 面白い本と地図を買いました

 院内のガラス清掃準備、済みました。

 写真を撮っていないのですが、昨日の休み、本屋でいろいろ本を買い込んできました。その中の2つ、韓国関係です。

 1つめは新潮社の「日本鉄道旅行地図帳」というシリーズの「朝鮮 台湾」編。680円でうすっぺらい本ですが、記録としてはなかなか。表紙もソウル市内の市電の案内図が使われていて興味がわきます。けっこう坂の部分もあるだろうに、昔の路面電車、上れたのかな?と思う部分もあります。今残っている地名もあり、日本が勝手につけたと思われる地名もあり、ソウル旧市内で市電の痕跡を探すのも面白そうです。北の部分の鉄道の情報も沢山、グーグルアースなどで追いかけながら見るのも楽しそうです。

 また、面白いのは関釜連絡船の船名。壱岐丸に対馬丸なんてのだけでなく、金剛丸に興安丸、高麗丸に新羅丸、景福丸に徳寿丸、昌慶丸、さらには、中国進出まで考えてたのか天山丸に昆ロン丸まであったのですね。1905年製から1941年製まで、見てみたかったなぁ。

 もう一つはCDの地図、京極堂というところから出ている「朝鮮全図」、2000円。まだ見ていないのですが大正12年の和楽路屋という出版社のものを元にしたもので、京城、仁川、釜山の市街図もおまけとのこと。今日帰宅して、開けてみます。

|

« 普通の韓国を探して2477 中渓本洞、バス終点のシュポのお母さん犬 | トップページ | 普通の韓国を探して2478 ついに見つけた韓国製品・Anaper(아나퍼) »

コメント

さっすが、おとうちゃんhappy01
自他共に認める地図女子の私も注目の「日本鉄道旅行地図帳」。
 ↑
 他、って誰やねん?
発売日は寒くてヨガスタジオ以外に寄り道をしなかったので
買わずに帰ってきました。
図らずもおとうちゃんのブックレビューがあり
今日はスタジオの帰りに買ってきますheart01

路面電車跡をたどるフィールドワーク。
そそられます。

投稿: ちょび | 2009年11月24日 (火) 08時41分

 コメントありがとうございます

 半分は朝鮮(韓国)、半分は台湾の記事なのですが、昔の韓国を知りたい、という方には面白いと思います。駅名とか、無理な漢字読みだったり。どうも韓国の方には申し訳ない気持ちがしてしまったり、、、北朝鮮のほうの鉄道がけっこうあって、今はどうなってるのか?ちゃんと動いているのか??そんな興味も湧いてきます
この休み、じっくり見てみるつもりです。

投稿: とうちゃん | 2009年11月25日 (水) 10時59分

私もおとうちゃんと同じく
北朝鮮側に路線や駅が多いと思いました。
満州に接しているし、地下資源も多いからでしょうか?
企業が持っていた専用線を見て、感じました。

一緒に見ていた夫が
「これが戦後も活かされていたら…」
と言いました。
歴史に「たら・れば」はありませんが
ちょっとそう思ってしまうほど
線路網が充実していたのですね。

投稿: ちょび | 2009年11月25日 (水) 12時25分

コメントありがとうございます

 何度か書いていますが私が小学生だった60年代、北朝鮮は地下資源が豊富で重工業が発達、南、すなわち韓国は軽工業と農業で、どっちかといえば北が上、みたいに習いました。 その後、世界中が北に騙されていたのが明らかになりましたが、日帝時代、豊富な地下資源の採掘などのための鉄道など、かなり造られたのだと思います。 その後、それが活用されているのか??興味がありますよね。
 ちょっとした事情で北には行きにくくなってしまった私ですので、統一ができたら、行ってみたいと考えています。西ドイツも大きな負担に苦労した統一、何とかうまく成功してほしいと期待しています。

投稿: とうちゃん | 2009年11月26日 (木) 07時42分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/46835449

この記事へのトラックバック一覧です: 2009年11月23日 面白い本と地図を買いました:

« 普通の韓国を探して2477 中渓本洞、バス終点のシュポのお母さん犬 | トップページ | 普通の韓国を探して2478 ついに見つけた韓国製品・Anaper(아나퍼) »