« すばらしい韓国の食事510 大田・地焼酎と地マッコルリ | トップページ | 普通の韓国を探して2529 釜山・凡川洞と凡一洞の境界の谷 »

2009年12月22日 (火)

普通の韓国を探して2528 강원도양양산책5

344 345 346 347 348 349 371 350   江原道ヤンヤンの町歩き、これでおしまいです。1枚目は旧道の写真。韓国の地方の町、どこも新しいバイパスが町の外を走り、市外バスは町の手前で旧道に入りターミナル、もしくは町の中心部の停留所に停まり、お客さんが乗降、またしばらく古い道を抜けて、バイパスへ。そんなふうに走ります。市外バスに乗ったことのある方なら、おわかりですよね。

 2枚目はアジュマが早い時間なのに前庭でキムチの漬け込み準備かな?ちょうどキムジャン、11月初めでしたから。

 3枚目の先の交差点が市場の方の道と、旧道の合流点。古い時代には市場の方の道、今はターミナルがあり、小さなビルなんかがある道も新しい道だったのかもしれません。4枚目は、その手前にあるその名も「サムゴリ食堂」。いつの時期にここに三叉路ができたのでしょう?営業はしていないみたいですね。

 5~8枚目は明るくなってきたターミナル周辺。5枚目に見えるように三叉路のすぐの場所がターミナルでした。V字型に戻るようにしてターミナル前です。どこのターミナル、停留所でもタクシーは待機しています。バスの行かない小さな村へはタクシーで行くしかありません。でも、案外簡単だし、目的地を見物する間待っていて下さいという要望にも応えてくれます。7枚目の耕運機、たぶん市場に売り物を運ぶ農家の人かな?これが見かけられれば、田舎です。

 8枚目は、ちょっと「あれ?!」って思いました。韓国は右側通行、だのに、車は左車線の囲われた区域に待機しています。方向が逆というか?ちょっと珍しい風景かなとも思えます。まぁ、田舎ですのでぐるっとUターン、いつでもできそうな町でしたけど。

|

« すばらしい韓国の食事510 大田・地焼酎と地マッコルリ | トップページ | 普通の韓国を探して2529 釜山・凡川洞と凡一洞の境界の谷 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/47084338

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2528 강원도양양산책5:

« すばらしい韓国の食事510 大田・地焼酎と地マッコルリ | トップページ | 普通の韓国を探して2529 釜山・凡川洞と凡一洞の境界の谷 »