« 普通の韓国を探して2547 釜山・凡一洞7 | トップページ | 普通の韓国を探して2549 釜山・凡一洞8 »

2009年12月31日 (木)

普通の韓国を探して2548 韓国のトシラクの店 

672  「ハンソッ」とあります。「ハン」は「韓」じゃなくて、固有語の「大きい」でしょうか?「ソッ」は「釜」という意味だと思いますが、これ、ほか弁の店です。

 昔からソウルの中心部、会社とかが多い場所に日本式のほか弁屋はありましたが、確か違うチェーン。この看板の店はあまり目にした記憶がないので割合新しいチェーンかもしれません。 パンチャンがたくさんというのが当たり前である韓食、スープ類が付けにくいのもあって、あまり日本のようにほか弁の人気が無かった、そんなふうに聞いていますが、だんだん消費者の意識も変わって来たのかな?お茶とかがあれば食べられる、そんな人も増えてきたのかもしれません。

 なんとなくありきたりのような気がして今まで食べたことがありませんが、こういう弁当屋の食事もやはり今の韓国の食事。できるだけ機会をつくって一度食べてみたいと考えています。

 「韓食」といえば、たまにコメントを下さるエクスプローラーさんという方が「パイラン」という韓国映画のタイトルでHPを作っておられます。最初は文字通り、その映画の関係の旅行をしておられたのですが、その後「ソルロンタン」の食べ歩きを始められ、大きな成果、というと大げさかな?でも、日本人のソルロンタン王、みたいな感じになりました。そしてその次は釜山名物の「テジクッパプ」をいろいろ調べて食べに行かれました。これも、私には真似できない密度の高い旅行、そして食べ歩きです。

 その方がここ1,2年、クヮメギを好きになり、本場である浦項方面、実に詳しく調べて、食べ歩いておられます。まさに、「クヮメギ王(ワンg)」、「クヮメギ博士(パクサ)」です。 

 いろんな韓国を見てみたい、という感じで、広く浅くになりがちな私に比べて、「ソルロンタン」、「テジクッパプ」、「クヮメギ」、よく調べて、効率よく食べ歩く。こういう韓国の食の楽しみ方もあるのだなぁ?って感心します。

 韓国がお好きな方、韓食がお好きな方、是非「パイラン」で検索して、彼の旅行記をご覧ください。好きこそものの、と言いますが韓国語の実力もここ数年でどんどん向上してるのでしょう。まったく、尊敬に値する韓国ファンの1人です。

|

« 普通の韓国を探して2547 釜山・凡一洞7 | トップページ | 普通の韓国を探して2549 釜山・凡一洞8 »

コメント

ハンソッ、新村近くで食べたことあります。プルコギ弁当かな、付け合せは二種類のキムチとタクアン。普通に美味しいですが見た目が日本のホカ弁と比べると寂しいかなという感じです。中身より容器が地味なせいかもしれません。

投稿: 南條 | 2009年12月31日 (木) 17時00分

はじめましてconfident
いつも楽しく拝見しています。いつか私も韓国の地方都市のコルモクを、ぷらりぷらりと旅してみたいです。
今年もよろしくお願いします!

投稿: こばころ | 2010年1月 1日 (金) 01時57分

コメントありがとうございます

 今年もあまり観光的でない韓国をぼちぼち紹介できたらと考えております。よろしくお願いいたします。

投稿: とうちゃん | 2010年1月 4日 (月) 07時51分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/47159678

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2548 韓国のトシラクの店 :

« 普通の韓国を探して2547 釜山・凡一洞7 | トップページ | 普通の韓国を探して2549 釜山・凡一洞8 »