« 普通の韓国を探して2496 月串浦口の刺身屋村 | トップページ | 普通の韓国を探して2498 大田広域市のレンタサイクル »

2009年12月 4日 (金)

普通の韓国を探して2497 始興市月串新都市を歩く1

758 759 760 761 762 763 764

 韓国を知らない人に説明するとき、よく使うのが「物が沢山ある国」っていう表現。それと、古いものと新しいものが共存、混在する国という言い方もします。そんな新しい韓国を象徴するのが高層マンション群である韓国語で言う「アパート」。最近はそんなアパートが林立する新都市がどんどんできています。

 新都市というと古くは盆塘とか一山、山本。でもそれ以外にも、特にソウル南郊の高速道路沿いなどにはどんどんできている感じ。とても全部は知りません。先日の大韓歯科矯正学会大会のときも、李準圭先生の車で京釜高速を走りながら東灘新都市なんてのを教えてもらいました。竜仁、水原、烏山、平澤、もうそこらへんの郊外、アパートだらけと言っても過言ではないでしょう。また、最近紹介してる始興、安山、そして仁川市南部もどんどんアパート群ができて、新しい町が形成されつつあります。いったいどれだけの人がソウルへ通っているのか??大変だなぁって感じます。

 前置きが長くなりましたがウォルゴッの港の周囲には刺身屋村、そしてカラオケ、遊園地、そんなレジャー施設とともに、アパートもたくさん。何でもたくさん、そしていろんなものが混ざってる、そんなのも韓国の魅力の一つだと思います。すぐ前には豊かな干潟の海もあります。一度壊したらなかなか元にも戻せない自然は大事にしてほしいなとも思います。

|

« 普通の韓国を探して2496 月串浦口の刺身屋村 | トップページ | 普通の韓国を探して2498 大田広域市のレンタサイクル »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/46931578

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2497 始興市月串新都市を歩く1:

« 普通の韓国を探して2496 月串浦口の刺身屋村 | トップページ | 普通の韓国を探して2498 大田広域市のレンタサイクル »