« 普通の韓国を探して2531 太田・儒城温泉夜景3? | トップページ | 普通の韓国を探して2533 釜山・凡一洞2 »

2009年12月24日 (木)

普通の韓国を探して2532 釜山・凡一洞を歩く

1161 1171 118 1191 1201  前々から地図で探して行ってみたかった谷に広がる町です。中央の広めの道路を境にして南が凡一洞、北(右手)は凡川洞。区も別々で後者は鎮区(釜山鎮区)になりますが、町としては一つ、そんな場所です。一番奥は東義大学校につながるはずの道、バスの終点から上り始めました。3枚目が上り方向、まん中向こうの大きな建物は東義大のキャンパスの端になります。4枚目はちょっと上がった場所からのバス回転地=終点です。

|

« 普通の韓国を探して2531 太田・儒城温泉夜景3? | トップページ | 普通の韓国を探して2533 釜山・凡一洞2 »

コメント

回転場の後ろに見える家が並ぶ丘との対照がいいですね。テクテク下りてバス乗り場に向かう人たちが目に浮かぶようです。
シンプルな服修繕の看板にもぐっときました。

投稿: 乗後景 | 2009年12月24日 (木) 23時46分

コメントありがとうございます

 韓国、普通のバスの他にもっと細かく走るマウルボスのネットもあり、実に便利です。ソウルも、釜山も、人がたくさん住むところにはバスが来ている、だからこそ都市の機能が維持できている、そんなふうに感じます。

 前にも述べましたがカードでの乗り換え無料制度もそこに大きく寄与しています。各運転技士さんの厳しい労働条件に頼る部分もありましょうが、うらやましいシステムだと思ってます。

投稿: とうちゃん | 2009年12月25日 (金) 09時10分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/47100226

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2532 釜山・凡一洞を歩く:

« 普通の韓国を探して2531 太田・儒城温泉夜景3? | トップページ | 普通の韓国を探して2533 釜山・凡一洞2 »