« 普通の韓国を探して2503 大田・儒城のナイトクラブ | トップページ | 普通の韓国を探して2505 もうすぐ蘇来浦口 »

2009年12月 9日 (水)

普通の韓国を探して2504 釜山・凡一洞の古い跨線橋3

389 390 391 3961 3971 398 3991 同じ歩道橋周辺の写真です。 映画「親旧」の時代は70年代初めでしたっけ?最初はここでも何度か紹介している防疫自動車を子供たちが追いかけるシーンから始まります。 70年代、80年代、90年代、2000年代。どんどん変わってゆく韓国の中で、ここらへんだけ昔のままの姿を残している、そんな感じに心打たれる、そんな場所です。

|

« 普通の韓国を探して2503 大田・儒城のナイトクラブ | トップページ | 普通の韓国を探して2505 もうすぐ蘇来浦口 »

コメント

2005年に家族4人で出かけました。この橋を渡り、「チング」の映画館(三一劇場)まで歩きました。当日の上映は懐かしの「LIES」のリバイバル上映でした。三一劇場は、ドラマ「オールイン」のロケ地にもなっています。懐かしい写真ありがとうございます。子供も社会人になって、もう家族揃っての旅行も難しくなっています。

投稿: 諸葛亮 | 2009年12月10日 (木) 10時13分

コメントありがとうございます

 うちは私以外韓国には興味なし。一度行けば面白さがわかるとは思うのですがねぇ。

 「親旧」、どうもあまりストーリーが面白く感じないのですが、字幕ありで見ればわかるのかなぁ?昔の韓国の姿、そんなのを楽しむ感じで何度か見ています。

投稿: とうちゃん | 2009年12月11日 (金) 08時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/145741/46976391

この記事へのトラックバック一覧です: 普通の韓国を探して2504 釜山・凡一洞の古い跨線橋3:

« 普通の韓国を探して2503 大田・儒城のナイトクラブ | トップページ | 普通の韓国を探して2505 もうすぐ蘇来浦口 »