« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月3日 - 2009年5月9日 »

2009年5月 2日 (土)

とうちゃんの自転車日記323 公園の非常用トイレ

600 599

 新潟市の沼垂地区の公園です。見たことない形の椅子があるな、と思ったら地震などの災害時のための便器なのでした。使用時は周囲に囲いを作るのかと思いますが、こんなのがあるのですね。

 割合のんびりしている新潟ですが、東海地方など警戒が必要な地方ではまだまだ私たちの知らない対策とかもあるのでしょう。まぁ、使わないですめばいいのですが。

 最近終戦直後のことを書いた本で知った事なのですが「スツール」という言葉、東洋人を侮蔑した隠語の意味があったことを知りました。ちょっと残念なことでした。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2175 パランセ 華川市場入口の店 

141  「音盤」というのは前はレコードでしたが今はCDの意味、でも、その下の「ナクシ」と書いてあるのは「釣り」の意味。釣り具屋ということです。魚釣り好きの人が多い韓国、山の中でも海のそばでも、またそこへ行く国道沿いの露店トラックでも釣り道具が売られています。 しかしレコード店だったのがCDの時代になり、、さらには釣り具屋も兼ねる、、やはり商売熱心な韓国ならではだと思う一件でした。

 左側は文具店だったか、九九とかハングルの練習ボードがありますね。日本と一緒です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事460 イクサン市外バスターミナルでテンジャンチゲ

004 005

 一度韓国へ行くと、タクシーの技士さん、美容室の先生、屋台での隣のお客さんなどに2,3回はする話があります。「韓食も日本食も基本はご飯と汁もの、とてもよく似ています」ということです。

 中でも最近、韓国の食事の基本だと考えてよく食べるのが味噌汁定食とも言えるテンジャンチゲです。今回の写真は益山のバスターミナルの中の「花郎食堂(ファランシクタン)」という店でのもの。朝の早い時間、7時台でしたがその場でこんな食事を作ってくれます。在来式の豆中心の味噌の味、慣れると何とも言えない美味しさでご飯が足りないくらいです。

 最初に出てきたのが1枚目。ぐらぐらとトウッペギで煮立った状態で運ばれてきます。写真を撮って、さぁいただきます!という時に海苔と薬味醤油が出てきました。ご飯(コンギパプ)に味噌チゲ、おかずが10品で5000W。今のレートだと390円というところ、大満足の美味しい朝食です。 ソウルの親切なタクシー技士さんがくれた傘、イクサンでは晴れていたので、この食堂に進呈。今頃だれかの役に立っていることと思います。

 しかし全羅道だけに限らず、がんばっている食堂のパンチャンは10品出す、そんな心意気が感じられる韓国の食堂、普通の食堂ですが、大好きです。

| | コメント (2) | トラックバック (2)

2009年5月 1日 (金)

普通の韓国を探して2174 ケーブルテレビでやってたアニメ

1431 147

 清涼里のモテル、「清モテル」の501号室、朝ぽーっとしながらテレビのリモコンをいじっていたら、こんなアニメをやっていました。パッと思い当たったのですが、某韓国好きのタレントさんに似ていませんか?じっくり見はしませんでしたが、お化けかなんかでしょうか? このキャラクターをご存じの方、おられますか?

 韓国のホテル、高級なホテルはチャンネルが少なく、安いモテルなんかのほうが何十もケーブルテレビのチャンネルが選べます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事459 맥콜(メッコール)見つけた!

210 212

 検索するといくらでも出てきますが統一教会関係の飲み物、「メッコール」をコンビニで見つけました。昔から知っているし、何度か飲んだこともある飲料水ですが、最近日本ではほとんど見なくなったし、韓国でもマイナーなのか韓国人でも知らない人が多いように思えます。

 たまたま行ったマポのコンビニでお茶を買おうと飲料の冷蔵ケースの方へ行ったら、ありました。メッkは漢字語の「麦」の韓国式の音読み、「コr(コル)」は「コッラ(コーラ)」のことかな?ハングルとアルファベットの表示が裏表にありました。値段は400W。普通、ポカリだのは800Wとかしたと思いますのでとても安い値段で売られているようでした。2階の私の冷蔵庫に置いてありますが、いつ飲もうか、楽しみです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月1日 快晴 新潟空港着の韓国便も機内検疫での問診、全員の体温測定

 おはようございます

 昨夜帰国しました。韓国でもニュースのトップはメキシコ発の豚インフルエンザ。テジ(豚)インプルエンジャとか、テジ毒感とか言われています。それと、前大統領の検察捜査開始の話でした。

 出発の朝が日本のフェイズ4発表。この時点では韓国での患者の発表もありませんでしたが、お昼頃に家内からのメールで韓国で1人、という報告。マスクに手袋、のどぬーるにのど飴、アルコール清拭ティシュー多数(機内持ち込み禁止)、新潟空港でマスクをしていたのは私一人という感じでしたが、人と接する仕事ですので周囲の人のため、自分のためにも万全を、と思っての準備でした。

 すごかったのは帰りです。まず、機内で税関申告書のほか、全員に問診表が渡され、記入、署名します。嘘を書くと50万円以下の罰金とか書いてあります。さらにはターミナルについてベルト着用ランプが消えてもなかなかドアを開けません。何だろうと思ったら機内の案内でもう一度着席するよう指示があり、全員が着席したら検疫を実施、全員の体温を測るとのこと。ちょっと不満の声も上がった感じでしたがなんとか皆着席。その後3人の検疫担当者がマスクにゴーグルで機内に入り、スピードガンのような体温計測機で一人一人顔を調べます。その後問診表の回収。けっこう全員の体温を測るのに10分以上かかったかな?

 一人女性が、検疫の人に連れられて先に飛行機を出て行きました。もしかしたら別室で?というやつかなと思いつつ、やっとその後皆が外で出られたのです。いつもの検疫の場所でもう一度体温カメラ測定の後入国、荷物を受取って外へ出ましたが、全員の体温を測って、その後やっと出られる、というのは初めてでした。入国の場所にもテレビカメラが入っていましたが、日常ののんびりした日本の生活とは異なる緊張した経験でした。

 今朝の体温は34.7度。いつも平熱の低い→太りやすい私ですが低すぎ。35.3度とかが普通かなぁ?

 黄金週間もたけなわですが、不要不急な旅行の中止も考えるべきだと、これは一科学者として感じました。個人的には今後半年くらい、できれば外国へは行かないほうが良いような気がします。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2173 清涼里あたり

217 240 241

 最近何度か利用している清涼里のニューブーリムホテル、やはり日本人が多い安めの宿の一つで、大半が日本人観光客、そんなふうに感じます。

 ずっと昔、近所の旅行社で切符を買った時、宿も予約、と思っていろいろ聞いてみたら、ソウルのホテル、高いなぁ!と感じました。当時は100円が700W前後、95年の話です。分厚い手帳のような世界の宿の一覧を見せてもらいましたがみな日本円で10000円くらいから。唯一チョンジホテルというのが6000円くらいだったかな? そこを是非、と頼みましたが、知り合いだった旅行社のお姉さん、「お勧めできません」ときっぱり言い切りましたので結局予約せず、金浦空港で荘旅館を紹介してもらって無事安くあげることができました。

 外国旅行=特別なこと。海外=治安の問題。そんな感じが一般的だったと思いますが、最近は日本人が安い宿、それでも韓国人にとっては高いと思うであろう安めのホテルに普通の、初めてとかの日本人が泊る、隔世の感というと大げさですが、韓国が治安のよい、日本人にとり旅行しやすい国であることを皆が知ってきた、そんなのが嬉しく感じられる私です。

 1枚目、駅前のロータリーから京東市場の方へもどったあたり、道路の向こう側を撮りました。1本裏手の清涼里在来市場に続く道にある現代コアが向こう側のマンションです。灰色の壁面は焼き肉屋の名前、「フンブコギ(コギ=肉)」とあります。「花咲かじいさん」とよく似たストーリーである「フンブとノルブ」の昔話に出てくる心の正しいほうの弟の名前ですが、なぜか韓国、欲張りな兄貴のノルブの名前が店の名前にも多く出てくる感じ。9対1くらいでノルブが多いように思えます。日本では有り得ないでしょうね、これ。

 2,3枚目はロータリーから北への道、ホンヌン方向への道でバスが迂回して出てくる道。この辺は小公洞あたりほど規制が厳しくないのか歩道は屋台、露店だらけです。ちょっと行くと左手が現代コア、その脇の食堂街への道です。

 日本人密度は低め。日本語通用度も低めですが、お金と旅券と航空券があればなんとかなる韓国ですので、こんな町をぶらぶら歩くのも楽しいでしょう。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年4月28日 (火)

普通の韓国を探して2172 群山長項間の渡船の時刻表

2009_0327ixus82050344  群山の錦江河口、対岸の長項との間をむすぶ渡し船の中の掲示物です。前は20分おき(早朝深夜は30分)だったのが、ごらんのとおり。このときも船室にはアジョシ2人とアジュマ1人、でも、オジサンのうちの1人は乗務員の側の方でしたので私を含め3人しか客はいませんでした。風前の灯とはこのことです。

 たぶん日帝時代からこの忠南の鉄道終点駅と全北の港町を結んでいた渡し船、たったの5分ほどの航行ですが、乗っておきたい人は急いだ方がよさそうです。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2171 群山駅前綜合市場

2009_0409ixus82060283  旧群山駅の右手に引き込み線に沿って長く延びる古い市場です。写真は入り口付近の生鮮食品の店が多いあたり。この辺はけっこう元気な感じがしますが奥の方の衣類や雑貨の店が多くなるあたりは門を閉めた店が多く、やはり在来市場のおかれた厳しい状況を感じさせます。

 映画「駅前の明秀(逆転の名手)」に出てきた主人公のお母さんの店もこの市場の中のクッパプ屋という設定でしたが実際は別の場所のようです。主人公の二役(双子)はチョンジュノ、お母さん役は、えっと、「ウェンマンヘソンクドゥルマグルスオプタ」のお母さんとして、私の頭の中では整理されているのですが、もっと有名なのは「チャングム」だかの女官長だかの役。元気で派手好きな典型的な韓国アジュマという感じの方です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月27日 (月)

とうちゃんの自転車日記322 새끼가스

683

 韓国語関係の本でも出ていることがあるかもしれませんが、日本語の響きが韓国語だと別の意味に聞こえたり、日本人の名前にありそうな言葉が「斧で額をぶち割る」だかだったり、まぁ、そんなのがあります。

 前にここでも書いたと思いますが「飯沼さん」が「イノマ(この野郎)」になったり「井関さん」が、やはり「イセッキ」になったり、田中さんが「タナッカ」という釣りが上手な人になったり、なかなか面白い話のネタになります。

 今回の1枚はプロパンガスのボンベの会社名。わかる人にはわかる「セッキ」が出てきましたのでちょっと心の中で笑ってしまいました。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2170 スレギポントゥ・江原道華川郡華川邑

164  スレギ=ごみ、ポントゥ=封筒、袋の事です。スーパーなんかのレジ袋は「ビニルポントゥ」とか言います。コンビニでの買い物の際、「ポントゥ、ピリョオプソヨ(袋、いいです)」というと喜ばれます。

 写真は華川の町。厳冬期の1月に訪問しましたが三寒四温の四温だったのか、思ったより寒くありません。もちろん昼間も零下の世界でしたが。目立つのは練炭の灰。既定の袋ではないのですが持って行ってくれるのかな?冬の凍結した路面のスリップ防止にも使われると言いますが後が大変そう。 そうそう!昨夜見たDVD、「マルチュクコリなんとかかんとか」というクォンサンウの出るやつで、高校生の喧嘩の際、この練炭の灰で頭をぶんなぐるシーンがありました。けっこう堅いけど死ぬほどではない、いい武器になりそうです。

 江原道のソウルに近いほう、北との境界線も近く、軍事上の大事な場所です。韓流スターが入隊して、だので、韓国ドラマファンの女性観光客も行ったりするようです。前にここで紹介した大成山だののほう、部隊だの基地だの、たくさんあるようです。

 行った時期がちょうど山川魚祝祭でしたので、この町までは一般人も自由に来ることができますが、もっと山奥へは、立ち入り禁止の区域も多く、バスなどでの移動にも注意が必要です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2169 焼酎の広告ポスター ハジウォン嬢

029  清涼里の食堂というか飲み屋、「スグレハルモニチプ」です。ここでも何度か紹介していますが行きつけの店で、スグレというのは牛の皮下結合組織。慶尚道でよく食べられている材料だそうです。昌寧の5日市のチャントで、これのクッパプを食べたことがありますが、脂は捨てて作るため、牛の味を凝縮したような感じの肉です。

 壁には焼酎の広告。行く度に新しいのが出ている、そんなふうにも感じられます。各社力を入れている分野なのでしょう。ここか、でなければ鐘岩洞の「プルティナ」か、頼めばもらえるかもしれません。今度頼んでもらってこようかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2168 구군산세관(旧群山税関)

326 327 328

 この時はバスターミナルから駅へ出て、市場を見て昼食、その後は歩いて渡船場へ行きました。錦江に近い大通りを歩いていたら赤煉瓦の建物が。当然そっちへ行ってみましたが旧群山税関の建築です。かなり大きく、写真のフレームに入らないくらい。 たぶん日帝時代の建物でしょうが、いいものは保存、そんな傾向は最近加速しているように思えます。

 3枚目、右の表札は「옛 궁산세관」となっています。「イェッ」は固有語の「昔の」という意味、固有語と漢字語が組み合わされているのがちょっと面白いなと感じました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年4月26日 (日)

普通の韓国を探して2167 구군산역 주변(旧群山駅周辺)

2009_0409ixus82060275 2009_0409ixus82060276 2009_0409ixus82060277 2009_0409ixus82060278 2009_0409ixus82060279

 ちょっと前に紹介した群山敬老食堂の道を駅の方に進みます。古い建物の裏側もなかなか味がある風情。「ゴミを捨てるな」の文字がいかにも韓国です。

 2枚目、振り返っての1枚。今日気づいたのですが、やはりキリスト教の施設なのでしょう、無料給食の食堂、十字架がある建物です。これまた今気づいたのですが、この群山駅すぐのあたり、昔は跨線橋があったはず。その脇で市内バスを雨の中待った覚えがあります。廃線になって、陸橋も撤去、一応踏切の形態は残してはありましたが、群山の変わった点です。

 3,4枚目は駅前広場と駅舎。群山貨物駅となっていますが車両も何もありませんでした。5枚目は駅前の大通り。10回以上も訪問している群山市です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事451 群山市、「쌍용각(双竜閣)」のチャジャン麺

2009_0409ixus82060295 2009_0409ixus82060294

 益山→格浦→金堤→群山とバスで移動。金堤から群山へは短い距離でしたが初めての道でした。群山市外バスターミナルから歩き出し、まずは群山線の旧群山駅を見て、駅前市場を見て、途中で青少年24時間通行禁止地域の看板が残る路地を抜けてまた駅前に戻る手前、中華の店で遅いお昼をとりました。

 この群山、済州などと同様、昔は中華学校があったはず。港の町だからというわけではありませんが、なんとなく中華が美味しいんじゃないかな?と感じての選択です。まぁ食べたのはチャジャン麺でしたけど、かなり美味しかったです。デパートのフードコートなどを除けば、チャジャン、めったに外さないメニューです。3000Wだったかな。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2166 長項からの群山行き市内(?)バス

2009_0327ixus82050390 2009_0327ixus82050391 2009_0327ixus82050389 2009_0327ixus82050399

 何度目かの錦江渡船で長項へ。長項貨物駅がまだ生きているのを確認して、さて、どうしよう?って思いました。 前は朝の6時ころから20分おきに往復していた群山=長項の渡船、今は本数が激減で、1時間半に1本くらいです。この日のうちにソウルへ戻る(ホテルに荷物を置いたままの日帰り遠足でした)つもり。長項線の汽車に新駅から乗るのも一興ではありますが昨年秋に乗っているし、ということでバスで群山に戻ることにしました。

 群山とセットで何回も来ているこの長項ですが、いつも長項線でソウルやソチョン、保寧や洪城へ行っていましたのでバスターミナルがどこにあるかわかりません。あまり歩くことがなかった長項を歩いてみることにしました。ここも日帝時代に発展した町、岬の精錬所の大煙突の話は前にも書きました。ところどころで道を聞きながら歩きましたが、あまり特徴のない町です。途中、いいな!と感じたのは最後にターミナルを尋ねたおばさん、どこへ行くの?とまで聞かれ、群山、と返したらあまり本数がないのか、群山行のバスの時間が迫っていることを教えてくれました。

 そんなこんなで到着したターミナル。何のことはない、旧駅から東へまっすぐ来た場所です。私が大きく川の方へコの字型に遠回りをしたようでした。ほどなく来たバスは忠清南道の長項から全羅北道の群山へ行くのですが市内バスのよう。でも、料金は行き先ごとに細かく決まっているみたい。そのへん、郡内バス的な位置づけなのかもしれません。

 4枚目、走行中で、錦江河口堰を渡っているところです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2009年4月19日 - 2009年4月25日 | トップページ | 2009年5月3日 - 2009年5月9日 »