« 2009年4月26日 - 2009年5月2日 | トップページ | 2009年5月10日 - 2009年5月16日 »

2009年5月 9日 (土)

2009年5月9日 白水社・文庫クセジュ=구세주문고?

 おはようございます

 ちょっと手が空きました。タイトルの「文庫クセジュ」、フランス語関係の勉強をしたことがある方ならご存知だと思うシリーズです。語源は「私たちは何も知らないじゃないか(会社HPより引用)」という意味のフランス語だそうですが、韓国でも「クセジュ」という言葉があるし、白水社も韓国語の辞典を出しているし、もしかしたらこれ、韓国語?なんて思ってしまった時期もありました。

 韓国語の구세주は「救世主」、かたかなで「クセジュ」と日本人が発音するのにとても似ています。白水社の「救世主文庫」、やっぱり違ってたと気づいたのは最近のことです。

 公立高校でしたがフランス語の選択がありました。大学でも教養ではフランス語を2年やりましたが、ほとんど覚えていません。かえって学部に進学して解剖学などで覚えたラテン語の知識がいろんな外国語を学ぶのに役に立っている気がします。いろんなヨーロッパのことばの元になっている、それを強く感じるとともに、基礎科目を真面目にやっておいてよかったとも考えています。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2188 ソウル市内から仁川空港への最速リムジン

201 202

 写真は葦院城北線エアポートリムジンの営業所、水落山駅のそばです。通常のリムジンバスはここからノウォン駅、中渓洞、下渓洞、泰陵入口、同徳女子大、吉音駅からソウル北郊のトンネルをくぐって空港へ向かいますが、知ってる人は知っている、無停車のリムジンバスも出ています。

 発射するとすぐに高速道路に入り、議政府市内をかすめてイルサン新都市方向から金浦市、空港高速と走りますので50分くらいで仁川空港まで行けます。ソウル市内を通らず、さらにはほとんど高速道路だけを走るため、渋滞に引っかかることも少ない路線。観光で泊ることが多い旧市内中心部からわざわざここまで来てという必要はありませんが6号線沿線、もしくは4号線の北部あたりからインチョン空港へ向かう方で急ぐ場合、選択の一つになり得る路線です。残念ながら観光交通時刻表にも掲載されていません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記327 旧北国街道・稲島宿への道

021 022

 旧弥彦街道、八珍亭という中華食堂の脇を入り、仁箇の堤といわれるため池の下を通り旧北国街道に入りました。

 1枚目、田んぼの中から稲島宿へ上がる杉並木の道です。やはり新しい道標がありました。2枚目、稲島のバス終点。祝日でしたので登山バスでしょうか、珍しくバスが停まっていました。この先直進が北国街道。昨年秋にも走った道です。前回は電車輪行でしたが今回は自走。ちょっと誇らしい気持ちでペダルを回しました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2187 知っている人は知っている韓国の軍手

004 005 61

 コンビニで1双ずつ売っていたので500W。日本同様20組ずつの販売も乙支路4街だのではふつうにみかける韓国の軍手です。

 特徴はご覧のとおり赤いゴムをコーティングしてある滑り止め。韓国の市場、町工場、部品屋なんかが多い街ではしばしば見かけるやつ、自分への土産に買ってきました。自転車に乗る時に使っていますが誰か気付いてくれる人、いたらいいなぁと思いながら乗っています。日本のものよりも綿の軍手自体は薄手です。やはり韓国でも数日使ったら捨てる、いわゆる一回用の商品のようです。使い心地はなかなかいいので次回、20組とか買ってくるかもしれません。 これ、わかる人、いらっしゃいますよね?赤いゴムを塗った手袋のこと。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 8日 (金)

とうちゃんの自転車日記326 佐潟と芭蕉の句碑

015 018

 新潟市の西、旧赤塚というところにある佐潟という湖です。砂丘と砂丘の間にできたため、。細長く浅い湖です。けっこう立派な公園になっていますが車で行くと休憩場所には近すぎるため、じっくり見たのは自転車に乗るようになってからです。我が家からは1時間ちょっとかかりますので最初の休憩、トイレ休憩などにいい場所です。

 1枚目、ちょっと霧がかかった角田山と佐潟、2枚目は、これも今回気付いたのですが芭蕉の句碑なんかもありました。人に優しい速度であり、どこでも停車できる自転車ならではの写真です。「北国街道」という標柱は割合新しいものだと思います。何度か自転車で走る道、昨年の北国街道宿場探訪のときにはなかったと思いますので。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事462 キムパプ天国괴산점のソコギキムパプ

234 233 240

 「ソコギ」、正式には「セコギ」なのですが、牛の肉のこと、固有語です。のり巻きはじめ多くのメニューがある24時間営業の全国チェーンであるキムパプ天国、そこそこの町には必ずある感じですのでちょっと食べたいとき、とても便利です。従来は基本のキムパプ1本1000Wというのが売りでした。中で食べれば日本風テンジャンの味噌汁とキムチ、もやしなんかがつきます。流石に1000Wのだけでそんなおまけのおかずまで、というのは気が引けますが、「安く安く」の日本人はやってしまいそう。規則に反しなければ何をやってもいい、という傾向、韓国人にはあまり無い感じ、日本人のが心配です。最近は諸物価高騰のため、店によっては1500Wになりましたが、それでも安い、手軽な食事です。

 1枚目、なんか看板が違う感じですがケンチャナヨ。これは忠北ケサン(괴산=クェサン)という町の店です。2枚目は作る様子。「即席」という言葉、韓国語では「注文を受けてからその場で作る」という意味。ただし忙しい時間に備えての基本のキムパプの作り置き、少しはやっていますがこれもケンチャナヨでしょう。基本のやつ以外はその場で作るのが普通です。 3枚目が包装で持ち帰りのやつをバスターミナルでの待ち時間に食べ始めたところ。基本の具の他に煮込んだ牛の肉が入っています。安いメニューですので豪州かニュージーランドの輸入肉。ちょっと草を食べて育てた牛肉のくさみがありましたが、お腹がすいていたので美味しかったです。キムパプ1本、案外軽い食事ですので、バスに乗る前、車中のおやつ、そんなのに適切な量です。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2186 清涼里駅付近

201 135 576

 在庫整理という感じですが、最近よく泊っている清涼里あたりの写真を3枚。

 1枚目、昔の駅前広場、空港バスの終点兼乗り場のあたりからの1枚。左の建物はロッテデパート清涼里店、左へ行くと今の清涼里駅入り口です。正面、むこうにニューブーリム観光ホテルなど。露店、屋台多数。右手は清涼里バス환승センター。全部通過ですがとても大きなバス停留所です。

 2枚目は夜の様子。橋上駅入り口のセブンイレブン脇。ロッテの横でもあります。3枚目は在来市場へ行くほうの歩道。ここらへんは規制も甘いのか野菜、雑貨、果物などの露店が多数。歩きにくいと言えばいえますが、まぁそれが昔からの韓国、ソウルの姿だと思っています。日本ダイコンとちょっと違う真ん中が太いムゥ。カットゥギはやはり韓国のあの締まった大根でないといけません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 7日 (木)

普通の韓国を探して2185 ホームプラス東大門区庁店

274 275

 龍頭駅直結のサムソンホームプラス、東大門店です。入口、自転車の特設売り場ができていました。荷物運びの働く自転車が中心だった韓国も日ごろの手軽な移動手段、スポーツ、レジャーとして乗る人が増えつつあります。自転車ファンとしては嬉しい風景でした。2枚目はなんちゃってビアンキ(正式にはビアンチだそうです)かな?自転車店、見ているだけで嬉しい私です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事461 マポオクでチャドルタンを注文してみた

157 158 159 160

 知る人ぞ知るソルロンタンの名店である麻浦屋、最近行く度にソルロンタンを食べに行っています。9000Wと高いけど他の店とは違う、そんなメニュー、ソウル訪問の楽しみになっています。

 前にメニューをアップしたと思いますが9000Wの並、確か11000Wの特、さらに18000Wもするチャドルタンというのもあります。スープは同じだとすると肉が違うのだと想像されますが、円高の今こそ、ということでチャドルタンを注文してみました。18000Wもするスープ、コリコムタン以外では思い当たりません。

 さて、いつもどおり、葱の入れ物が出てきて、キムチ4種と鋏が出ます。けっこう待って搭乗したチャドルタン、楽しみです。でもここ、いつもスープに蛍光灯が写りますね。

 2枚目のようにねぎをたっぷり入れて、肉が見えるようにスッカラッkで少し演出して撮影後、美味しくいただきました。流石の味です。しかし、、、写真でもわかるように肉、厚切りではありますがいつものヤンジと変わらないような気がします。予想通りクンムル(スープ)は同じ、大変美味しいのですがこれで18000Wは面白くないなというのが感想でした。

 食べ終わって暇そうにしてるアジュマに話しかけました。「特は肉が多いの?」と聞いたら量だけでなく美味しい肉なのだそうです。「チャドルタンはチャドルペギのチャドル?あの、両側に白い部分がある肉のこと?」と聞いたらそうだとの回答。この辺でアジュマもなんだかおかしな顔になってきました。「どうもご馳走様、いつも美味しいです。また来ます。」と言いながら席を立って入り口そばの計算台へ行き20000Wを出すと。未安ナムニダ、私が間違ってました。普通です。という言葉。

 なんとアジュマが間違ってソルロンタンの普通を出されたのでした。これではまた行って是非ともチャドルタン18000Wを食べないといけません。新型インフルエンザ、思ったより弱毒性で、案外大丈夫みたい。しばらくは様子を見るつもりですが、リターンマッチを誓って店を出ました。ということで今回もソルロンタンの写真でした。ちょっと残念ですが、でも、これも、最高に美味しい肉スープと言えます。お勧めです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記325 JNRのロゴ・関東鉄道常総線下館駅

701 7031 702

 東京から近いのに乗ったことが無かった路線を通って先輩のオフィスを見学に行きました。

 下館駅で私を待っていたのは古いDC。キハ35かな?とも思いましたが最近勉強不足でわかりません。外ドアなので私の世代から見ると新型です。嬉しかったのは扇風機に残っていたJNRのロゴ。中学の頃あちこちにこれを描いていました。やはり国鉄の払い下げ車両です。新しい知らない電車が走る脇をこんなのが走る路線、期待通り関東平野の景色を楽しむことができました。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2009年5月 6日 (水)

普通の韓国を探して2184격포항 위도에 가는 펠리

2009_0409ixus82060156 2009_0409ixus82060157 2009_0409ixus82060159 2009_0409ixus82060160

위도の위は言(ごんべん)に胃だったかな? この辺山半島の沖、西海に浮かぶけっこう大きな島です。この格浦が扶安郡辺山面、ウィドはウィド面、こんなフェリーが行き来しているようです。待合所にはなぜか登山服姿のおじさんおばさんが多数。島へ行って山歩きをするのかな?とちょっと不思議な感じでした。いつか時間があれば韓国の田舎や島々、ゆっくり回ってみたいものです。

 アップしてから船の名前がみえました。フェリーの綴り、페리でしたね。ちょっと考えすぎでした。しかし「波将軍高速フェリー号」という名前、なんか微笑ましく感じました。決してばかにしてるのではなく、率直でストレートな韓国らしい命名だと感じてです。

追加です。「パチャングン」ではなくて「パチャングm」ですね。「チャングム」てのは何でしょう? 파장금の意味、お分かりの方おられましたら教えてください。「波長吟」?

| | コメント (3) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2183 台の上の船・格浦港

2009_0409ixus82060158  辺山半島の格浦。ターミナルを真ん中に、コンドミニアムだのフェチプ村だのある彩石岸とかいう海岸のほうと、漁港と小さな町がある側、2つにわかれている感じです。

 港へ行ったら、どこか沖の島へ行くフェリーがあるようで、登山姿の人、観光バスが目立ちました。漁港があって、フェリー乗り場がその先にある感じですが、さらに先、干上がった海岸に白っぽい船がありました。海水に入っていない船、なんか台の上に乗っています。韓国の西海岸、世界でも干満の差が大きいので有名な海ですが、いろいろ船のこと、大変なこともあるようです。写真真ん中のコンクリートの船着場も塩の満ち干を考えてのものかもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2182 500Wノレバン

2009_0409ixus82060104

 全羅北道扶安郡、辺山半島の先っちょの町格浦、韓国の観光地の常でノレ練習場に団欒酒店、刺身屋村にコンドミニアム、おまけに遊園地もありました。

 その遊園地の入口に置いてあったのがこれ、「500Wノレバン」とあります。小さなボックスに入れるのは2人かせいぜい3人。中にカラオケの機械があるのでしょうが、エアコンとか大丈夫なのかな?せっかくなので今思えば中を見ておけばよかったです。どなたかこんな500ウォンノレ房、使ったことある方おられますか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月 5日 (火)

普通の韓国を探して2181 ケンチャナヨではすまされないこと

2009_0409ixus82060173 2009_0409ixus82060172

 場所は辺山半島の先端、格浦(キョクポ)の小さなバスターミナル。バス待ちの時間、コーヒーをと思い300Wを自販機に入れ「ミルクコーヒー」を選択。さて、出てきたのは写真のようにコーヒーなしのただのミルクのお湯でした。

 私以外にこの機械を使ってないのでわかりませんが、これじゃぁ困るなと思い、売票所を兼ねたスーパーに文句を言って、、、と思ったらアジュマ、どこかへ外出したのか鍵がかかっています。しょうがないのでこのまま飲みましたがさすがにこのケンチャナヨは、話の種にはなりますが、困りますよねぇ。

 後から来た若い2人連れ、バスの切符を買おうとしたら店に人がおらず、運転技師さんに相談、現金でいいよ、となったみたいですが、田舎のターミナル、停留所、こんなことはよくあるのかもしれません。いろんなケンチャナヨがあってうまくいっているのが韓国なのかなぁって最近感じています。 でも、この真っ白けのはコーヒーじゃないよねぇ!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2180 長項貨物駅の操車場

2009_0409ixus82060371  群山=長項の渡船を使ったことのあるかたならお分かりの場所、長項の船着場から道なりに行った最初の大きな道の踏切のあたりからの旧長項駅です。

 完全に線路も封鎖された群山貨物駅とは違い、ここ長項は船着き場すぐ左手の倉庫にも有蓋車が入っていましたし、小さくですが機関車もこの写真では見えます。昔、湖南地方の米を日本に送り出すための大きな港だった群山はほぼ港の引き込み線も旅客扱いも製紙工場への引き込み線も廃止という感じですが、小さな港のほう、長項はまだちょっとは生きている、そんな様子が感じられ、ちょっと嬉しかったです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 4日 (月)

普通の韓国を探して2179 長項市外バスターミナル旧乗降場

2009_0327ixus82050393  何度かここでも韓国の地方交通の主役は市外バス、と書いていますが、長項の市外バスターミナル、ちゃんと観光交通時刻表に番号まであるターミナルですがかなり寂れてしまっていました。

 ターミナル内はがらんどう。生きているのはトイレだけのようで、落書きがたくさん。自動販売機もありません。無人なのかと思ったら休憩中だったのか、バス票を売るアジョシが1人いたくらい。運行本数も少なく、群山への帰りのバスも1時間に1本とか、そんなくらいしかなさそう。とにかく、多くの、韓国全土のターミナルを見ている私ですが、さびしいターミナルでした。

 写真はさらにさびしいもの。現在使われているターミナルの北側に残されている旧乗降場の姿です。

 一度アップしてから思いつきました。長項といって、ご存じの方がどれだけいるかな?と。 忠清南道、昔の白村江だと言われている錦江という川(プヨを流れる川です)の河口にある町で、長項線の終点でしたが、現在は群山線、長項線が連結し、新駅は郊外に新設されました。群山との間の錦江の渡船が少しだけディープな韓国ファンには有名でしたが、それも少し前の記事の通り激減。何度も渡船の船着場から駅まで歩き、昔はソウル行の統一号に乗ったりしてた長項駅も現在は長項貨物駅と改称、旅客扱いはやめてしまいました。ただ、群山の旧群山駅、現群山貨物駅とは違い工場の引き込み線などがあり、今も貨車や機関車が見られます。

 しかし鉄道と渡船、交通の要地だった長項、ちょっとさびしくなってしまって残念です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2178 バッテリーカー・どうやってここまで?

2009_0327ixus82050499

 地下鉄に乗っていたら隣の車両にこんなので乗り込んできた方がおられました。最近、韓国でも障がいをお持ちの方やお年寄りの乗るこんなバッテリーで動く乗物をしばしば見かけるようになりましたけど、まさか地下鉄の中まで乗り入れるとはびっくり。これもケンチャナヨの良い点の一つですね。 駅によっては立ち往生しそうな気もしてしまいますが大丈夫なんだろうか?

 話は変わりますが数十万円するこういうカート、地方の国道など走っているとリサイクルショップの店頭にたくさん展示してあったりします。これを使用する人はおしなべて高年齢、主を失って中古が出回る確率が高い商品なのだな、と妙に自分で納得してしまったことがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月 3日 (日)

日本の中の韓国27 김치전용매장・フードデポ

640  家からは車でも自転車でも15分ちょっとかかる郊外にある大型店の食品スーパーです。普通は他の日本の漬物と一緒に配置されていることが多いパック詰めのキムチ類だけの専用売り場がありました。

 「おぅ!やるじゃん!」と思うとともにパック詰めではあれ、日本人の食生活の中にキムチが定着したことが感じられ、かなり嬉しかったです。うるさいことを言うと、キムチとは言えない「もやしのキムチ風漬け」なんかも見えていますがケンチャナヨ。手軽なのであれ、好きですし。

 基本は飯と汁と漬物。韓食も日本食も一緒です。

 左側はこんにゃく、しらたき売り場ですね。韓国語でもコンニャクは곤약、蒟蒻という漢字がありますものね。中国にはあるのかな?こんにゃく。しかしまぁ、日韓トゥ(二つ)ナラ(国という意味の固有語)、よく似ています。「日帝時代が~」なんて言わないで、いいものはいい、見習うべきはお互い見習う、それでいいのですよね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2177 清涼里在来市場から東西市場あたり

247 249 250

 1枚目は現代コア裏手の清涼里在来市場の東側入口、200mちょっとのコルモク市場で、生鮮食料品、加工品中心の市場らしい市場です。

 2枚目はそこを通り抜けた場所で、広い道の交差点の先。果物中心の市場、私もはっきりはわかりませんが広義の京東市場の中の東西市場とか言われているあたりです。ここをまっすぐ進まず、北へ行くと道なりに左へカーブする細めの道があります。

 それが3枚目。ハングルが読めるかたならお解りでしょうが、この辺、生きた犬、犬の肉、犬の料理、そんな店が何軒か並んでいて、前にポシンタン特を食べたことがあります。ここんとこケコギはご無沙汰ですが、美味しいですよ。男性の精力増強に効果があるかはわかりませんが、純粋に美味しい肉としてお勧めです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2176 MONAMI MARKUS・「生インク」の油性マジック

 205 仁川空港出発階、エギョンデパート売店側のファミリーマートで買ったマジックです。なるべく空港の中にいたくないということで、屋外で新しく買った地図に今までに行った町、通った道、鉄道をマークしようと思って購入しました。

 買ってから「あっ!!液体!」と気付きました。日本にはないタイプで筒の中はさらさらの液体です。700Wだったかな?あ~、失敗、没収だ、と思いました。

 買ってしまったものはでもしょうがないのでバスが到着する3階道路のベンチで水を飲みながら地図にあれこれ書きこんで、さて、入るか、と思って職員に聞いたらば、なんとオーケーでした。100CC以下とか、既定のビニール袋に入れてとか、うるさい日本だとたぶんダメって言われそうですが、そこらへん、少しの融通は嬉しいインチョン空港でした。しかし「生(センg)インク」という言葉、やはり韓国は外国ですね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記324 知らない街は楽し

687 689 690 693

 1枚目、鳥居の印、昔はマンガの本なんかでよく見ましたが実際に描いてあるのは珍しいものです。3枚目の「画の出るカラオケ」という表示も微笑ましいです。2,4枚目はちょっとした崖の部分。やはりまっ平な町には無い面白さがあります。こんな小さなものに心が動く、そんな感覚をずっと持っていたいと思います。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年4月26日 - 2009年5月2日 | トップページ | 2009年5月10日 - 2009年5月16日 »