« 2009年5月3日 - 2009年5月9日 | トップページ | 2009年5月17日 - 2009年5月23日 »

2009年5月16日 (土)

とうちゃんの自転車日記332 旭川市旭山動物園

Newdica6_392  すでに旭山動物園の写真、何枚かアップしていますがかなりいい場所、人気があるのが理解できる場所です。今回の1枚は園の真ん中辺から正門方向、遠くに旭川市街を望む場所。自然の丘陵をうまく利用して作った動物園であることがわかります。

 秋の平日の早めの時間、学会の前のエクスカーションで訪問しましたがまた行ってみたい動物園です。新潟から新千歳、円弧の一部(本州)の内側を結ぶ最短距離という感じで案外近く、実際の水平飛行は20分くらいじゃないかと思うくらい近い場所です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事465 野菜スンデのスンデクッパプ

010 111 012

 たまにコメントをいただく方で、映画「パイラン」の大ファンであり、ソルロンタン、テジクッパプの研究者でもあるエクスプローラさんに教えていただいた店のスンデクッパプです。場所は内緒に、ということなので伏せさせていただきますが、韓国のネットでもほとんど出てこない店、でも、知る人ぞ知る人気店とのことでした。一時は毎朝スンデクッkを食べていた私ですが、なかなか珍しく、でも大変美味しいスンデクッを食べることができました。

 スンデというとここでもいろいろ取り上げていますが、中身は95%がハルサメの2000Wで1人前なんて、ごく普通の屋台とかのスンデから、専門店の中身にいろいろ凝ったもの、また外の皮に大腸とか、厚い食べ応えのあるものを使ったものだのいろいろです。

 この店のは、野菜スンデ(ヤチェスンデ)。中身の大部分が肉と野菜、それと、それを練る時に鶏卵を使うのだとか。軽く濁ったスープは案外あっさりで、とんこつスープっぽいスンデクッが好きな私は、「ふーん、こういうのもあるのか?」と感じましたが、全体の味、総合力はなかなかです。もう一つ、特徴はテーブルには箸だけ、スッカラッk(韓国スプーン)はトウッペギに入って料理が供されます。これ、初めてかもしれません。おかずはごく簡素でカットゥギとニンニク、プッコチュを入れたセウジョッ(アミの塩辛、豚料理には付き物)だけです。それで値段は5000Wですのでスンデクッとしてはやや高めに感じる値段ですが、他にない味、優しい味のスープかけご飯です。

 お昼の遅めの時間でしたがけっこう混んでいて、グループでの人達はスンデクッパプの他にスンデ盛り合わせも頼んで食べていたり。夜はそれで飲み店にもなるのかもしれません。身体にも良さそうだし、栄養的にもバランスのいい食事、何よりも味も抜群。いいお店を教えてもらいました。

 韓国ファンの方なら、普通のスンデクッとぜんぜん違う感じ、写真でもおわかりでしょう?内臓とかが苦手な方、韓国人にも多い、豚のスープのくささが苦手な方にも美味しく食べられると思うスープご飯です。 思い出しただけで唾液が湧き出るメニュー、また一つ増えてしまいました。だから韓国の食事はやめられません。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2199 숙명여자대학교 (淑明女子大)へ行ってみた

029 030 031 032

 ちょっと仕事関係の用事で淑明女大(スンミョンヨデ)へ行ってきました。仁寺洞からタクシーです。ソウル駅から南へ行き、南営駅裏手から坂を上るとあります。あたりまえですが女子大生がたくさん。ちょうど下校の時間だったので構内にはそんなに学生はいません。変に思われないかな?とちょっと心配しながら周囲をパシャパシャ。この後、無事用事を済ませることができました。

 事務所にいたのは当番制なのか、女子大学生数人。テジインフルエンザ(돼지독감)の話になり、いずれは日本でも韓国でも患者が発生するでしょう、と言ったらリーダー格の一人が、日本はさておき、韓国では大丈夫、とあまり根拠のない話で反論してきました。昔の新型肺炎のときには韓国は患者ゼロ。キムチの効果、コチュカル、マヌルの効果が言われましたが、すでにアメリカ大陸で数百人の感染者が出ていたので、人の動きの多い、また速いこの時代、まず無理でしょう、とこちらも話したけど、応じません。まぁ、笑いながらの韓国語での会話でしたが、10000W賭ける?と言ったらいいですよ、との返事。ほんとうにトンネギというのでしたっけ?賭けの勝負をすれば新しい出会いがあったかも??なんてオジサンは思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2009年5月15日 (金)

普通の韓国を探して2198 日本家屋のファミリーマート・群山市

2009_0409ixus82060323 2009_0409ixus82060324

 群山の旧市街中心部から錦江沿いの大通りへ出る道、群山西初等学校の南のあたり、かなり大きな日本家屋がありました。97年ころから10回以上訪問している都市ですが、大きいもの、小さいもの、日帝時代の建築などそこら中にあった街ですので、あまり注意して見てはいませんでした。1Fがファミリーマートになっていますが、どんな方が、どういう経緯でお住まいなのか?ちょっと訊ねてみたいと思いましたが、あまり喜んで話してくれることではないような気もします。このあと、大通りを左へ、渡船場のほうへ向かいました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

すばらしい韓国の食事464 ソウルでアワビのぶつ切り

118

 最近のソウルの宿は清涼里が多い私、行く度にロッテデパート清涼里店の地下食品売り場を見に行っていますが、しばしば見かけるのに小ぶりながら鮑4つで10000Wとか12000Wのパックがあります。今のレートだと700円で4つ、デパートとはいえやはり安いです。一度しゃもじ(丸っこいへらで、ずらすようにして貝から身をはがします)を持って行って醤油で丸かじりをやりたいなと思っていました。

 夕方、飯の前に行ってみると8センチクラスが4つで12000Wのやつ、10000Wでいいよという売場の兄さんの言葉。殻から伸び出すように身が伸びてて活きも問題なさそう。思い切って3パック買って鐘岩洞の行きつけのホプへ持って行きました。

 2つは土産(アジュマが2人でやっています)、一つを適当に切って醤油をくださいと頼みました。本来はチキンとキングクラブ(タラバガニ)がメインの店ですが、クヮメギだの、ホパだの、こちらが食べたいものを持ち込んでも快諾してくれるのが行きつけの店のいいところ。早速ぶつ切りでいただきました。醤油と、これでも食べてみてと言われて出されたのがごま油と塩、レバ刺しみたいですが、なかなか美味しかったです。甘めの韓国醤油よりも合っていたかも。市場とか漁港の直販場だともっと安いのでしょうね。計算は生ビールと焼酎の分だけです。まぁお土産もありましたしね。

 余談ですが、先日格浦の直販場のアジュマから教えてもらいました。殻の色が緑っぽいのは養殖のものだそうです。餌(人工飼料)の関係でそうなるのだとか。そういえば佐渡あたりで放流する稚貝も緑色の殻が多いような気もします。放流後には海で自然の海藻を食べて大きくなるのでしょうが、巻きの中心に近い緑の色がついた部分はそのままなのかもしれません。養殖、放流鮑は殻の中心付近などが緑色、勉強になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記331 KHS

651  我が愛車の1つ、KHSのフォールディングバイクのフォーク上のエンブレムです。恥ずかしいことに、KHSの意味、つい最近までよく読まずにKnowledge, Health,Scienceだとばかり思っていましたが、Strengthでした。ここでも間違ったことを書いてしまったかもしれません。ごめんなさい。

 「知識、健康、強さ」、でも、なかなかいいネーミングです。ベルト式のブリジストンのママチャリであるアルベルト、ビアンキのROME、KHSのF20T,チネリのアリアンテ、皆大事な愛車です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2197 747のレストラン

051  ソウルから春川へ行くバスだったので南楊州のあたりだったでしょうか?こんなドライブインというかレストランがあります。ボーイング747の機体を利用したもので、敷地の問題か片翼です。ソウルの人には有名なのかもしれませんが、相当古くなっている感じでした。

 俗語で「香港カンダ」というのがあります。「香港へ行く」という意味で、私が知っているのは「青松へ行く道」だかいう古い刑務所の生活を描いた映画の中で、どこかで隠してあった煙草を回し吸いするとき、久しぶりのニコチンの刺激でか、頭がくらくら来ていい気持ちになる状態の台詞で使われていました。「とてもいい気持ち」という意味のようです。昔は日本も韓国も海外旅行などなかなかできなかった。そんな時代にできた言葉かと思われます。

 右上にちょっと見える廃墟はつぶれたリゾート施設かなんかでしょうか。どんどんできてどんどんつぶれるのも韓国かもしれません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月14日 (木)

普通の韓国を探して2196 格浦・彩石江のイソギンチャク

2009_0409ixus82060123 2009_0409ixus82060124 2009_0409ixus82060125

 今日は休み、さぁ!乗るぞ、と思って着替えたら予報通り雨が降ってきてしまいました。午前中は私の休み、午後は家内の休み、決めてはいないけどそんな感じで休日を過ごします。服でも見に行ってみようかと思っています。

 写真は韓国、辺山半島、格浦の刺身屋村を抜けた海岸、彩石江の磯でみつけたイソギンチャクです。マルミチャルだったかな?韓国語だと。この辺、岩には天然産の小さな牡蠣がびっしり付いています。ひとつひとつタガネではがして洗面器に採取するアジュマもいました。とてもきれいな海でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月13日 (水)

すばらしい韓国の食事463 流石に飽きてきた気もする大韓航空機内食

005 61

 KE764便、新潟発ソウル仁川空港行きの飛行機、エコノミークラスの機内食です。今日は何かな?と思ってアルミフォイルをナイフでカット、、と、鶏肉ご飯でした。

 誰にでも合わせるため、かなりの薄味、韓国語だとシンゴプタ。もらっておいたコチュジャンポックムをご飯に少しのっけていただきました。 テジ毒感のニュースがうるさい中の渡韓、帰りの763便では結局いただかず、飲み物だけもらっての帰国でした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記330 北越製紙新潟工場専用線のミニDL

642  東新潟中学のとなりの消防署の前の陸橋から北へ分かれる道、知らない人は通らない道ですが山の下の方へも行けますし、新潟交通のバスの車庫の方を経て赤道にも出ることができます。 そんな道の途中にある北越製紙専用線の踏切、小型のDLが有蓋車の入れ替えをしていたりすることがあります。JRではないけれど、鉄道は鉄道。2本のレールの上を走る動力車、貨車、鉄道ファンには嬉しい風景です。ここからの貨車、JRの貨物線へ出て、DE10が引く貨物列車になり東新潟操車場へ。そこでまた連結されて日本の各地へ向かいます。コンテナ輸送が多くなった今、有蓋車中心の貨物列車が少ないと聞いています。貨物列車もいいですよねぇ!

| | コメント (7) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2195 격포시외버스터미널= 그린마트

191 194

 キョクポのターミナル、すでに写真を何度か紹介していますが、グリンマートというスーパーが売票所になっています。大きく青い看板が出ているのでわかりやすいほうです。ターミナルとまで行かない小さな町の停留所だと、昔からの町の真ん中辺の旧道の、やはりスーパーが売票所になっていたりしますが、はっきりわからないことも多いです。

 2枚目は店内の時刻表。これも大きく掲示してある方です。場合によりB4の紙1枚なんてところもありますので。あまり片付いていない店内、いかにも韓国です。

 この店の犬らしき2匹の写真はまた改めて紹介します。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009年5月12日 (火)

普通の韓国を探して2194 군산시 청소년 통행금지구역

2009_0409ixus82060284 2009_0409ixus82060285 2009_0409ixus82060286 2009_0409ixus82060289

何度も書いているとおり、日本も韓国も風俗というか、そういう産業は現実にたくさんあります。どっちが多いとも言えませんし、「世の中、そういうふうになっている」って思っています。一番いけないのはひやかし。それだけは、実際に遊んでお金を落とすよりもいけないことのように思えます。

 先ほどまで見ていて風呂に入るので止めた映画、「駅前の明秀(逆転の名手)」でも出てきた場所、群山駅前綜合市場の途中から左へ抜ける道、何本かにこんな表示があります。数年前の火災事件以後、たぶんやっていないのでしょうが「青少年通行禁止区域」の表示、韓国の都市のあっちこっちに見かけられるものです。

 鄭ジュンホ(チョンジュノ)扮する朴明秀が走り回った路地、映画の世界と現実の重なる場所、そんなのに出会えるのも韓国です。

 정준호씨 、大好きです。女性主人公の一人のユンソイ(?)さんも独特の美人、かなりHな台詞、ビビビってきてしまいます。娼家の火事で亡くなってしまう女性主人公の方もなんだか応援したくなります。自分のそば、そこらへんにいそうな人の役で、肩入れしたくなってしまう方です。映画と現実の接点、いいものです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記329 弥彦競輪場

030 032 047 039

 1枚目、愛車の一つ、ビアンキの初代ROMEです。初級ロード用の部品を使っていながら、ディスクブレーキ(安いので機械式です)、カーボンフォーク(これも安いのでアルミコラム)にカーボンシートポストのクロスバイク。ロードのお下がりの23mmタイヤ、ヴィットリアのルビノというタイヤを履かせたらすごくよく走るようになりました。後継のローマ、ローマ2は実質上の値上げか、だいぶ部品を落としていますが人気のよう。日本の会社が企画した日本国内専用の自転車ですが、気を使わずに乗れるので気に入っています。

 はるばる走って行った弥彦。競輪場があります。この時のサイクリングは競輪の見学も目的の一つ。実際には時間が早すぎて、レースを見ることはできなかったのですが選手たちの練習だけでも楽しく見学できました。

 2枚目は南の入口。弥彦山の頂上が見えます。テレビなどのアンテナが林立する頂上です。3枚目は北側の入口。かなりがんばったキャンペーンガールさんがお客さんを迎えてくれます。4枚目は場内と練習風景。3人とか5人とか、グループで走っていますが周回の度に「あと8周」、「あとはっしゅぅ~」とか連呼しながら走ります。3.5~3.9倍くらいの重いギア、よく回せるものです。この後しばらく、私も真似をして50の13だので走ったりしましたが普通の人は踏めない重さでした。自転車ながら最高速は70キロだとか。大したものです。そんな脚が欲しいなぁ。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2193 初等学生用・私の失敗

136 135

 忠清北道の報恩に泊った朝、移動のために市外バスターミナルにやってきました。それほど大きくないターミナル、売店が1つと、あとは自動販売機です。一度清州に出て、そこでどこか別の町へのバスに乗り換えと思ってバス票を買おうとしました。お札を自動販売機に入れ、一番利用者が多いためか左上の端にある「清州」というボタンを押したら5800Wのはずが2900Wの表示の券が出てきました。そこで気付いたのですが、「初等学校」という表示があります。その機械、大人料金の半額の2900Wの小学生用の機械だったのです。

 係員がいれば交換も、と思いましたが、いません。ここは韓国、皆が快適に、円滑に過ごすための「ケンチャナヨ」というありがたい風習がある国です。たぶん大丈夫、と信じて同じ2900Wの小学生(初等生)用の券をもう一枚購入。払ったお金は大人分の5800Wなんだから大丈夫だろ?と思って乗車しました。技士さんが切符を集める時に説明。「私は外国人観光客です。初等学生用というのがわからず、間違って買ってしまいました。2枚で5800W、清州まで、ケンチャンチョ(大丈夫でしょう?)」と話したら全く問題なし。日本だとうるさいこと言われる可能性も無くはないことですが、やっぱ韓国、いい国です。

 もう韓国の旅行はベテラン、と自分でも思っていますが、たまにはこんなミスもします。

| | コメント (0) | トラックバック (1)

とうちゃんの自転車日記328 関東鉄道常総線下館駅

7001 704 705

 JR水戸線もけっこうなローカル線ですが、下館駅の南側のホームに発着する関東鉄道、こんなDC単行が嬉しいローカル私鉄です。

 自分が乗る次の列車、あっちこっちから見ていたら隣のホームに新型のDCが入ってきました。同じ線を同じダイヤで走るのですからほぼ一緒の速度のはず。左の旧JRキハ35みたいな車両ががんばって走る方が楽しそうです。このへんでも自分の幸運を喜んだ私です。

 3枚目、ちょっと見えにくいですが下館駅を出て左にカーブを切ると明るい雑木林の中の線路。気持のいい乗車になりました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月11日 (月)

普通の韓国を探して2192 충청북도 보은군 보은읍

062

 タイトルは忠清北道報恩郡報恩邑、韓国の真ん中辺、有名な俗離山という山のそばにある山の中の町です。案外ソウルから近いけれど行ったことが無かった場所ですが、俗離山へは行かず、町に泊ってぶらぶら歩いただけ。この辺は親友の李準圭先生も理解できない私の趣向です。

 宿を決めて、カバンを置いて軽装で町に出て夕食の場所を探しながらぶらぶら。美容室で髪を切って、この辺の話、美味しい名物の話などして、食堂を紹介してもらったり、、、そんな途中で目に付いた有料ゴミ袋です。他の自治体でもそうなのでしょうが、「報恩郡守」とあります。郡の知事さんというか、日本にはないけど郡長さんのことでしょう。

 日本同様漢字文化の国、今はあまり漢字は使われていないけど、そのせいか、古い、堅い感じの漢字語がたくさんある国と言っていますが、「郡守」というのはなんか朝鮮時代の名残みたいに感じました。城主、領主、そんな雰囲気の言葉です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2191 漢江の大噴水

101 112

 仁川空港からソウル市内へ向かうオリンピック道路です。城山大橋、鉄骨がものものしいゴジラみたいな橋の先、漢江の噴水です。何度も通った道ですがこんなのあったのですね。無駄とも思える施設ですが何でもやってみるのが韓国、派手なのが好まれるのが韓国、そんなふうに感じました。

 2枚目は麻浦の対岸からの風景。マポオクへの道にあったモザイク外壁のビル、また、駅前の韓化オベリスクが案外近くに見えます。マポって本当に川岸にある町なのだな、と感じました。麻浦屋のビルももしかしたらこの写真に写っているのかもしれませんね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

とうちゃんの自転車日記327 弥彦・宝光院の境内

024 025 026 028

 北国街道の宿場町稲島から、峰岡、福井、岩室と走り、石瀬からの坂道を登れば弥彦です。いつもは駅の方へ下る新しい道を行きますが今回は右の道。初めての道は楽しいものです。坂を下り始めるとすぐに左に競輪場、寄り道自由の自転車ですのでそっちの道へ入ります。うまい具合に宝光院というお寺がありましたのでさっそく見物です。

 1枚目、ここにも芭蕉の句碑がありました。有名な「佐渡によことう~」ですが、実際は能生だか、そっちのほうで詠んだ句では?と思います。2,3枚目は本堂前の石像。観音様がメインのようですが、私が好きなのは3枚目の不動明王のほうです。

 このお寺と弥彦神社の間は弥彦の競輪場。9時前の時間ですが選手たちが練習しています。さっそくそちらを見に行きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2009年5月10日 (日)

普通の韓国を探して2190 群山さしみ屋と渡船乗り場

2009_0409ixus82060340  全北群山、錦江の河口にあるフェチプ村です。少し先に見える8階建て位の店が群山フェチプ。一度だけ群山の友人に連れて行ってもらったことがあります。2階から上の各階が広い座敷の大型店、ツキダシの皿数には驚きました。周囲の店も大小はありますが多くが刺身屋、いわゆる同業の店が集まる場所、「村」を形成しているようです。ソウルにも店がある群山フェチプがその最初なのでしょう。

 観光掲示板有名店の群山オジンオ、オジンオってイカ、普通のスルメイカを指します(コウイカはカプオジンオですが)。やはり韓国でもスルメイカの主産地は急深の東海(日本海)。どうして群山とオジンオが結びつくのかわかりません。もしかしてこの群山フェチプの別形態の廉価版の店?とも思いますがあちこちにあるようなので流行りのフランチャイズチェーンかなとも思います。

 ま、それはさておき、右側すぐの建物が長項へ向かう渡し船の乗り場、浮き桟橋の入口です。初めて来たのは97年だったと思いますが、20分おきだった船が今は1時間半おきくらい。実際乗るのも6,7年ぶりでしたので切符を買わずに乗船して、乗ってからアジョシの指示でまた外へ出て切符を買うことになりました。売票所はこことはまた別、大通りからの道が川に突き当たる右側角にあります。これも確か変わっていないのに、、、まぁ年に何回も来ていた私も最近ご無沙汰してたのですから、この渡船のお客さんも少なくなったのでしょう。橋ができ、鉄道ができ、、、韓国の変化は速いです。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

普通の韓国を探して2189 タガディスコとバイキングは必須?格浦の遊園地

2009_0409ixus82060098 2009_0409ixus82060099 2009_0409ixus82060100

 あまり日本人の行く観光地は行きませんが韓国人の行く観光地へは行っています。何度か書いたように、途中の車中では案外静かで、というか寝ていたりしながらも目的地へ着くと船の中で踊ったり、街でもできる遊び、ノレ練習場だのナイトクラブで踊るだの、サムギョプサルで飲むだの、ちょっと日本人とは違う遊び方の韓国人です。

 最近は日本人の訪問も多い仁川の月尾島の遊園地は有名ですが、こんな田舎、辺山半島の先端の格浦にまでこんなのがあるとは、ちょっと予想していませんでした。目立つのはやはりタガディスコ(タガダディスコ)とバイキング。前者はここでも何度も紹介したように、東大門市場のビル街の中に突然回っていたりする人気のアトラクション。でも、バイクングというのも遊園地の定番乗物で、映画の中でも遊園地へ行くシーンや台詞では80%登場する、そんな乗り物です。韓国の遊園地、この2つが基本のようです。

 平日の朝9時台、お客さんもいませんでしたが、周囲のフェチプチョン(刺身屋村)、飲食店、漁港の直販場、そんなのから想像すると休みの日にはかなり賑わう場所なのでしょう、このキョクポ港。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2009年5月3日 - 2009年5月9日 | トップページ | 2009年5月17日 - 2009年5月23日 »